本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



昨今、値上げが激しい。今、経営者は「原材料高」「供給網混乱」「侵攻長期化」という3つの不安に襲われている。一方、ここ数年来、さっぱり給料が上がらないビジネスパーソンのお財布事情はどうか。可処分所得が圧倒的に減少している人が多数の中、こっそりがっちり稼いでいる人もいるという。その一つが副業だ。人気Yo...
別窓で開く

永野芽郁が『ユニコーンに乗って』で着用した、超レアな“偽物コンバース”に注目集まる
永野芽郁 7月5日から放送が始まったドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)。教育系スタートアップ企業を舞台に、主演の永野芽郁や西島秀俊、広末涼子ら実力派俳優たちが“大人の青春物語”を繰り広げるというストーリーだ。 これまでの平均視聴率は8・5%とまずまずのスタートを切ったように思えるが、さっそく“...
別窓で開く

「仕事がおもしろくない」「上司にうんざり」「もう会社を辞めたい!」そんな思いが少しでもあるなら参考にしたいのが、92歳にして、現役総務課長としてバリバリ働いている玉置泰子さんの著書『92歳 総務課長の教え』だ。ベストセラー作家・本田健氏も絶賛する泰子さんの教えは、新入社員からベテラン社員まで即役立つ...
別窓で開く

尹大統領、特許庁長にイ・インシル韓国女性発明協会長を内定=韓国
ユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領は29日、イ・インシル韓国女性発明協会会長(弁理士)を特許庁長に内定したと大統領室の広報担当室が明らかにした。イ・インシルさんはプサン(釜山)大学出身初の弁理士であり、韓国で3番目の女性弁理士として30年以上にわたり知的財産権分野に従事してきた自他共に認める最高の専門...
別窓で開く

痛快!「このミス」大賞の"特許論争ミステリー" 。ヒロインは「強気で魅力的で活動的」
 第20回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。まったく新しい"特許ミステリー"が誕生した。 南原詠さんのデビュー作『特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来』(宝島社)で描かれている、「弁理士」という職業。聞きなじみがない方も多いのではないだろうか。弁理士とは、特許権や商標権などの「知的財産権」に関す...
別窓で開く

ママの本音に共感 「子どもをスイミングと体操に通わせる理由」
 学校以外でも交友関係が広がったり、体力が向上したりとさまざまなメリットがある「子どもの習い事」。身体的にも精神的にもたくさんの経験が積める習い事に通わせている、もしくは通わせたいと考えているパパママは多いのではないでしょうか。 でも子どもを習い事に通わせる本当の理由は……ツイッターユーザーのかねぽ...
別窓で開く

退職者がオススメ「辞めたけど良い企業」 名だたる企業を押しのけてランクインした意外な官公庁とは?
いまや大学生が会社を選ぶ理由の1位に「自分を成長させてくれるかどうか」をあげる時代だ。スキルを磨いて、次の転職に備える若手が多くなった。会社は「定年まで勤め上げる場」ではなくなり、自分を育むステップの1つにすぎなくなったのだ。...
別窓で開く

おいしさを権利化へ 「オンリーワン戦略」で価格競争脱却 食品業界の知的財産権
新製品開発で各社がここ数十年にわたり追求している項目は「おいしさ」「健康」「簡便」で、この間、業界で分かったことは、どんなに健康的で簡便かつ安価な食品であっても、おいしくなければ消費者は付いてこないという事実だ。どの企業も自社の「おいしさ」に自信を持って商品投入するものの、追随され価格競争に陥る。...
別窓で開く

一緒に楽しもうよ?… 夫と「家でうまく付き合う」方法4つ
仕事一筋の夫と、家で2人きりで過ごすとき。何を話せばいいか戸惑うこともあるかもしれません。どうすると楽しい時間が過ごせるのか……。今回は、そんな経験のある夫婦から、“仕事人間の夫と家でうまく付き合う方法”についてアドバイスをもらいました!文・塚田牧夫一緒にできる遊びを見つける「テレビを見ていたら、今...
別窓で開く

菅直人元首相「新型コロナウイルスの新しい感染予防法の提案」で「セラミック水」の常時空間散布の研究に協力とツイート
新型コロナウィルスの脅威が日に日に増す中、現在立憲民主党所属の衆議院議員である菅直人元首相が3月31日Twitterにて新型コロナウイルスの新しい感染予防法の提案>大阪産業大学工学部の山田修教授から「新型コロナウイルスの新しい感染予防法」についての提案と、協力の要請をいただきました。...
別窓で開く


<前へ1次へ>