本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日曜メインレースの注目激走馬…東京11R根岸ステークス・G3
東京11R・根岸ステークス・G3・馬トク激走馬=バトルクライ 前走のすばるS勝利から中2週。昨年のユニコーンS3着以来、2度目の重賞挑戦となる。 その前走は中団外めから、抜群の手応えで直線に向き、豪快に伸びて、ゴール前はドライスタウトの追い上げを首差で振り切った。初騎乗の川田騎手は「いい馬です。...
別窓で開く

「今、三浦が熱い。ギルデッドミラー」根岸ステークス 藤川京子の今日この頃
ここ数年の傾向を見ると、斤量が前走より軽くなった馬が馬券に絡んでいるように見受けられます。例外で斤量が重くなっても馬券に絡んだのは、ノンコノユメやベストウォーリアのような既に強いと認識されているような馬でした。また、芝戦線からダートに来たモズアスコットがいきなり勝った年もありましたので、この辺を踏ま...
別窓で開く

JRA重賞『根岸ステークス』(GⅢ)「週刊実話」競馬班 超本気データ攻略
(C)JRA2月19日に行われる『フェブラリーS』(GⅠ)を見据えた重要な前哨戦。根岸Sで連対した馬が、フェブラリーSでも7年連続で馬券圏内に入っており、関連性は強い。過去10年で3連単10万馬券以上は2回出ているが、2013年と14年。近8年は6万円台が1回、3〜4万円台が4回、2万円台以下が3回...
別窓で開く

米中のDX先進事例から見えてきた「マーケティングの真価」 技術で勝って事業で負けないために、日本企業は何を変えるべきか?
 米中が世界のデジタル覇権を巡り、激しい競争を繰り広げる昨今。米国「GAFA」、中国「BATH」のほとんどが平成以降に生まれている一方、日本からは米中ビッグ・テックに追随する企業は生まれていない。日本企業が世界から大きく差をつけられている背景には、どのような要因があるのだろうか。...
別窓で開く

メールのやりとりの中で意見が対立し、ヒートアップしてしまった。相手に落ち着いてもらうにはどうすればいいか。業務改善のコンサルティングをする岡田充弘さんは「意見が異なる場面でこそ、トラブルと無縁の人とトラブル体質の人とで、振る舞いに差が出ます」という——。■トラブルと無縁の人が徹底する3つの工夫突然で...
別窓で開く

【根岸S】積雪避けてセキフウが異例の火曜追い 栗東は夕方から真っ白 水曜調教に影響も
◆根岸S追い切り(24日、栗東トレセン) 全国的に10年に一度クラスとされる寒波への警戒が高まるなか、第37回根岸S・G3(29日、東京)に出走するセキフウが24日、異例の火曜追いを敢行した。天候による想定外のトラブルを避けるためで「いい状態でした」と陣営は手応え。 JRA重賞初制覇へ万全を期した。...
別窓で開く

【根岸S】セキフウが重賞初制覇を狙う 「悪癖」解消へ陣営も調整などを工夫して臨む
◆第37回根岸S・G3(1月29日、東京・ダート1400メートル=1着馬にフェブラリーSの優先出走権) 重賞初制覇を狙うセキフウ(牡4歳、栗東・武幸四郎厩舎、父へニーヒューズ)の陣営が課題克服へ対策を講じている。 2走前の武蔵野S(12着)で自分からレースをやめる面を見せたため、前走のすばるSからブ...
別窓で開く

「鈍器で殴るくらいの文章を書きたいな、と…」作家・千早茜が直木賞受賞作『しろがねの葉』で描いた“闇の世界”
—— 『しろがねの葉』 での直木賞受賞、おめでとうございます。発表直後の昨夜(1月19日)の記者会見では、「全然とれると思ってなかったのでちょっと呆然としている感じ」とおっしゃっていましたが、一夜明けて実感はわきましたか。千早茜(以下、千早) 嵐のような夜でした。...
別窓で開く

第168回芥川賞は井戸川射子さん(35)と佐藤厚志さん(40)、直木賞は小川哲さん(36)と千早茜さん(43)のW受賞それぞれ決まる
 1月19日、第168回芥川龍之介賞と直木三十五賞(いずれも日本文学振興会主催)の選考会が東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は井戸川射子さん(35)の「この世の喜びよ」(群像7月号)と佐藤厚志さん(40)の「荒地の家族」(新潮12月号)、直木賞は小川哲さん(36)の「地図と拳」(集英社)と千...
別窓で開く

愛する男との別れを繰り返し、女は生きる。欲望と死の影渦巻く石見銀山が舞台の直木賞受賞作!
「男たちは命を賭して穴を穿つ。山に、私の躰に。」 第168回直木賞受賞作『しろがねの葉』(新潮社)。著者の千早茜さんは、これで3度目の直木賞ノミネートとなった。選考会は1月19日に行われ、受賞が決まった。「しろがねの葉」とは、銀の眠る場所に生えるといわれる羊歯(しだ)の葉のこと。舞台は戦国末期、シル...
別窓で開く


[ すばる ] の関連キーワード

井戸川 jra 芥川賞 直木賞