本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



地下鉄有楽町線、北関東まで? 延伸の“壁”になる「地磁気観測所」とは
東京メトロ有楽町線の延伸線を、茨城まで延ばして——。3県の自治体による国への要望を実現するうえで大きな課題になりそうなのが気象庁「地磁気観測所」の存在です。鉄道整備のハードルになってきましたが、世界的にも重要な施設です。鉄道整備の壁として立ちはだかる「地磁気観測所」 2022年11月、千葉、埼玉、茨...
別窓で開く

「マスク外した顔が見たくて眠れない」ホテル女性従業員の首や耳舐めた疑い 茨城の運送会社社長
ホテルの女性従業員に対し、「マスクを外した顔が見たくてなかなか眠れない」などと言い、わいせつな行為をしたとして、運送会社社長の男が逮捕されました。茨城県つくば市の運送会社の社長で牛久市の風見正明容疑者(52)は去年6月17日の午前5時半ごろ、中央区のホテルに宿泊した際に、20代の女性従業員にわいせつ...
別窓で開く

ロッシェル・カップ氏は神宮再開発に反対活動「樹木1000本伐採は米国ではあり得ません」
(経営コンサルタントのロッシェル・カップ氏(C)日刊ゲンダイ)【注目の人 直撃インタビュー】 ロッシェル・カップ(経営コンサルタント) 国連加盟国がSDGs(持続可能な開発目標)の達成を目指す中、日本の首都・東京では世界の潮流に逆行する計画が進められている。都内一等地の明治神宮外苑の再開発に伴い、敷...
別窓で開く

【どうする家康】織田信長との「清洲同盟」はあったのか?
2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』。第3回「三河平定戦」では、故郷の岡崎に戻った元康のところに、松嶋菜々子さん演じる生き別れとなっていた母・於大の方が訪れ、今川との関係を断って織田に味方するように説得するシーンがありました。...
別窓で開く

笠井信輔アナ講演会で「みつかいどう」へ電車の旅 「これからも元気で。休むことも大事」の声も
元フジテレビのフリーアナウンサー笠井信輔(59)が29日までに自身のインスタグラムを更新。茨城県常総市の関鉄常総線の水海道駅にある会場まで講演会に行ったことを報告した。平仮名で「みつかいどう」と大書した駅の看板や電車内の写真をアップして「茨城県『水海道』に講演会に行ってきました。『すいかいどう』では...
別窓で開く

予選決勝4度敗退のリベンジへ 自主性を促す指導法で全国大会初出場を目指すつくば学園ボーイズ
◆中学生チーム紹介 北関東のチームは寒空の下でも精力的に活動。創部12年目のつくば学園ボーイズ(茨城)は、自主性を重んじる指導法で悲願の全国大会初出場を目指している。 マシンを使ったフリー打撃。力はあるが芯で捉えられない選手に金子裕一監督(48)が「なんでだろう?」と声を掛けた。...
別窓で開く

“闘魂”を50年追いかけた写真家・原悦生「最も惹きつけられたのは猪木の目」
“アントニオ猪木を半世紀以上撮り続けた男”である写真家・原悦生の著書『猪木』(辰巳出版)は、原の自伝であり、猪木の外伝だ。新日本プロレスの旗揚げシリーズから始まり、晩年に至るまで猪木を撮り続けた者にしかわからない“猪木”が、ここには綴られている。そして、他者に人生を懸け続けた写真家が放つ迫力を感じる...
別窓で開く

“アントニオ猪木を撮り続けた男”原悦生「猪木さんの死に実感が湧いてきた」
プロレスファンにはおなじみの写真家・原悦生は、“アントニオ猪木を半世紀以上撮り続けた男”だ。文章の力で猪木を伝えたのが村松友視、言霊の力で猪木を伝えたのが古舘伊知郎だとすると、瞬間瞬間の真実を切り取る写真で猪木を伝え続けたのは原だった。2022年10月、アントニオ猪木が亡くなった。...
別窓で開く

価格そのまま肉1.5倍増量! 伝説のすた丼屋が1月は「いい肉祭り」を本日27日(金)から3日間、店舗限定で開催
 アントワークスが運営する丼チェーン「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」が、対象商品のお肉を1.5倍に増量する、月に1度の肉の日キャンペーンを2023年1月は、2022年11月に開催し好評だったという「いい肉祭り」として、1月27日(金)〜1月29日(日)の3日間、店舗限定で開催します。...
別窓で開く

東京は氷点下…空の便にも影響 寒さは引き続き注意
 東京都内は1月25日、寒い1日となりました。都内では各地で最低気温が氷点下を記録し、空の便など寒さや強風の影響が至る所で見られました。寒さには26日も引き続き注意が必要です。 25日の最低気温は東京都心で午前7時前に−2.9℃、練馬で−3.0℃、八王子で−4.5℃、伊豆大島で−0.3℃を記録し、今...
別窓で開く


[ つくば ] の関連キーワード

アントニオ 北関東 有楽町