本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



兜町の風雲児「中江滋樹」が語っていた田中角栄 「目白に3千万円持って行かせたが…」
 いまや国際社会のなかでも“ひとり負け”の感が否めない日本経済だが、わずか30年前には未曾有のバブル景気に列島が沸き立っていた。当時、日本の地価の総額はアメリカ全体の4倍ともいわれ、土地・株・カネが飛び交う狂乱のなか、得体の知れないバブル紳士が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)し、数多のスキャンダルが世...
別窓で開く

人材価値があるのはどういう人?...40歳からの「転職」に勇気与える一冊
「40歳を越えると就職先はない」と思い込んでいる人はいないだろうか?たしかに、ITなどの技術革新についていけない、加齢とともに新しいことへの興味が薄れているなど、転職市場での価値が低いことには理由があるようだ。しかし、待ってほしい。本書「40歳からのキャリアチェンジ」(経団連出版)は、中高年層が実は...
別窓で開く

高杉真宙「高杉真宙から、Sっ気は出ない」ファンのお悩み相談にも答える
高杉真宙(26)が18日、東京・スペースFS汐留で行われた主演映画「いつか、いつも……いつまでも。」(長崎俊一監督、10月14日公開)完成披露試写会で「高杉真宙から、Sっ気は出ない。楽しくやらせてもらった」と、撮影を振り返った。高杉は劇中で、医師の市川俊英を演じた。...
別窓で開く

DJ松永、劇場映画初出演 『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』高杉真宙の親友役に
俳優の高杉真宙が主演を務め、ヒロインを関水渚が演じる長崎俊一監督最新作『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』より、Creepy NutsのDJ松永が主人公の親友役で出演することが発表されたほか、主人公たちを見守るキャラクターを演じる共演キャスト、ティザービジュアルが解禁された。松永が劇場映画に出演する...
別窓で開く

私たちが「怖い話」にハマってしまうのはなぜ?
 ホラー映画、こっくりさん、怪談、「意味が分かると怖い話」、怪奇小説、妖怪マンガ、パワースポット......日常を逸脱した存在や現象である「怪異」は、恐怖の対象として忌避されると同時に、娯楽やエンターテインメントとしても受容されてきた。 なぜ私たちは、本来恐ろしいはずの「怪異」に魅了されているのか。...
別窓で開く

ハロプロ研修生「春の公開実力診断テスト」開催 松原ユリヤ&小野田華凜がベストパフォーマンス賞
ハロプロ研修生による定期公演『Hello! Project 研修生発表会 2022 〜春の公開実力診断テスト〜』>が3日、東京・中野サンプラザで開された。 年に一度、研修生にとっての登竜門として開催される春の公開実力診断テスト。この公開実力診断テストがデビューのきっかけになることも少なくない。...
別窓で開く

来年こそは脱汚部屋! たまりがちな「書類」の散らからない保管方法
片づけの最後の難関と言われているのが書類関係……。一つひとつ内容を確認しないと、何が必要で何が不要かの判断ができないため、つい後回しにしてしまう人も多いのではないでしょうか。そんな書類もいつかは整理しなくてはいけません!そこで今回、エアトランク整理収納アドバイザーの角一まり子さんに教えてもらうのは、...
別窓で開く

増え続ける化粧品。捨てるタイミングと散らからない収納方法とは
毎日使う化粧品。季節や流行に合わせて新しいアイテムが次々と発売されるので、どんどん数が増えてしまいがちですよね。また、なかなか使い切るのが難しく、捨てるタイミングが分からないと悩む人も多いと思います。...
別窓で開く

スペースがなくても大丈夫! どんな場所でも上手に服を収納するコツ
この一年、気がついたらクローゼットが服で溢れていたり、部屋に服が山積みになっていたり……なんてことありませんでしたか?年末の片づけの時期は服を断捨離する絶好のチャンス。でも、「どの服を捨てればいいか分からない!」「収納場所が足りない!」と悩む方も多いですよね。...
別窓で開く

人財サービスのパソナの「DNA」 「性別や役割のルールに男女の別はない」パソナグループの金澤真理さん、芝陽子さん、植木まり子さん
人材派遣事業からスタートした株式会社パソナグループは2017年、厚生労働省から女性活躍推進の優良企業として「えるぼし」の最上位クラスの認定を受けるなど、毎年女性活躍の上位にランキングされている。グループ会社の一つ、株式会社パソナ日本創生大学校が、企業の未来を切り拓く女性幹部候補を育成する合宿型プログ...
別窓で開く


[ まり子 ] の関連キーワード

小野田 dna パソナ

<前へ123次へ>