本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



広島・森 “腹圧投法”で開幕ローテ入り狙う オリ・山岡らが師事するトレーナーの下で自主トレ
 広島・森翔平投手(25)が25日、マツダスタジアムで自主トレを行った。年明けはオリックス・山岡らが師事する高島誠トレーナーの下、約2週間の合同自主トレを敢行。上半身と下半身の連動性を高める“腹圧投法”の習得に励んだ成果で、プロ2年目で初の開幕ローテーション入りを狙う。 悲願の開幕ローテ入りへ向け、...
別窓で開く

文春野球コラムペナントレースは2023年で一旦終了します…文春野球「コミッショナーだより」2023新年号
 新年あけましておめでとうございます。文春野球コミッショナーの村瀬秀信です。 さて、新年早々ではございますが、昨年末の「文春野球AWARD2022」で発表させていただきましたとおり、文春野球コラムペナントレースは2023年のシーズンをもちまして一旦終了となります。...
別窓で開く

ソフトバンク、超大型補強も…常勝軍団の復活が“前途多難”と言えるこれだけの理由
■「4軍」設置も発表 例年以上に、動きの激しい今オフのストーブリーグ。中でも主役となっている球団はやはりソフトバンクではないだろうか。今年成績を落とした甲斐拓也に続く「二番手の捕手」として、フリーエージェント(以下FA)権を行使した嶺井博希を獲得すると、阪神でNPB通算16勝をマークしたガンケルとも...
別窓で開く

「白戸家×SPY」スピンオフにフリープロデューサー佐久間宣行が初出演 ネットでは早速「演技がめちゃ良くて笑っちゃう」の反応も
 フリープロデューサーの佐久間宣行さんが初出演するソフトバンクの新ウェブCM「SPYのボスの正体は佐久間宣行」篇が、12月15日にソフトバンク公式YouTubeで公開されました。スパイ本部局長役の佐久間さんに対して、Twitter上では「面白すぎる」「演技がめちゃ良くて笑っちゃう」などの反応が早速寄...
別窓で開く

FA「近藤健介」、巨人“横取り”の現実味 パ球団三つどもえで、6年前の「再現」の余地も
■福良GMにヘッド時代の威光 プロ野球日本ハムからフリーエージェント(FA)宣言した近藤健介外野手(29)を巡ってはソフトバンク、オリックス、西武、ロッテ、そして古巣日本ハムとパ・リーグ5球団による異例の大争奪戦が展開されている。出だしはソフトバンク、オリックスの2球団が条件面でリードしていたようだ...
別窓で開く

燕の不死鳥・館山昌平の背番号《25》は村田修一へのライバル心から
2004年、2013年、2014年と三度にわたって肘にメスを入れリハビリに苦しむ一方、不死鳥のように必ずケガから復帰し「最多勝」「カムバック賞」などタイトルも獲得した館山昌平氏。絶頂と絶望を味わった名投手は、どうやって厳しい世界を17年間も生き抜いたのか。...
別窓で開く

“優勝見届け球団”からの脱却 西武の逆襲はここから始まる
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、混戦パ・リーグを象徴する試合となった西武対ソフトバンクの最終戦と、西武が払拭した “負の連鎖”にまつわるエピソードを紹介する。...
別窓で開く

ソフトB退団のベテラン、なぜ移籍先で活躍できない? 松田も復活絶望か、失敗例とは複数の共通点アリ
これまでソフトバンク一筋(2006-)でプレーし、昨季までに「1867試合・.266・301本・984打点・1811安打」といった数字を残したプロ17年目・39歳の松田宣浩。28日に球団が発表した今季限りの退団はネット上で話題となった。  今季は打撃不振にチームの世代交代も重なり、「43試合・.20...
別窓で開く

オリックス、楽天が一大補強でオフシーズンの勝者に!又吉を獲得したソフトバンクは意外な盲点も【パ6球団補強採点】
春季キャンプも目前となり、各球団の陣容もおおむね固まってきた。ここでは、各球団のこのオフの選手の入退団状況を見ながら、戦力アップにつながる補強ができたかどうかを、A〜Eの5段階評価で振り返る。...
別窓で開く

亀井・大竹・雄平・岩田……引退選手「最後の言葉」のストーリー
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、今シーズン限りでユニフォームを脱いだ野球人たちのエピソードを紹介する。プロ野球 阪神対中日 引退セレモニーで、家族から花束を受け取る阪神・岩田稔投手(左から2人目)=2021年10月26日 甲子園球場 (代表撮影) 写真提供...
別窓で開く


[ ソフトバンク 長谷川 ] の関連キーワード

ソフトバンク オリックス ×spy 佐久間

<前へ1234次へ>