本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



視聴者数は驚異の392万人。いったいなぜ独立リーグの「日本一決定戦」が注目を集めたのか? 人気沸騰の舞台裏
佐々木朗希(ロッテ)の完全試合や、村上宗隆(ヤクルト)の56号&三冠王など、歴史的記録が飛び出した2022年プロ野球。セパともに昨季のリーグ覇者であるヤクルトとオリックスが今年も日本シリーズで相まみえるが、パ・リーグの優勝争いが混沌を極めていた9月30日にも、“日本一”を決め...
別窓で開く

ミッドレンジなのにハイエンド級な部分も!「AQUOS sense7」は高コスパな予感
9月26日、シャープが「AQUOS sense」シリーズの最新モデル「AQUOS sense7」を発表しました。11月上旬以降にNTTドコモとau、UQモバイルが発売します。さらに、AQUOS sense7をベースに動画を快適に視聴するための機能を強化した「AQUOS sense7 plus」も発表...
別窓で開く

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。9月17日(土)の放送は、元プロ野球選手・大リーガーで、現在は野球解説者の五十嵐亮太(いがらし・りょうた)さんをゲストに迎え、お届けしました。...
別窓で開く

新庄日本ハムの「強み」と「弱点」。積極性が増した打線は長打力増も、先発4番手以降に課題<SLUGGER>
開幕から日本ハムのビッグボス=新庄剛志監督が大きな話題を集めている。もっとも、驚きの発言や行動が注目される一方で、「実際のチーム」がどのような状態にあるのかは触れられる機会が少ないように思う。 現在、日本ハムはパ・リーグ最下位。果たして彼らはどれほどの実力を持ったチームなのか、どういった課題があるの...
別窓で開く

社長が選ぶ「今年の社長ランキング」 豊田章男氏、孫正義氏に続く「地方発ジャパニーズ・ドリーム」の二人とは?
コロナ禍に明けて暮れようとしている2021年。難しい経営の舵取りを迫られた全国の社長サンにとっては大変な1年だった。そんな社長サンたちが「あの人のように頑張りたい!」と憧れた経営トップをランキングしたのが、産業能率大学総合研究所が2021年12月15日に発表した「社長が選ぶ 今年の社長2021」だ。...
別窓で開く

積極的な動きを見せるプロ野球選手会。「構造改革協議会」再開がもたらす球界の“未来”とは
2020年にOPS1.012という傑出した成績を記録した村上宗隆(ヤクルト)や日本シリーズMVPの栗原陵矢(ソフトバンク)が、2019年以前の過去16年間にプロ野球で投じられた400万球を解析したAIキャッチャーと対戦したら、どちらが勝つだろうか。...
別窓で開く

ゲーミングPCやコンソール機にクラウドゲームも 2020年にマイクロソフトのゲームコントローラーを買ったら大活躍だった
新型コロナウイルスの影響で働き方が大きく変化した2020年。発表会取材や打ち合わせはほぼオンラインに移行し、会社も完全リモートワークに移行したことから、個人的には自宅でじっくり製品のレビューをする機会が多い1年でした。そんな中、さまざまな製品のレビューで活躍したのがマイクロソフトのゲームコントローラ...
別窓で開く

実質3万円台からあるならそろそろ買い!? ドコモが5Gスマホ6機種を発表
NTTドコモが、11月6日から順次発売する新製品を発表しました。スマートフォンは全7機種で、うち6機種が5G対応モデルです。ドコモがこれまでに発売した5Gスマホは、お値段が高めのハイスペックモデルだけでしたが、今回は、2年後の機種変更時に端末を返却する「スマホおかえしプログラム」を利用すれば、実質3...
別窓で開く

「iPhoneの保険」ってお得なの?コスパを計算してみた
日本人は「iPhone好き」といわれます。通勤電車の中でもiPhoneを使っている人をよく見かけるのではないでしょうか。この記事をiPhoneで読んでいる方もいるかもしれませんね。2〜3年も同じ機種を使っているとバッテリーも劣化してきて、「そろそろ機種変更しようかな」と考える人も多いと思います。...
別窓で開く

弟が明かした松坂大輔の素顔。ソフトバンクホークス時代は「さすがに弱っていた」
14年ぶりに古巣の西武に復帰した松坂大輔(39歳)。新型コロナウイルスの影響で開幕の時期は不透明だが、プロ22年目のシーズンに向けて調整を進めている。令和に入ってなお、大きな注目を集める"平成の怪物"について、2歳年下の弟・恭平(きょうへい)氏に話を聞いた。...
別窓で開く


<前へ12次へ>