本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



プロ注目の左腕・前田を擁する大阪桐蔭、夏春連覇を目指す仙台育英、“親子V”を目指す沖縄尚学…群雄割拠のセンバツを制するのは?<SLUGGER>
27日、3月18日から開幕する第95回記念選抜高校野球大会の出場校が発表された。例年より多い36校出場の中から、優勝争いに絡んできそうなチームをそれぞれ見ていきたい。 昨秋の明治神宮大会決勝は、2年連続で同カードとなった。結果は大阪桐蔭が大会連覇を果たし、準優勝は広陵。今センバツでもこの2校が中心と...
別窓で開く

【キャンプ展望:ソフトバンク】本気のオフ! 日本では珍しい叩き上げの藤本博史監督は大型戦力を機能させられるか?<SLUGGER>
ソフトバンクが本気を出している。 このオフは総額80億円とも言われる超大型補強を敢行。ロッテから守護神候補のオスナを獲得したかと思うと、日本ハムからFAとなった近藤健介の争奪戦も制し、とどめとばかりにレンジャースを退団した有原航平との契約にも成功している。...
別窓で開く

【キャンプ展望:楽天】10年ぶりのV奪回には投打とも世代交代が不可欠。逸材揃いの若手から誰が抜け出すか?<SLUGGER>
2022年シーズンは、5月に最大18もの貯金がありながら最終的に借金2と歴史的失速で4位に沈んだ楽天。5月に球団新記録の11連勝を記録した後の勝率.409は最下位の日本ハム(.462)にも及ばずと、チームとしての基礎体力不足を露呈した。 石井一久監督は18年9月にGM就任し、21年からは監督兼任でチ...
別窓で開く

東京五輪金メンバー14人が無念の“落選”!田中将大は侍ジャパン立候補も叶わず。柳田悠岐、坂本勇人らは辞退
今年3月に開幕の第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する日本代表30人が、1月26日に正式発表された。だが、東京五輪で金メダル獲得に貢献するも、今回メンバーから漏れた選手は、14名いる。...
別窓で開く

【キャンプ展望:オリックス】“3連覇への補強”は成功するのか? 森友哉に期待される“打の神様”吉田の穴埋め<SLUGGER>
今季はリーグ3連覇&2年連続の日本一を狙うオリックスだが、これまでは山本由伸&吉田正尚の「投打の神様」(杉本裕太郎)の貢献が計り知れなかったのは言うまでもない。しかし今オフ、“打の神様”吉田がポスティングでMLBレッドソックスに移籍した。 吉田の穴は大きい。今年3月に開催され...
別窓で開く

吉井理人×ダルビッシュ有&大谷翔平&佐々木朗希…最高の投手陣で世界一を狙う
■参謀の育成まで…球界屈指の投手マネジメント術現代のプロ野球では、オリックスを日本一に導いた中嶋聡氏、ヤクルトをセ・リーグ2連覇に導いた高津臣吾氏といった監督が投手陣のマネジメントをする手腕に長けている。その両監督と引けを取らないのが吉井理人氏だ。現役時代はセパ両リーグからメジャーリーグまで経験。...
別窓で開く

イチロー、青木宣親、内川聖一…21世紀最強のアベレージヒッターを考察
打率3割以上であれば、好打者と言われる野球。その3割に乗せるのがとても難しい。しかし、そんななかでも軽々と3割を超え、ときには4割に迫ろうかという活躍をみせる打者たちがいる。今回は、ヒットを積み重ねるアベレージヒッターについてみていこう。■メジャーでシーズン262安打を放ったイチローアベレージヒッタ...
別窓で開く

目指すは岩隈久志の成功パターン。アスレティックス入りした藤浪晋太郎の「単年契約ならではの強み」<SLUGGER>
前阪神の藤浪晋太郎投手(28)が、オークランド・アスレティックスと1年325万ドルで契約した(+譲渡金65万ドル)。 オリックスからレッドソックス入りした吉田正尚外野手(29)の5年9000万ドル(+譲渡金1537万5千ドル)や、ソフトバンクからメッツ入りした千賀滉大投手の5年7500万ドルという契...
別窓で開く

「アベンジャーズ級」の侍ジャパンに韓国紙が称賛!「説明が不要なスーパースター」大谷翔平を擁する日本の戦法に興味津々
3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する侍ジャパン30名のうち12名が1月6日に先行発表された。1次ラウンドで日本と同じプールBに入る韓国は、同発表に注目していたようで、日刊紙『朝鮮日報』は11日、改めて日本の強力メンバーを紹介した。...
別窓で開く

独立リーグでの苦闘の日々を糧に。西武の育成ルーキー2人が語ったNPB入りへの道「迷いもあった」「苦しかった」<SLUGGER>
2023年の始まりとともに、プロ野球も新人たちの入寮が続いている。今年は独立リーグから計10人の選手たちがNPBの世界に足を踏み入れた。1月7日、埼玉西武ライオンズの選手寮「若獅子寮」にも2人の独立リーグ出身選手が入寮した。「ここからがスタート」と、意気込んでいたのが育成ドラフト1位・野村和輝内野手...
別窓で開く