本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「緑のANA機」ついにデビュー! 外装に国内初“サメ肌”&機内に世界初の設備 地球に優し〜い飛行機
夜の空港に激映えでした!いい色!「サメ肌」採用でCO2削減? ANA(全日空)の新たな特別塗装機「ANA Green Jet(ANAグリーンジェット)」が2022年10月5日の夜、サンフランシスコ行きNH108便でデビューしました。通常機では2色のブルーが入った尾翼デザインが特徴のANA機ですが、こ...
別窓で開く

NYダウ終値42ドル安、3万273ドル…利益確保の売り注文優勢で3営業日ぶり値下がり
 【ニューヨーク=小林泰裕】5日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比42・45ドル安の3万273・87ドルだった。値下がりは3営業日ぶり。ダウ平均は前日までの2日間で1500ドル超上昇しており、利益を確保するための売り注文が優勢となった。...
別窓で開く

海外のビジネス現場に「日本人だけいない」 JAL社長も危機感...日本発便「需要低迷」の現実
日本航空(JAL)の赤坂祐二社長は2022年10月5日、成田空港で報道陣の取材に応じ、岸田文雄首相が水際対策緩和を打ち出してから、海外発日本行きの国際線の予約数が3倍以上に増えたことを明らかにした。ただ、その多くが国外から日本にやってくる「インバウンド需要」で、日本発の需要は「まだ、かなり弱い」。...
別窓で開く

成田空港の始まりも飾ったJAL「フランクフルト線」60周年 7都市経由から始まった「独の玄関口」の歴史
欧州唯一のJALラウンジがあったり……。南回り欧州航路の一環として開設 JAL(日本航空)の成田〜フランクフルト(ドイツ)線が2022年10月4日に就航60周年を迎えました。原野京太郎成田国際空港長によると、1978年に供用開始された成田空港(当時は新東京国際空港)に着陸した最初の旅客便が、このJA...
別窓で開く

異例!? エアバス「新型機の塗装デザイン、みんなから募ります」 A350Fの機体デザイン公募へ
デザインは来年3月に決定されます!楽しみ!2024年初飛行予定 ヨーロッパの航空機メーカー、エアバスが開発を進めている新型貨物専用機「A350F」。同社は2024年に初飛行予定の試作機の機体デザインを、一般公募で決定すると発表しています。 A350Fはエアバス社の主力旅客機「A350」をベースとして...
別窓で開く

NYダウ終値825ドル高、2週間ぶり3万ドル台回復…利上げペース緩まるとの期待感
 【ニューヨーク=小林泰裕】4日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比825・43ドル高の3万316・32ドルだった。値上がりは...
別窓で開く

中国の航空安全当局が、アメリカの航空機製造大手ボーイングの主力旅客機「B737MAX」の飛行停止に踏み切って3年余り。同型機の中国での運行再開は、時期がいまだに見通せない状況だ。そんななか、ボーイングが中国の航空会社に引き渡す予定だったB737MAXの一部を、他国の航空会社に転売することが明らかにな...
別窓で開く

まだ現役!? 初飛行から半世紀超のソ連「Tu-154」なぜヒット? ロシアの空港にピッタリだったワケ
ソ連・ツポレフ設計局が手掛けた3発ジェット旅客機「Tu-154」が、1968年10月3日に初飛行しました。40年以上にわたり1000機以上が製造された機体は、なぜここまでヒットしたのでしょうか。1000機以上が製造 旧ソ連(現ロシア)のツポレフ設計局が手掛けた3発ジェット旅客機「Tu-154」が、1...
別窓で開く

旅行需要は戻るか 4年ぶり開催のツーリズムEXPOに各業界が“賭けた”ワケ しかし温度差も
旅行の祭典「ツーリズムEXPO」が開催されました。新型コロナの影響を脱しつつあるなか、これからの旅行需要の高まりを反映するかのように各方面から期待された展示会は、新機軸も多く盛り込まれました。コロナ禍の鬱憤を晴らす展示会に ここ数年間に渡り世界経済と日常生活に大きく影響を与えてきた「新型コロナ感染」...
別窓で開く

ウィズコロナなら鉄道よりも航空機! 「跳ねる卯年」に期待のジャムコ【格言で買う! 株式投資】(石井治彦)
2022年1月1日掲載のJ-CASTニュース 会社ウォッチ「寅年は『千里を走る』右肩上がり!? 勢いに乗って株価は『跳ねる』卯年へまっしぐら」で、「寅は千里を走る」という格言があると書いた。意味は、躍進というよりも、政治・経済で波乱が起こりやすい相場と解釈されているという。寅年も残すところ、あと3か...
別窓で開く


[ ボーイング ] の関連キーワード

フランクフルト ジャムコ 成田空港 エアバス jal
max ロシア