本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新「ANAの部屋」、福岡のホテルに誕生へ!! 濃すぎる工夫の数々とは 「ウミガメ巨大機」全面推し!
なんと「ANAっぽい」のは視覚情報だけじゃない!12月17日から提供開始 ANAクラウンプラザホテル福岡の一室に、ANA(全日空)のコンセプトルーム「ANA ROOM FUKUOKA」が誕生します。2022年12月9日から予約開始となり、提供は12月17日から開始されるとのことです。...
別窓で開く

経営破綻から復活のスカイマーク、再上場へ 躍進のカギ握るのは、今後も続くANAHDとの関係?!
7年前に経営が破綻した中堅航空会社のスカイマークが東京証券取引所に株式の再上場を申請し、承認された。2022年12月14日上場予定で、かつての東証1部(現東証プライム)ではなく、新興企業向けの東証グロースからの再出発になる。新型コロナウイルス禍で業績が悪化し、2020年4月に申請を取り下げていたが、...
別窓で開く

日本人が「外国の航空会社」で渡米する利点は? デルタ航空の答え 地方発でも東京乗り継ぎのように米へ
JAL加入の「ワンワールド」、ANA加入の「スタアラ」、いずれでもありませんが…。国内線ネットワークが充実した4隅の空港へ就航 外資系の航空会社のなかで日本路線に大きな注力を図っているのが、アメリカの航空会社、デルタ航空です。同社は2022年11月29日、企業関係者や旅行会社、報道陣などへ向け、最新...
別窓で開く

焦る米空軍、ステルス戦闘機を猛スピードで大量生産する中国 米軍のF-22、F-35に対抗する「J-20」の生産を加速
(北村 淳:軍事社会学者) 中国は「パルス・ライン」と呼ばれている生産ラインをフル稼働させてJ-20“マイティドラゴン”ステルス戦闘機を猛スピードで生み出しているようだ。 パルス・ラインは、航空機の生産をスピードアップさせるための製造ライン方式であり、アメリカのボーイングやロッキード・マーティンなど...
別窓で開く

実は経年機の方がより安全? JAL「エンジン整備センター」は天井までスゴイ! 発揮される超絶技巧とは
通常の格納庫とは、あらゆるところが違いました!JALでも「エンジン整備センター」は1箇所のみ 成田空港にあるJAL(日本航空)の航空機整備用の格納庫。この一角には、旅客機の心臓であるエンジンの整備を行う「エンジン整備センター」があります。同社が保有する格納庫のなかでも、エンジンに特化した施設は、この...
別窓で開く

コロナ禍で旅客需要激減に見舞われたANAHDを救ったのが、貨物事業の存在だ。同社ではその収益性を高めるために、貨物事業を構造からつくり直した。日経ビジネスの高尾泰朗記者の著書『ANA苦闘の1000日』(日経BP)から、一部を紹介しよう——。(第3回)■貨物専用機は100トンだが、旅客機は2トンしか運...
別窓で開く

2024年就航“ヤマトの貨物機”なぜ「違う機種しか持っていない会社で運航」に変更? JAL異例の方針転換のワケ
当初は導入機の姉妹モデルをもつジェットスター・ジャパンが運航予定でした。当初は姉妹機をもつ「ジェットスター・ジャパン」が運航予定も一転 JAL(日本航空)とヤマトホールディングスがタッグを組み、「ヤマト運輸」の宅配荷物などを運ぶべく、“クロネコヤマトの貨物機”を2024年に就航させます。...
別窓で開く

どう実現? JALが実施、国内初「CO2排出実質ゼロ」フライトのカラクリとは スゴイ工夫が出る出る!
JALが国内初となる運航時のCO2排出量を実質ゼロにするフライトを実施。ただ旅客機は最新鋭とはいえ、CO2を出さないわけではありません。どのようにここから「実質ゼロ」まで減らしたのでしょうか。低燃費な最新鋭機に環境に優しい燃料を組み合わせ 日本航空(JAL)が2022年11月18日、日本で初となる運...
別窓で開く

航空関連器材の集中購買を手がける中国航空器材集団(CASC)は11月4日、ヨーロッパの航空機製造大手エアバスと航空機140機の大型購入契約を結んだと発表した。ドイツのオラフ・ショルツ首相の中国訪問期間に合わせた動きで、契約の内訳は短距離路線用の「A320シリーズ」が132機、長距離路線用の「A350...
別窓で開く

飛行機同士が接触事故 牽引車の運転手が居眠りか(南ア)
南アフリカ・ヨハネスブルグのO・R・タンボ国際空港で11月11日夜、2機の飛行機が衝突した。地上で起こった事故だったため人的被害はなかったが、目撃者によると飛行機を牽引する運転手の居眠り運転の可能性が出てきた。『The South African』などが伝えている。...
別窓で開く


[ ボーイング エアバス ] の関連キーワード

エアバス ana jal ヤマト