本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【歴代好サーバーに学ぶ】“ダブル1st”で押したベッカーのフラットサービス。厚めのグリップで叩くコツを紹介!<SMASH>
過去から現在まで、テニス界には数多くのグッドサーバーが存在した。彼らが超高速フラットを打てたり、鋭い回転をかけられたポイントは何か? このシリーズでは、そこから一般プレーヤーが“イイトコ取り”して憧れのサービスに近付く方法を、元ナショナルコーチの丸山薫氏が解説する。...
別窓で開く

「恨みはない。また全豪に戻りたい」ジョコビッチが退去騒動について心中を吐露。収監中のベッカーへの思いも語る<SMASH>
現地5月27日に行なわれたテニス四大大会「全仏オープン」(フランス・パリ/5月22日〜6月5日/クレーコート/グランドスラム)の男子シングルス3回戦でアリアス・ベデネ(スロベニア/195位)を6−3、6−3、6−2のストレートで下し、同大会13年連続となるベスト16入りを決めた世界王者のノバク・ジョ...
別窓で開く

服役中の元テニス王者ボリス・ベッカー、異例の早さで刑務所内の快適なエリアへと移動へ! いったいなぜ?<SMASH>
自身の破産宣告を巡る裁判で2年6か月の実刑判となった、男子テニスの元世界王者ボリス・ベッカー。判決が下された4月29日の夕方には英ロンドン南西部にあるワンズワース刑務所に収監されたが、その後は異例の早さで所内での待遇が改善されているようだ。 通常の新人受刑者であれば、刑務所到着後7〜10日間は新型コ...
別窓で開く

英雄ベッカーの監獄入りに王者ジョコビッチと元王者マリーが心境を吐露「法律を破った訳だから仕方ない」<SMASH>
自身の破産宣告を巡るイギリスでの裁判で、禁固2年6か月の実刑判決を受けたテニスの元世界王者ボリス・ベッカー(ドイツ/54歳)。判決が下された4月29日の夕方にはロンドン南西部にあるワンズワース刑務所に身柄を移送され、塀の向こうへと姿を消した。...
別窓で開く

破産宣告のボリス・ベッカーに“禁固2年6カ月”の実刑判決!最低でも1年間は刑務所へ<SMASH>
男子テニス元世界1位で6度のグランドスラム優勝を誇るボリス・ベッカー氏(ドイツ)が、現地4月29日にイギリス・ロンドンで行なわれた自身の破産宣告をめぐる裁判で禁錮2年6カ月の実刑判決を受けた。スペインのテニス専門メディア『Punto de Break』など複数のメディアが報じている。...
別窓で開く

元王者ベッカーが王者候補18歳アルカラスの過密日程を不安視「疲れている状態でプレーするとケガをする」<SMASH>
ここ最近の凄まじい成長からすでに「次期王者候補」としても呼び声が高い18歳のカルロス・アルカラス(スペイン/世界ランキング11位)。だが元世界1位で往年の名テニスプレーヤーとして知られるボリス・ベッカー氏は、そんな男子テニス界の超新星のオーバーワークを懸念している。...
別窓で開く

グランドスラム6度優勝のベッカーが破産を巡る裁判で有罪判決。最大で禁錮7年の可能性<SMASH>
男子テニス元世界ランク1位のボリス・ベッカー氏(ドイツ)が、8日にロンドンで行なわれた自身の破産を巡る陪審裁判にて、有罪判決を言い渡された。 2012年からイギリスに居住しているベッカーは、2017年に破産宣告を受けた後、現役時代に獲得したトロフィー9個やメダルなどの資産を引き渡さなかったとして破産...
別窓で開く

「テニスコートは孤独な場所」元世界1位のベッカーが以前はタブーだった「心の健康について話をする」ことを推奨<SMASH>
男子テニス元世界ランク1位で往年の名プレーヤーとして知られるボリス・ベッカー氏が、スペインのニュースメディア『RTVE』のインタビューに出席。その中で、ここ最近スポーツ界で度々話題に上がる「アスリートのメンタルヘルス」について言及した。...
別窓で開く

恩師ベッカーが考える“ジョコビッチ騒動”の裁定後に待ち受ける2つの試練<SMASH>
全豪オープンの主催者側から「ワクチン接種の免除」を受けてオーストラリアを目指したものの、入国要件を満たす適切な証拠を提出しなかったことを理由に入国を拒否されたノバク・ジョコビッチ(セルビア/世界ランキング1位)。 この件に関しては選手間でも賛否両論が巻き起こっているが、かつてジョコビッチのコーチを務...
別窓で開く

全米でジョコビッチから“今季最高の勝利”を挙げたメドベージェフ「ビッグ3が去っても新たなヒーローが現れる」と未来を予言<SMASH>
長く男子テニス界はロジャー・フェデラー(スイス/40歳)、ラファエル・ナダル(スペイン/35歳)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア/34歳)の「ビッグ3」が席巻してきた。全員がグランドスラム優勝回数20回で並ぶとともに、2010年から21年までの12年間で四大大会47回のうち38回の制覇。ツアーにおけ...
別窓で開く


<前へ12次へ>