本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『トイ・ストーリー4』の悪夢再来!? ハリウッド版『マリオ』でピーチ姫が“強い女”に…
『トイ・ストーリー4』の悪夢再来!? ハリウッド版『マリオ』でピーチ姫が“強い女”に… (C)PIXTA来年4月に公開が予定されている映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』に、悲劇の予感が漂い始めた。11月30日に映画の新情報が公開されたのだが、ピーチ姫が欧米的な「強い女」キャラになったとし...
別窓で開く

同性愛者が主人公! ディズニー最新映画が大爆死で波紋…「差別だろこれ」
ドン・ホール監督 (C)Gennaro Leonardi Photos / Shutterstockディズニーの最新アニメーション映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』が、11月23日より全国で公開された。今回の映画は〝LGBTQ〟の主人公をメインとした作品だが、過去最高レベルの大爆死となっ...
別窓で開く

『ファイアーエムブレム』新作はなぜVTuberっぽい? キャラデザが示す世界観
『ファイアーエムブレム』新作はなぜVTuberっぽい? キャラデザが示す世界観 (C)PIXTA大人気シリーズの最新作として注目を浴びている『ファイアーエムブレム エンゲージ』が、なぜか“VTuber”を大集合させたような世界観に見えることが話題に。その理由は、キャラクターデザインの統一感不足にある...
別窓で開く

配信者の祭典『CRカップ』に出来レース疑惑!“100ワニ騒動”を思い出すファンたち
配信者の祭典『CRカップ』に出来レース疑惑!“100ワニ騒動”を思い出すファンたち (C)PIXTA11月18日、人気配信者たちの祭典『Crazy Raccoon Cup』(CRカップ)が開催。FPSゲーム『オーバーウォッチ2』によって激闘が繰り広げられたのだが、その結果が「出来レースではないか」と...
別窓で開く

アニメ『チェンソーマン』7話で姫野が女性視聴者の敵に…「めっちゃ苦手」「ダントツで嫌い」
『チェンソーマン』11巻(藤本タツキ/集英社)女性視聴者からも圧倒的な注目を集めているアニメ『チェンソーマン』(テレビ東京系)。11月23日に放送された第7話『キスの味』では、“同性から嫌われる女性キャラ”が登場したことで、大きな波紋を呼んでしまった。...
別窓で開く

『ウマ娘』声優・嶺内ともみの廃業が波紋…3回目の“変声期”を迎える不憫キャラ
『ウマ娘』声優・嶺内ともみの廃業が波紋…3回目の“変声期”を迎える不憫キャラ (C)PIXTA『ウマ娘 プリティーダービー』のアイネスフウジン役としてもお馴染みの声優・嶺内ともみが、12月31日をもって廃業することを発表。そんな中で一部ファンは、彼女が演じていたとあるキャラクターの今後について心配し...
別窓で開く

ジャンプ新連載『一ノ瀬家の大罪』第2話で早くも鬱展開…「マジで閲覧注意」と物議
ジャンプ新連載『一ノ瀬家の大罪』第2話で早くも鬱展開…「マジで閲覧注意」と物議 (C)PIXTA11月21日発売の『週刊少年ジャンプ』51号に、タイザン5による新連載『一ノ瀬家の大罪』の第2話が掲載された。はやくも『タコピーの原罪』なみのハードな鬱展開が始まり、いろいろな意味で議論を呼んでいるようだ...
別窓で開く

ジャンプ新連載に読者から悲鳴!『暗号学園のいろは』西尾維新が本領発揮するも…
ジャンプ新連載に読者から悲鳴!『暗号学園のいろは』西尾維新が本領発揮するも… (C)PIXTA人気小説家・西尾維新が原作を手掛ける新連載『暗号学園のいろは』が、11月21日発売の『週刊少年ジャンプ』51号でスタート。個性的な作風が爆発した漫画になっているのだが、なぜかジャンプ読者からは悲鳴も上がって...
別窓で開く

『FF7』リメイクに潜んでいた倫理部署の存在…“ポリコレ板挟み”なスクエニの現状
『FF7』リメイクに潜んでいた倫理部署の存在…“ポリコレ板挟み”なスクエニの現状 (C)PIXTA最近、「ポリティカル・コレクトネス」への過度な配慮が指摘されている大手ゲーム会社『スクウェア・エニックス』。そんな同社に、「倫理」を司る部署が存在することが明らかになり、国内のゲーマーからはさまざまな意...
別窓で開く

著名人の過去の愚行を問題視し、公的な地位からのキャンセル(辞任)を求める「キャンセルカルチャー」が世界中で広がっている。作家の橘玲さんは「人間の脳は、他者への制裁に快感を得やすい。つまりこれほど魅力的で安価な『娯楽』はほかにない」という——。(第3回)※本稿は、橘玲『バカと無知』(新潮新書)の一部を...
別窓で開く



<前へ123456次へ>