本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「日本の真似か?」リーズのリスペクトフルなロッカー片付けが話題!「これが普通じゃないのは不思議」「当たり前」の声も
“上品”な去り際が注目を集めている。 現地時間1月28日に開催されたFAカップ4回戦で、イングランド1部のリーズは3部のアクリントンと敵地で対戦。ジャック・ハリソン、ジュニオル・フィルポ、ルイス・シニステラのゴールで3−1の快勝を収めた。 試合後、リーズ陣営は使用したロッカー...
別窓で開く

衝撃の結末に「余韻が何日も後を引いて…」中瀬ゆかり絶賛の映画『イニシェリン島の精霊』
TOKYO MX(地上波9ch)の情報バラエティ生番組「5時に夢中!」(毎週月〜金曜 17:00〜)。2022年12月22日(木)放送の「中瀬親方のエンタメ番付」のコーナーでは、新潮社出版部部長の中瀬ゆかりさんがおすすめのエンタメ作品を番付形式で紹介しました。...
別窓で開く

オリビア・ハッセーに何が…1968年の映画「ロミオ×ジュリエット」めぐり650億円提訴
(ジュリエット役で大ブレーク(C)Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ) メキシコ五輪や3億円強奪事件があった1968(昭和43)年に日本で公開された映画「ロミオとジュリエット」。 当時の若者は、ジュリエット役のオリビア・ハッセーの圧倒的なかわいさとつぶ...
別窓で開く

日本人6人と韓国人1人を抱えるセルティックにアジア杯問題噴出!? 来年1月開催で「過半数のメンバーを欠く」緊急事態に!
Jリーグから海外挑戦を目指す日本人選手にとっても、選択肢の一つとして定着しつつあるスコットランド・リーグ。そこで現在リーグ首位を独走するセルティックにあって、主力として支えているのが、古橋亨梧、前田大然、旗手怜央などの日本人選手であることは言うまでもない。 今冬にはヴィッセル神戸から小林友希を、そし...
別窓で開く

スクエニ超大作『FORSPOKEN』に大コケの気配! メタスコア“駄作認定”の原因は…
スクエニ超大作『FORSPOKEN』に大コケの気配! メタスコア“駄作認定”の原因は… (C)PIXTAスクウェア・エニックスによる新作ゲーム『FORSPOKEN』(フォースポークン)が、1月24日に発売された。世界的に注目を集める“大作”だったものの、発売されるやいなや、イマイチな評価が飛び交って...
別窓で開く

「彼らは本当に良いチーム」マンC指揮官ペップ、FAカップで勝利もアーセナルを称える!評価した相手2選手は?
 現地時間1月27日に行なわれたFAカップの4回戦で、マンチェスター・シティは冨安健洋が所属するアーセナルとホームで対戦。ネイサン・アケーのゴールを守り切り、1−0で勝利を収めた。【動画】マンCがアーセナルを撃破!アケーの決勝弾をチェック クラブの公式サイトによると試合後、マンチェスター・シティのジ...
別窓で開く

ウクライナへ戦闘機供与か=戦車に続き、紛争激化懸念—欧米諸国
 【ロンドン時事】ロシアの侵攻を受けるウクライナへ欧米諸国が主力戦車の提供に踏み切ったことで、「次の段階」の支援として戦闘機供与が浮上している。攻撃性の高い戦車供与で「タブー」が破られ、先進兵器の本格支援に道が開かれた形だが、戦闘力のさらなる増強は紛争激化につながると懸念も根強い。...
別窓で開く

『レジェンド&バタフライ』木村拓哉×綾瀬はるか、激動の時代を生きた夫婦の物語
【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1100回】シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画・ドラマを発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。今回は、1月27日に公開された『レジェンド&バタフライ』『イニシェリ...
別窓で開く

「ミトマは対峙した全選手にとって危険」三笘薫が堂々ランクイン! 英老舗誌が今季のプレミアベストプレーヤー25人を発表!1位は怪物ハーランドではなく…
 英国の老舗サッカー専門誌『FourFourTwo』が1月27日、今シーズンのプレミアリーグが折り返しを迎えたタイミングで、ここまでのベストプレーヤー25人を発表した。 今季がプレミアのデビューシーズンとなるブライトンの三笘薫がなんと17位で選出されている。...
別窓で開く

窪塚洋介、監督が“根負け”して生まれた『IWGP』キング役の強烈キャラ。当初はNGも2時間粘って「君の好きにしな」
2000年、『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)の“池袋のカリスマ”安藤崇(タカシ)役で注目を集めた窪塚洋介さん。2001年に公開された映画『GO』(行定勲監督)で日本アカデミー賞新人俳優賞と最優秀主演男優賞を受賞。『ピンポン』(曽利文彦監督)、『沈黙 −サイレンス−』(マーティン・スコセッシ監...
別窓で開く