本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 ツインズが3度首位打者を獲得した強打の捕手だったジョー・マウアーを、チーム史上38人目の球団の殿堂入りに選出したと発表。8月にセレモニーが行われる。 背番号7は球団の永久欠番になっているが、ツインズがこのタイミングでマウアーの球団殿堂入りを決めたのは、マウアーが来年の米野球殿堂入り資格を得るためと...
別窓で開く

日本ハム新人コンビ、奈良間&安西が選抜出場の常葉大菊川にエール 細川は智弁和歌山の出場喜ぶ
 選抜甲子園の出場校が27日に決まり、出場校で育った日本ハム選手がエールを送った。 10年ぶり5度目の出場を決めた常葉大菊川(静岡)には、ルーキーコンビがエール。ドラフト5位・奈良間(立正大)は3年時の18年夏の甲子園で3回戦進出しており「まずは楽しんでプレーすることが結果につながると思う」と上位進...
別窓で開く

DeNA・アンバギー、豪快代役 日本ハム3位・加藤豪のイチ推し! オースティンの穴埋める
 DeNAの新外国人で、前マリナーズ傘下の外野手アンバギーが、横浜市内の球団事務所で入団会見に臨み、主砲としての活躍を誓った。 「ファンの皆さん、“(ファーストネームの)トレイ”と呼んでください。一試合一試合楽しんで、優勝に貢献したいね」 1メートル88、95キロで、マイナー通算76本塁打の右の長距...
別窓で開く

【センバツ】12年ぶり選出の東北 元巨人・佐藤洋監督が意識改革「自由という責任を持たせる」
 第95回センバツ高校野球大会(3月18日開幕、甲子園)の出場校が27日に発表され、東北から仙台育英、東北(ともに宮城)、能代松陽(秋田)の3校が選出された。12年ぶり20度目出場の東北は、昨年8月に就任した元巨人・佐藤洋監督(60)とともに「楽しむ野球」を聖地で披露する。...
別窓で開く

【巨人】 浅野翔吾がセンバツ決定の母校に「フルーツサンドを送ろうかな」 ツイッターでも祝福
 巨人のドラフト1位浅野翔吾外野手=高松商=が27日、“イチロー流”の差し入れプランを検討していることを明かした。 3月18日から甲子園で行われる第95回選抜高校野球大会に母校の出場が決定。昨夏の甲子園に出場した際には、21年12月に臨時指導を受けたイチロー氏(マリナーズ会長付特別補佐兼インストラク...
別窓で開く

【DeNA】新外国人J・Bウェンデルケン「ブルドッグのような投球を」アンバギーとともに入団会見
 DeNAの新外国人選手、J・B・ウェンデルケン投手、トレイ・アンバギー外野手が27日、横浜市内の球団事務所で入団会見を行った。 前ダイヤモンドバックスのウェンデルケンは「マウンドでブルドッグのような強さを見せていきたい」と気合いを入れた。同投手は185センチ・109キロの大型右腕で、平均153キロ...
別窓で開く

DeNA新外国人が会見 最速158キロ右腕ウェンデルケン、マイナー通算78発アンバギー
 DeNAに今季加入した新外国人のJ・Bウェンデルケン投手(前ダイヤモンドバックス)と、トレイ・アンバギー外野手(前マリナーズ傘下)が、横浜市内の球団事務所で入団会見を行った。 最速158キロ右腕のウェンデルケンは救援として期待され、マイナー通算78発のアンバギーは中軸を担う長距離砲として期待される...
別窓で開く

藤川球児氏が侍ジャパン戦力分析…「フォークは現役NO1」と絶賛するタイブレークのキーマンは
 WBC日本代表30人が発表され、国際大会経験を持つスポーツ報知評論家3氏が選考を分析した。2004年アテネ五輪(銅メダル)に出場した高橋由伸氏は、大谷、鈴木、村上の3人を打線の軸とし、守護神には大勢を推した。同大会でコーチを務めた高木豊氏は、手薄な外野やセンターラインを不安点に挙げ、ダルビッシュら...
別窓で開く

【侍ジャパン】栗山英樹監督「とにかく世界一、投手中心にしっかり守り勝つ」30人中、過去最多15投手選出
 侍ジャパンの栗山英樹監督(61)が26日、都内で3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する残り18選手を発表し、6日に先行発表された12人を含め全30選手が決定した。今大会から増えた2枠を最大の強みである投手に充て、過去最多15投手を選出。...
別窓で開く

【DeNA】新外国人トレイ・アンバギーが来日 右打ち外野手 キャンプ1軍スタート
 DeNAは26日、新外国人選手で前マリナーズ傘下3Aのトレイ・アンバギー外野手が来日したと発表した。年俸3500万円で背番号は未定。 右投げ右打ち、188センチ、95キロの外野手。19年はヤンキース傘下3Aで出場124試合で22本塁打をマーク。21年にメジャーデビューし2試合に出場した。...
別窓で開く