本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



第2世代e-POWER搭載に4WDの追加!日産「キックス」のマイチェンはアップグレード感増し増しでした
いま、日本のSUVマーケットでもっとも人気となっているジャンル。それがコンパクトSUVセグメントです。トヨタの「ヤリスクロス」をはじめ、同じくトヨタの「カローラクロス」、ホンダ「ヴェゼル」、そしてスバル「XV」など人気モデルが勢ぞろい。魅力はなんといっても運転しやすい車体サイズとその割に広い荷室、さ...
別窓で開く

ヤリスクロス「GRスポーツ」8月発売 価格はGRスポーツ最安!! “走りの味”身近に
コペンGR SPORTよりも安い!8月8日に発売 価格は237万円  トヨタは2022年7月19日(火)、コンパクトSUV「ヤリスクロス」の新グレードである「GR SPORT」と「Z”Adventure”」を発表。発売は8月8日(月)の予定です。 ヤリスクロスは2020年8月に発売。...
別窓で開く

「背の低いSUV」なぜ増える? “らしさ”薄れていくSUV 狙いは何なのか
トヨタの新型クラウンは、SUVを主体とした4つの車型で発表されました。こうした「背の低いSUV」が増えているのはなぜでしょうか。SUVはいま、SUVらしくなくなっているといえそうです。全高1700mm台→1600mm台→「それ以下」が増加中 SUVの人気は留まるところを知らないようです。...
別窓で開く

ホンダ「N‐BOX」が上半期の新車販売総合ランキングでトップ返り咲き。その人気の秘密とは?
2022年上半期(1〜6月)の新車販売総合ランキングで、ホンダの軽自動車「N−BOX(エヌボックス)」が10万3948台をマーク! 軽自動車だけでなく登録車を含んだ新車販売でぶっちぎりのトップに輝いた。人気の背景にはなにが? 自動車専門誌の元編集長で、カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する...
別窓で開く

トヨタで一番コンパクトなSUV「ライズ」 人気の理由は?燃費や価格が秘訣に
− トヨタライズの特徴とは −トヨタのSUVは、本格オフローダーのランドクルーザーを頂点に、ハリヤー、RAV4、カローラクロスなど、様々な種類のSUVをラインナップしています。その中でもライズは、トヨタブランドのSUVの中で一番コンパクトなデザインを採用したSUVとして知られています。...
別窓で開く

"絶対王者"ホンダN—BOXの5連覇を阻止!! トヨタ「ヤリス」が2021年に一番売れたワケ
昨年の新車販売台数で、トヨタのヤリスがホンダのN−BOXを破りトップに輝いた。なぜヤリスはこれほど売れたのか? 元自動車専門誌編集長で、自動車研究家の山本シンヤ氏が解説する。* * *■ヴィッツとは別物になったヤリス山本 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会の発表があり、トヨタのヤリス(...
別窓で開く

良品廉価のハイブリッドでダイハツ「ロッキー」&トヨタ「ライズ」人気が再加速する
コンパクトSUVのダイハツ「ロッキー」とその兄弟車であるトヨタ「ライズ」に“シリーズ式”のハイブリッド仕様が追加された。シリーズ式のハイブリッドといえば、日産自動車の“e-POWER”が有名。...
別窓で開く

トヨタ「カローラクロス」はココがスゴい!広いキャビンと秀逸な走り味は小型SUVの新基準
正式発表前から、高い注目を集めていたトヨタの新しいSUV「カローラクロス」。前回は、主にポジショニングやライバルとの違い、海外向けとの作り分けなどについて紹介したが、後編となる今回は、気になる居住性や使い勝手、そして走りの印象についてレポートする。>>カローラクロスの立ち位置や海外仕様との違いはコチ...
別窓で開く

トヨタ「カローラクロス」はココがスゴい!日本仕様の装備や機能は海外向けより高レベル
トヨタの新しいSUV「カローラクロス」が、ついに日本でもリリースされた。ちょうどいいサイズ感と買い得感の高い価格設定などにより、早くも人気爆発中だ。今回は、人々の注目を集めるカローラクロスのポジショニング、技術、機能、そして気になる海外仕様との違いについて深掘りする。...
別窓で開く

トヨタ「ランドクルーザー」はココがスゴい!走りの実力は陸の巡洋艦にふさわしい完成度
フルモデルチェンジのニュースが流れると同時に、納車待ちの長い列が話題となったトヨタ「ランドクルーザー」。前回は、主に内外装デザインやパッケージングについて紹介したが、後編となる今回は、グレード体系や新グレードの内容、そして走りのフィーリングについて解説する。...
別窓で開く


[ ヤリスクロス ] の関連キーワード

ダイハツ カローラ ライズ ホンダ box
トヨタ ヤリス suv

<前へ12345次へ>