本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナで起こっている紛争の本質がわかるドキュメンタリー、8・6より全国順次公開
ウクライナで起こっている紛争の本質が見えてくる、今見るべき貴重なドキュメンタリー『ウクライナから平和を叫ぶ〜 Peace to You All 〜』(原題:Mir Vam/英題:Peace to You All)が、東京・渋谷のユーロスペースで8月6日より公開される(以降、全国で順次公開)。...
別窓で開く

「ウクライナ軍の成功が戦争をより暴力的な方向に向かわせる」エマニュエル・トッドが語った“この戦争が長期化する”理由
「ウクライナ軍が軍事的に成功すればするほど、ロシア軍はより強い武器を用いることになり、戦闘はいっそう激化していきます。実際、その傾向がすでに見られます。」 いまだ戦火のやまぬロシアのウクライナ侵攻に対して、仏の歴史人口学者、エマニュエル・トッド氏は何を思うのか? トッド氏の新刊『 第三次世界大戦はも...
別窓で開く

ウクライナによるジェノサイドの「真相」が明らかに—華字メディア
2022年6月8日、華字メディア・日本華僑報網は、「ロシアによるウクライナ侵攻前から現在に至るまで、クライナ東部のドンバス地域にてウクライナ側によるロシア系住民に対するジェノサイド(集団虐殺)が行われていた」と報じた。...
別窓で開く

2013年の「ユーロマイダン」から激化したウクライナの内部分裂
EUとの協定締結を取りやめた当時のウクライナ、ヤヌコーヴィチ政権。それに対して抗議の声を上げる市民たち。当初は、声を上げ旗を掲げて行進する平和的なデモだった。しかし、ウクライナ政府がその対応に機動隊を投入したことで、デモは過激な活動へと発展していく。なぜ、ウクライナ情勢は沈静化しなかったのだろうか。...
別窓で開く

ウクライナはなぜ「ロシアの全面侵攻」に備えていたのか?=韓国メディアのコラム
ロシアがウクライナに全面侵攻してから1か月が過ぎた。ウクライナでは2014年以降「ロシアによる全面侵攻の可能性」をひと時も忘れたことはない。その理由は何なのだろうか。まず、ウクライナは8年間「戦争中」であった。ロシア国民は「わがクリミアが祖国に戻ってきた一時的な事件」と思っているが、ウクライナ国民に...
別窓で開く

ウクライナ紙「対露戦の秘密兵器が送られてきた…通称ハリネズミ」「ロシアも予想不可」
ウクライナが対ロシア軍用の「秘密兵器」を用意していることが分かった。去る6日(現地時間)、現地メディアであるユーロマイダンプレスの公式Twitterには「ラトビアのボランティアたちがウクライナに2万個のヘッジホッグを送っている」という文章と写真を投稿した。鉄で作られた鋭いギザギザのハリネズミのような...
別窓で開く


<前へ1次へ>