本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



元SNH48のジュー・ジンイーが好演 『宮廷衛士の花嫁』愛と幸せを“自分で掴む”イマドキヒロインの魅力
近年、『夢織姫〜秘密の貴公子に恋をして〜』『国子監は花ざかり〜ロマンスは最高学府で〜』に見られるように、中国時代劇ドラマの女性キャラはどんどん進化。愛と幸せを自分の手で掴みにいく自立心と行動力のあるヒロインが次々と登場し、多くの視聴者に支持されている。...
別窓で開く

“4000年に1人の美女”ジュー・ジンイー&ツォン・シュンシー共演! 宮廷ラブロマンス『宮廷衛士の花嫁』DVDリリース
リケジョのお姫様と頼れる侍衛のカップルが人気を集めた宮廷ラブロマンス『宮廷衛士の花嫁』。かつてアイドルグループSNH48に在籍し日本でも“4000年に1人の美少女”と注目を集め、『トキメキ☆雲上(ユンシャン)学堂スキャンダル〜漂亮書生〜』『如意芳霏(にょいほうひ)〜夢紡ぐ恋の道〜』など主演作を次々と...
別窓で開く

〈「ポップUP!」後番組に抜擢〉“年収約2億円”バナナマン日村との結婚で最強のフリーアナに…元NHK・神田愛花42歳の逆転人生
 フジテレビは9月27日、情報バラエティ番組『ポップUP!』を年内で放送を終了させることを発表した。代わって、来年1月からは新番組『ぽかぽか』がスタート。MCをお笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気(36)と澤部佑(36)、フリーアナウンサーの神田愛花(42)が務めるという。 神田は2018年、お笑いコ...
別窓で開く

フジテレビ、採用基準の甘さを露呈? 元女子アナがまさかの理由で部署異動
フジテレビの元アナウンサーで今年6月に広報局に異動となった永尾亜子さんが今秋で同局を退社することを、一部スポーツ紙が報じた。 永尾さんは長崎大学の環境学科を卒業したリケジョで2016年に入社し、朝の情報番組「めざましテレビ」のエンタメキャスターなどを担当。異動したばかりにもかかわらず、現在は有給休暇...
別窓で開く

1日1分しかプレイできない『Minecraft』実況が人気MOD「黄昏の森」で再スタート!! 地道な積み重ねでラストダンジョン“最後の城”への到達を目指す
 今年8月、ニコニコ動画に投稿されている『一分強制終了マインクラフト』という動画シリーズをご紹介した。 この動画シリーズはタイトルにもある通り『Minecraft』のプレイ時間を1日1分に制限した縛りプレイ動画。 同シリーズではエンディングに到達することを目標にプレイが進められており、今年6月からお...
別窓で開く

夏休みの自由研究におすすめ!『ひるおび』で紹介された“おうちでサイエンス”
8月10日にTBSテレビ『ひるおび』で放送された「夏休み親子ウィーク」特集で、サイエンスエンターテイナーである五十嵐美樹先生が登場し、自由研究にも使えそうな実験が紹介された。■5分間「振るだけ」シャーベット五十嵐先生は、東京大学大学院修士課程修了のいわゆるリケジョで、現在は毎日のように全国各地を飛び...
別窓で開く

「リケジョと呼ばないで」動画で訴えたいこと トラウデン直美「この動画を作ったみなさんは本当にカッコイイ」
「現役の高校生が動画で『リケジョと呼ばないで』と訴えました。その理由とは?」と倉田大誠キャスターが切り出した。10日(2022年8月)の「めざまし8」は、ジェンダーバイアス(性別による無意識な思い込み)の改善を訴える高校生たちの取り組みを紹介した。NPO法人「ジェンダーイコール」が7月30日に公開し...
別窓で開く

“リケジョ”グラドル片瀬美月、スレンダーGカップボディ披露!『Keyframe Card』のデジタルカード登場、着用衣装がもらえるチャンスも
グラビアアイドルの片瀬美月が、6月6日よりデジタルカードサービス『Keyframe Card』の動画コンテンツ『SWEET ROOM』を発売した。 『Keyframe Card』とは、アニメや映画、スポーツ、コンサート等の映像のワンシーンをデジタルカードとして販売するサービス。...
別窓で開く

"なにわのブラックダイヤモンド"もビキニ姿を披露! アイドルウォッチャー・北川のイベントレポート【2022年4月:パート1】
グラビアアイドルが、イメージDVDや写真集などを発売した際に行なうリリースイベント。毎月多くのイベントが開催されており、週末ともなると1日に何人ものグラドルが行なっている。そんなリリースイベントに長年通い続けているのが、アイドルウォッチャーの北川昌弘氏だ。1年間に顔を出すイベントの数は、なんと500...
別窓で開く

【リケジョ学費比較】東京女子大・津田塾・日本女子大【理系】4年間の学費はいくらか
− 子育て費用・教育費研究シリーズ −お子さんの教育費をトータルで考えたとき、もっとも負担が大きいのが「大学進学」にかかる費用ではないでしょうか。乳幼児の頃から、学資保険などを活用して準備を進めてこられた方も多かったはず。ところが、超低金利状態が続くいま、学資保険の返戻率も低下しています。...
別窓で開く


<前へ12次へ>