本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



◆275馬力の“R”付きレヴォーグスバルのレヴォーグと言えば、北米市場のニーズに応えて肥大化するレガシィの後釜として開発されたツーリングワゴン。現行は2代目で、ボディサイズは全長4755㎜、全幅1795㎜、全高1500㎜。もちろん立体駐車場にも入る。そんなレヴォーグに、275馬力のエンジンを搭載する...
別窓で開く

30車種以上で泊まったライターが選ぶ車中泊向きのクルマ10選
近年、旅のスタイルのひとつとして、またキャンプのようなアウトドアアクティビティとして地位を確立しつつある車中泊。最近は、クルマを買い換える際に車中泊ができるかどうかを選択の基準にするユーザーも増えているようです。では、どんな車種が車中泊しやすいのか? これまで取材やプライベートで30台以上の車種で車...
別窓で開く

SUBARU株5.9%安...背景に主力車の一時出荷停止、業績への影響懸念
SUBARUの株価が2022年4月15日の東京株式市場で一時、前日終値比109円(5.9%)安の1739円まで値を下げた。SUBARUの工場のある群馬県の地元紙、上毛新聞などが「エンジン不具合のため、国内で主力3車種の販売と出荷を停止している」と報じたことを受けたもので、今後の業績への悪影響を懸念す...
別窓で開く

雪上試乗で確信できたスバル初となる市販EV「ソルテラ」のスバル車“らしさ”
「ソルテラ」はスバルらしいクルマになっているのか? はじめて触れるソルテラの、何より注目したい部分はそこだ。ソルテラとは、スバル初となる専用の車体設計で作られた市販EV(電気自動車)のこと。この夏ともいわれている市販を前にプロタイプ(試作車)に試乗する機会を得たのだが、まず驚いたのはその試乗ステージ...
別窓で開く

ヤリスやレヴォーグの生産に影響あるか。マツダが寒波で工場停止
新型コロナウイルスの蔓延が継続する中、多くの業種が影響を受けています。自動車業界もそのひとつです。さらに、北米では寒波も起こりました。今回はこれらについて内容をご説明します。■マツダが北米寒波を受けて工場停止マツダ(7261)は2022年2月4日、北米東部における寒波の影響で部の部品調達に支障が出る...
別窓で開く

新しい「ノア」「ヴォクシー」はココがスゴい!トヨタ初が目白押しの先進の飛び道具が満載
トヨタのミッドサイズミニバン「ノア」と「ヴォクシー」が8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。注目の新型は、あらゆる装備にトヨタの最新フェーズが導入された意欲作。今回は、走りをつかさどるプラットフォームやパワートレーン、そして先進安全装備などにフォーカスする。...
別窓で開く

顔が変わったスバル新型「フォレスター」実はアイサイトなど中身も大幅進化していた
キャンパーやアウトドアズマンたちから人気のSUV、スバル「フォレスター」が、毎年恒例の“年次改良”を受けた。最新モデルのポイントは、なんといってもフロントマスクの刷新。とはいえその中身も、実は驚きの進化を遂げていた。■3度目の改良でD型フォレスターへと進化「フォレスターが進化した」と書けば、「またか...
別窓で開く

2.4リッター版スバル「レヴォーグ」は体感的な加速と速さ、そして乗りやすさが抜群です
2020年10月のフルモデルチェンジで2代目へと進化したスバルのスポーツワゴン「レヴォーグ」のラインナップに、先頃2.4リッターのターボエンジンが加わった。初代に設定された2リッターターボと比べてパワー、トルクともにスペックダウンしているものの、体感的な加速や速さ、そして乗りやすさがハイレベル。...
別窓で開く

スバル「WRX」はココがスゴい!黒フェンダーが新鮮な新型は走りの洗練度がケタ外れ
スバルのスポーツセダン「WRX」がフルモデルチェンジ。新型はなんといっても、SUVを想起させる黒いオーバーフェンダーが目を見張る。しかしコレ、単なる見た目のインパクト狙いではなく、洗練された走りを具現するために欠かせない重要なパーツだったのだ。このように、新型には走行性能を高めるためのこだわりが満載...
別窓で開く

スバル新型「WRX S4」にクルマ好きザワつく 樹脂フェンダーのアグレッシブセダン
スバルの新型「WRX S4」が発表されました。いまとなっては貴重なスポーツセダン、SNSではクルマ好きから様々な反応が寄せられています。排気量アップの新エンジン搭載「WRX S4」 スバルが2021年11月25日(木)、新型「WRX S4」日本仕様を発表、いまでは貴重なスポーツセダンの新型に、SNS...
別窓で開く


[ レヴォーグ ] の関連キーワード

subaru フォレスタ ヴォクシ スバル マツダ
トヨタ wrx

<前へ12345次へ>