本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



最新アウトバックは、伸びやかなサイズに最新メカニズムを搭載。最上級モデルとして快適性と走りを追求した。エンジンは直噴1.8Lターボ。駆動方式は4WDである。■堂々たる佇まい走りの実力もハイレベル レガシィ・アウトバックは、いまやSUBARU(スバル)のフラッグシップだ。新型のボディサイズは全長×全幅...
別窓で開く

〈写真多数〉“フェラーリ”に“萌えキャラ”をプリント、 カスタムが原因で家族と喧嘩することも…痛車オーナーたちの意外な素顔とは
 3月27日、日本最大級の痛車イベント「お台場痛車天国2022 RETURNS(主催:痛車天国イベント事務局)」が開催された。 お台場の野外特設会場に、「萌えキャラ」などのペイントを施した車両およそ1000台が集結。アイドルのステージやコスプレイヤーの撮影も行われる「痛車の祭典」が、3年ぶりにお台場...
別窓で開く

—[道路交通ジャーナリスト清水草一]— ◆時の流れに身をまかせ…… ちょっと前までは、デカくて幅が広いクルマは日本では不人気でした。言わずもがな日本は国土が狭いですからね。 だからこそ、レガシィのように進化とともに大型化していったクルマは、(国内では)ファン離れが加速。その姿を消しました。時は流れ、...
別窓で開く

世界に誇るスポーツセダンが8年ぶりにフルチェン! 最速サーキット試乗&開発トップ直撃!!「WRXはスバルのダークサイドです」
11月25日、スバルの新型WRXが国内デビューした! 気になるエンジンはこれまでの2リットルターボから2.4リットルターボに変更。そこで、自動車ジャーナリストの小沢コージ氏がサーキット場で限界走行をブチカマして徹底チェック。...
別窓で開く

ペアの組み合わせも間違えない!ウマ娘の「ウマ」がクルマ整備に活躍
 大人気となっているスマホゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」。ゲーム以外にアニメやライブなど、さまざまな分野に進出していますが、ウマ娘のモデルとなった実際の馬以外にも、世の中には「ウマ」の通称で呼ばれるものが存在します。クルマの整備に使われる「ウマ」に、ウマ娘の名をつけた実用的なアイデアもあるよう...
別窓で開く

実力はSUVに負けない!VW「パサートオールトラック」は悪路に強いクロスオーバーワゴン
ステーションワゴンとSUVの美点を併せ持つVW(フォルクスワーゲン)のクロスオーバーモデル「パサート オールトラック」がマイナーチェンジ。ステーションワゴン版の「パサート ヴァリアント」の車高を上げ、2リッターのディーゼルターボと“4モーション”こと4WDシステムを組み合わせたこのクロスオーバーモデ...
別窓で開く

スバル、新型「レガシィ アウトバック」の日本仕様を初公開 10月に正式発表
 スバルは2日、1995年の発売以来、乗用車とSUVを掛け合わせたクロスオーバーSUVとして根強い人気を誇る「レガシィ アウトバック」の新型(日本仕様)を国内初公開した。今回の発表に伴い、先行予約も開始。正式発表は10月7日を予定している。グレードはオールマイティに価値を磨き上げた「Limited ...
別窓で開く

「日本でも売って!」の声多数  改良フォレスター&新型アウトバック“ウィルダネス”に熱視線
フォレスターの大幅改良、そして新型レガシィ アウトバック発表と、SUVで攻勢をかけるスバル。ただファンは、その2車種に北米で設定されたカスタムモデルに注目。「日本でも売って!」の声が多数上がっています。新型アウトバック発表…「ウィルダネスないの?」 2021年8月に「フォレスター」の大幅改良モデルを...
別窓で開く

スバル新型「アウトバック」初公開! 7年ぶり刷新で安全装備など進化
先行予約が始まりました。先行予約受付を開始 スバルは2021年9月2日(木)、クロスオーバーSUVの新型「レガシィアウトバック」の日本仕様を初公開。あわせて10月7日(木)の発売に先駆けて先行予約受付を開始したと発表しました。...
別窓で開く

SUV全盛の今だからこそ、あえて乗りたいちょい古ワゴン5選
日本カー・オブ・ザ・イヤー2020-2021をチェックすると、33のノミネート車のうちなんと20モデルが広義の意味でSUVに(1エントリーで複数車種がある中にSUVが含まれるものもカウント)。ニューモデルの半数以上がクロスオーバーモデルを含んだSUVという時代。これは、日本はもちろん世界中で多くの支...
別窓で開く



<前へ123次へ>