本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



セルジオ越後が南野にエール「選手はプレーしてなんぼ。南野のモナコ移籍は前向きなチャレンジだ」
なんといっても今年はW杯イヤーだし、前向きな決断だと思う。リバプールに所属していた南野のモナコへの移籍が決まった。欧州でも指折りのビッグクラブであるリバプールに加入したのは2020年1月。それからもう2年半がたつ。スター選手だらけのチームにあって、なかなか出場機会を得られず、21年にはサウサンプトン...
別窓で開く

アジア人選手の「市場価値トップ10」が発表! 韓国代表ソン・フンミンが断トツ、最多4人がランクインした日本人トップの冨安は何位?
 ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が6月26日、アジア出身選手の「推定市場価格トップ10」を発表した。 この「推定市場価格」は、選手の能力や実績、年齢、過去の移籍例などを総合的に判断して弾き出される評価額で、移籍マーケットにおける“市場価値”を示す指標とし...
別窓で開く

南野拓実、新たな移籍先候補に伊クラブが浮上と現地報道。一方リバプールからは慰留の可能性が!?「時々プレーするのがクロップの理想」
リバプールは現地時間5月22日に行なわれたプレミアリーグ最終節で、ウォルバーハンプトンを3-1で下したが、首位マンチェスター・シティも勝利を飾った(アストン・ビラに3-2)ため、勝点1差で下回って、2シーズンぶりの優勝、そして「4冠」を逃した。...
別窓で開く

エムバペのパリSG残留に各方面の反応は!? マドリーの怒り、ライバルの嘲笑、そして新たな照準も——。
レアル・マドリー加入が目前とされていたキリアン・エムバペが、一転してパリ・サンジェルマンとの契約を3年間延長したのは、世界に大きな驚きを与えるとともに、小さくない物議を醸した。【動画】笑顔の決定! アル・ケライフィ会長と残留を発表するエムバペ「皆さんとともにタイトルを獲得していきたい」 パリSGの公...
別窓で開く

ピルロやオーウェンなど粒揃い!「1979年生まれ」でベスト11を組むと?
 生年ごとにベスト11を選んで「最強世代」を見つけ出すのが、『ワールドサッカーダイジェスト』誌で好評連載中の「年代別ベスト11」だ。第20回目は「1979年生まれ」を紹介する。 この世代のいわば顔と呼べるのがレジスタのピルロだ。視野の広さ、キープ力、展開力、プレースキックのクオリティーまで、そのすべ...
別窓で開く

イブラやエトー、カシージャスなどレジェンド揃い!「1981年生まれ」でベスト11を組むと?
 生年ごとにベスト11を選んで「最強世代」を見つけ出すのが、『ワールドサッカーダイジェスト』誌で好評連載中の「年代別ベスト11」だ。その19回目は「1981年生まれ」を紹介する。 世界のフットボール史に名を残すワールドクラスが揃った「最強世代」のひとつだろう。...
別窓で開く

C・ロナウドら大物を顧客に持ち、クラブの「コンサル」も…代理人メンデスはどう大金を稼ぐ?
 一時期と比べればその名前がメディアに出る機会は減ったものの、ジョルジュ・メンデスは今なおミーノ・ライオラ、ファリ・ラマダーニ、ピニ・ザハビと並んで欧州サッカーに最も大きな影響力を行使する代理人/仲介人の1人だ。  2010年から10年連続で『グローバル・サッカー・アワード』の「年間最優秀...
別窓で開く


<前へ1次へ>