本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「勝者としてローマを去った」ムヒタリアンの移籍で中田英寿に再脚光!「最初の会見でファルカンを知らないと…」
 7月2日、インテルは2021-22シーズンでローマとの契約が満了したヘンリク・ムヒタリアンが加入したことを発表した。 ドルトムント、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルでプレーしたムヒタリアンは、2019年夏にローマに移籍。計3シーズン在籍し、2021-22シーズンは欧州カンファレンスリーグ優...
別窓で開く

「アジアのベッカムと呼ばれたファンタジスタ」中田英寿を伊メディアが回想!「圧倒的に周囲を驚かせた」こととは?
 一部の例外を除き、プロサッカー選手のキャリアは決して長くない。そして引退後のほうが人生は長いことがほとんどだ。ユニホームを脱いでからもサッカー界で仕事する人もいれば、まったく異なる分野での活動を選ぶ人もいる。 元日本代表の中田英寿氏は、後者のひとりだ。...
別窓で開く

“闘将”から“フェノーメノ”まで…伊メディアが選んだブラジル人選手ベストイレブンが話題に!
 セリエAではこれまで、世界中から名選手たちが集いプレーしてきた。なかでも、イタリアで名を挙げて世界的な名手となったり、輝かしいキャリアを引っさげてイタリアにやってきたブラジル人選手は数多く存在する。イタリアメディア『フットボールイタリア』は13日に、1970年以降同リーグでプレーしたブラジル人選手...
別窓で開く

「サッカーが嫌いに…」「物凄く辛かった」7か月で終焉したファルカンJAPANの真相【名勝負の後日談】
 暗中模索の代表監督選考は、いくつもの矛盾や疑問符を生み出した。「ドーハの悲劇」を経てJFA(日本サッカー協会)の強化委員会は「(ハンス)オフトでも修羅場の経験が不足していた」と総括し、後任に据えたのが1982年スペイン・ワールドカップで活躍したブラジルが誇る黄金のカルテットのひとり、ファルカンだっ...
別窓で開く

神戸を変えたイニエスタはジーコのような存在…ふたりの様々な共通点とは
 1995年の船出から四半世紀を迎えた今、神戸は大きな変革の渦中にある。長年にわたって受け継がれてきた堅守速攻スタイルから脱却し、自らボールを握るポゼッションサッカーへの移行という挑戦。その中心にいたのは、元スペイン代表のアンドレス・イニエスタである。 今まで神戸には数々のスーパースターが在籍し、そ...
別窓で開く

【名勝負の後日談】「ジーコの技は誰にも止められない」82W杯、ブラジル最高傑作のチームはなぜ敗れたのか?<後編>
 歴史に残る名勝負、名シーンには興味深い後日談がある。舞台裏を知る関係者たちが明かしたあの日のエピソード、その後の顛末に迫る。(文:加部 究/スポーツライター)——◆——◆—— 1982年7月5日、スペイン・ワールドカップで絶対の本命と見られたブラジルは、イタリアの挑戦を受けた。そして開始4分、呆気...
別窓で開く

【名勝負の後日談】82W杯、ブラジル最高傑作のチームはなぜ敗れたのか——イタリア側の視点<前編>
 歴史に残る名勝負、名シーンには興味深い後日談がある。舞台裏を知る関係者たちが明かしたあの日のエピソード、その後の顛末に迫る。(文:加部 究/スポーツライター)——◆——◆—— 6年前、ブラジル・ワールドカップの取材中に、デパートでポロシャツフェアが開かれていた。...
別窓で開く


<前へ1次へ>