本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「僕は戻ってきたんだ」“鉄人”ドネアが井上尚弥戦からの再起に意欲! スーパーフライ級で対戦したい2人とは?
屈辱の敗戦から早くも“フィリピンの閃光”が再起を狙っている。ボクシング元世界5階級制覇のノニト・ドネア(フィリピン)だ。【動画】渾身の左フックを被弾! 世界が驚いた井上尚弥戦でのドネアをチェック 去る6月7日には、さいたまスーパーアリーナで行なわれた井上尚弥(大橋)とのWBA...
別窓で開く

井上尚弥に敗北のドネア、Sフライ級で「真の5階級制覇」へ 標的はロマゴン...父「打ち負かせる」
プロボクシング元世界5階級制覇のノニト・ドネア(フィリピン、39)が「真」の世界5階級制覇に向け展望を明かした。米スポーツメディア「SBNATION」(WEB版)が2022年8月18日、インタビュー記事を公開した。...
別窓で開く

いざ、現役続行へ!ドネアが井上尚弥戦の秒殺TKO負けから「次はイオカと闘いたい」と“再起”を誓う「本当にいい試合になる」
負けたままでは終われない——。39歳のレジェンドが現役続行の意欲を示した。元ボクシング世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)だ。 今夏に行なわれた大一番で彼が敗れたのは、もはや周知の通りだ。今年6月7日にさいたまスーパーアリーナで行なわれた井上尚弥(大橋)とのWBA、WBC、IBF世界バンタ...
別窓で開く

カシメロは「魅力がない」と糾弾! 英誌が井上尚弥を“倒す可能性がある5人”を分析。「リスクを冒す価値がある」相手とは?
日本人史上初となる世界3団体統一王者となった井上尚弥(大橋)。29歳で最盛期を迎える彼のプロキャリア戦績は23戦無敗(20KO)と、文字通り敵なしの強さを誇っている。 去る6月7日に行なわれたWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王座統一戦でも、“フィリピンの閃光”ノニ...
別窓で開く

村田諒太と同じ舞台で防衛戦。「ネクスト井上尚弥」中谷潤人とは!?
4月9日(土)、WBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太(帝拳ジム)が、ⅠBF同級王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)と対決する統一戦は「日本ボクシング史上最大の一戦」と称されてしかるべきだろう。ゴロフキンの知名度と評価の高さから、日本のみならず世界的に注目を集めている。...
別窓で開く

【おすすめハーブ5選】室内で栽培するには?育て方のコツを解説
越冬できる多年草ハーブは毎年育てることができるのが楽しみのひとつですが、冬越しができるとはいえ、寒さのために葉を落としてしまうこともよくあります。枯れてさえいなければ春には再び芽吹くのですが、できれば一年中元気な姿を楽しみたいものです。冬でもハーブ栽培を楽しむなら、室内でハーブを育ててみませんか?室...
別窓で開く

「僕ってマフィアっぽくないだろ?(笑)」忘れられない“親日家”の元イタリア代表の言葉。タトゥーの扱いはどうあるべきか
 タトゥーの在り方が問われる騒動が起きている。事の発端となったのは、昨年の大晦日、井岡一翔が田中恒成とのWBO世界スーパーフライ級王者決定戦だ。 試合は井岡が8回途中TKOで制し、2度目の防衛に成功したのだが、この一戦から5日経過した1月5日に左腕のタトゥーを隠さずリングへ上がったチャンピオンにルー...
別窓で開く


<前へ1次へ>