本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



接触確認アプリ「COCOA」は機能停止へ ほか【中島由弘の「いま知っておくべき5つのニュース」2022/9/8〜9/15】
eHrach/Shutterstock.com 1. 接触確認アプリ「COCOA」は機能停止へ  新型コロナウイルス感染症が広がり始めた2020年半ばにリリースさ...
別窓で開く

日本政府に関連するウェブサービスにサイバー攻撃か ほか【中島由弘の「いま知っておくべき5つのニュース」2022/9/1〜9/8】
eHrach/Shutterstock.com 1.[イベントカレンダー]秋のリアルイベントが再開  秋に向けて、大規模展示会のスケジュールが発表されてきている。...
別窓で開く

ソフトバンク機密漏洩事件でわかったロシア通商代表部の闇 元公安警察官の証言
 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、“スパイの巣窟...
別窓で開く

【日経平均株価】2万7000円台回復で中期的な下降トレンド終了か
■日経平均株価は2万7000円台を回復、2カ月ぶりの高値圏出所:日本経済新聞社2022年6月3日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日比347円69銭高の2万7761円57銭でした。4月5日以来およそ2カ月ぶりの高値水準です。前日に米株式相場が上昇したことから、日本株も買われる展開となりました...
別窓で開く

離農も進むけれど...ダイヤモンド「儲かる農業」、東洋経済「エネルギー戦争」、エコノミスト「超円安」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■豪農化する農業法人と赤字転落危機の農協「週刊ダイヤモンド」(2022年5月28日号)「...
別窓で開く

【日経平均株価】プロがチャート分析で今週を予想。金融引き締め受け米株軟調だが、日本株は底堅いか
■1. 日経平均株価は一時2万6000円を割り込む出所:日本経済新聞社2022年5月13日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日比678円93銭高の2万6427円65銭でした。12日には終値ベースで2万6000円を割り込みました。ソフトバンクグループ、ファーストリテイリングなどの値がさ株の下落...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■ロシアの中に、ウクライナが隠れている「週刊東洋経済」(2022年5月14日号)「週刊東...
別窓で開く

【日経平均株価】今週の節目はいくらか?FRBが利上げ決定、投資マネーはどこに向かうのか
■1. 日経平均株価は2週間ぶりに2万7000円台を回復出所:日本経済新聞社2022年5月6日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前営業日比185円03銭高の2万7003円56銭でした。終値ベースで2万7000円台となったのは、2022年4月22日以来2週間ぶりです。円安基調が続いていることから...
別窓で開く

日本電産→「ニデック」に社名変更、永守重信氏がCEO復帰...短期的に指揮、業績改善目指す カリスマの「後継者」問題も振出しに
カリスマ経営者として知られる世界的モーターメーカー、日本電産の創業者である永守重信会長(77)が最高経営責任者(CEO)に復帰した。約10か月前に後継含みで関潤社長(60)にCEOの座を譲っていたが、永守氏の復帰で、「ポスト永守」は振出しに戻った。■永守氏「今の株価は耐えられない水準」2022年4月...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■改革が骨抜きになった東証再編「週刊東洋経済」(2022年4月9日号)2022年4月4日...
別窓で開く


<前へ12次へ>