本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



石油連動GDPで波に乗ったプーチンが仕掛けるハイブリッドな戦い
今年の2月から始まった、ロシアによるウクライナ侵攻。市民にも大きな被害を及ぼしており、一刻も早い解決が望まれるが、多くのメディアが“ロシアは軍事的な劣勢に陥っている”と伝えている。刻一刻と変わっていく戦況であるが、なぜこんなにも世界中から非難を浴びながらも、プーチン大統領はウクライナ侵攻へと進んでい...
別窓で開く

“住民投票によるウクライナ4州支配” その裏にあるロシアの「ジョージアでの成功体験」
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が9月29日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。住民投票により賛成多数を得たと主張し、ロシアへの併合を申請した親ロシア派支配のウクライナ4州について解説した。...
別窓で開く

露軍参戦の南オセチア軍300名が離脱 「初の集団反逆に」海外報道
親ロシアの南オセチア軍兵士数百名人が戦場を離脱し自国に帰ったようだ。英タイムズが31日(現地時間)に報じている。報道によると、エドゥアルド・ココイトゥイ南オセチア前大統領は、ロシアのウクライナ侵攻に参加した自国兵士のうち300人の帰還事実を認めた。タイムズはこれは今回の戦争において「初の集団反逆にな...
別窓で開く

駐日ジョージア大使が語った「ロシアの手口」(モーニングショー)
激化するロシアのウクライナ侵攻だが、29日(2022年3月)の「モーニングショー」は、14年前の2008年にウクライナと同じようにロシアの侵攻を受けたジョージアに注目。駐日大使のティムラズ・レジャバさんに侵攻の経緯や当時の状況、さらには国民が今どう感じているかなどについて、生中継で詳しい話を聞いた。...
別窓で開く

「ノーベル平和賞」狙いで広島・長崎を訪問するな! バッハ会長らのパフォーマンスに被爆者たちが激怒
「平和の祭典」のアピールには、広島と長崎の被爆地を訪問するのが一番わかりやすいというわけか——。東京五輪・パラリンピックのために来日するIOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長が広島訪問を希望している。コーツ副会長も長崎訪問を計画しているという。被爆者たちからは「パフォーマンスのために私たちを利...
別窓で開く


<前へ1次へ>