本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



石油連動GDPで波に乗ったプーチンが仕掛けるハイブリッドな戦い
今年の2月から始まった、ロシアによるウクライナ侵攻。市民にも大きな被害を及ぼしており、一刻も早い解決が望まれるが、多くのメディアが“ロシアは軍事的な劣勢に陥っている”と伝えている。刻一刻と変わっていく戦況であるが、なぜこんなにも世界中から非難を浴びながらも、プーチン大統領はウクライナ侵攻へと進んでい...
別窓で開く

ウクライナ現地レポ「カミカゼドローンはバイクのエンジン音のようだった」
ウクライナの首都はどこかと聞かれれば、「キエフ」と答える人も多いのではないか。キエフという発音はロシア語のため、「キーフ」というウクライナ語の発音に訂正されたという話を、どこかで読んだことのある人もいるかもしれない。よく似た話で、かつて「グルジア」と呼ばれていた国が「ジョージア」と国名を変えた例があ...
別窓で開く

ウクライナがサイバー攻撃大国ロシアとの「プロパガンダ戦」を有利に進められたわけ
開戦から100日を超え、いまだ出口の見えないウクライナ問題。ロシアとウクライナの戦争を通じてあらためて印象づけられたのが、サイバー攻撃や両陣営のプロパガンダ合戦といった「情報を巡る戦い」の重要性だ。...
別窓で開く

北海道で土地を爆買いしている中国人が北部には手を出さない理由
北海道で土地を爆買いしている中国人が、なぜか北部の土地には手を出していない。それは「ロシア軍が北海道に侵攻する可能性があるからだ」——まことしやかに囁かれる怖い話がある。中国そして中国人の裏のウラまで知り尽くした石平氏と、米国の政治学者エルドリッヂ氏が精魂を込めて語り合った「日本のための防衛論」。...
別窓で開く

“黒海でロシア艦隊撃滅”の先にあるもの ウクライナが決して譲れないワケ 長期化必至か
海軍戦力を喪失しているウクライナ軍は、今のところミサイルやドローンでロシア黒海艦隊の戦力を減殺中です。黒海北西部で進行するこれらの戦闘に注目してみると、戦争の長期化が現実味を帯びてきます。ロシア海軍にとって重要な黒海の位置づけ ロシア軍によるウクライナ侵攻が開始されて以降、ロシア海軍の艦船が相次いで...
別窓で開く

プーチン大統領が「理解不足」によって犯したウクライナ侵攻の大きな失敗
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が4月8日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。G7がロシアに対する追加制裁を行う方針を発表したことを受け、ウクライナ情勢の今後について解説した。...
別窓で開く

駐日ジョージア大使が語った「ロシアの手口」(モーニングショー)
激化するロシアのウクライナ侵攻だが、29日(2022年3月)の「モーニングショー」は、14年前の2008年にウクライナと同じようにロシアの侵攻を受けたジョージアに注目。駐日大使のティムラズ・レジャバさんに侵攻の経緯や当時の状況、さらには国民が今どう感じているかなどについて、生中継で詳しい話を聞いた。...
別窓で開く

ウクライナ避難民の現状と課題 玉川徹「日本でも10万人単位の受け入れ用意を」
ロシア軍の進攻により、ウクライナからは280万人の避難民が国外へと脱出している。15日(2022年3月)の「モーニングショー」ではポーランドからの中継を交えながら現状を伝えた。■ポーランドの受け入れ態勢避難民の多くが向かうのは隣国ポーランド。ウクライナと文化や言語が近く、同じスラブ系で国土の一部がソ...
別窓で開く

「偽情報」があふれるロシア ウクライナ侵攻 〜対策・戦略のできていない日本の危なさ
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月1日放送)に東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠が出演。米IT大手がウクライナ情勢をめぐる偽ニュースやプロパガンダ拡散防止対策の強化に乗り出したというニュースについて解説した。...
別窓で開く


<前へ1次へ>