本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシア・ピアニズムの王道を堪能する 〜エリソ・ヴィルサラーゼ ピアノ・リサイタル〜
リヒテルやギレリスなど、多くの優れたピアニストを輩出してきたロシアの優れたピアノ教育“ロシア・ピアニズム”の正当な後継者と讃えられるエリソ・ヴィルサラーゼのコンサートが目前だ(2022年11月26日:すみだトリフォニーホール)。彼女自身、名ピアニストにして名教師であることは、ヴィルサラーゼに師事する...
別窓で開く

石油連動GDPで波に乗ったプーチンが仕掛けるハイブリッドな戦い
今年の2月から始まった、ロシアによるウクライナ侵攻。市民にも大きな被害を及ぼしており、一刻も早い解決が望まれるが、多くのメディアが“ロシアは軍事的な劣勢に陥っている”と伝えている。刻一刻と変わっていく戦況であるが、なぜこんなにも世界中から非難を浴びながらも、プーチン大統領はウクライナ侵攻へと進んでい...
別窓で開く

ウクライナ現地レポ「カミカゼドローンはバイクのエンジン音のようだった」
ウクライナの首都はどこかと聞かれれば、「キエフ」と答える人も多いのではないか。キエフという発音はロシア語のため、「キーフ」というウクライナ語の発音に訂正されたという話を、どこかで読んだことのある人もいるかもしれない。よく似た話で、かつて「グルジア」と呼ばれていた国が「ジョージア」と国名を変えた例があ...
別窓で開く

“住民投票によるウクライナ4州支配” その裏にあるロシアの「ジョージアでの成功体験」
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が9月29日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。住民投票により賛成多数を得たと主張し、ロシアへの併合を申請した親ロシア派支配のウクライナ4州について解説した。...
別窓で開く

駐日ジョージア大使 / ネット上でグルジアが出るたびに魔封波で封印したい気持ちになる
駐日ジョージア大使のティムラズ・レジャバさんは、インターネット上に「グルジア」という言葉が出るたびに、人気漫画『ドラゴンボール』の亀仙人の必殺技・魔封波で「グルジア」という言葉を封じたくなる気分になるようである。命が危機的状態になるほど体力を消耗魔封波という技は、どんなに強敵でも炊飯器や容器などに封...
別窓で開く

北海道で土地を爆買いしている中国人が北部には手を出さない理由
北海道で土地を爆買いしている中国人が、なぜか北部の土地には手を出していない。それは「ロシア軍が北海道に侵攻する可能性があるからだ」——まことしやかに囁かれる怖い話がある。中国そして中国人の裏のウラまで知り尽くした石平氏と、米国の政治学者エルドリッヂ氏が精魂を込めて語り合った「日本のための防衛論」。...
別窓で開く

露軍参戦の南オセチア軍300名が離脱 「初の集団反逆に」海外報道
親ロシアの南オセチア軍兵士数百名人が戦場を離脱し自国に帰ったようだ。英タイムズが31日(現地時間)に報じている。報道によると、エドゥアルド・ココイトゥイ南オセチア前大統領は、ロシアのウクライナ侵攻に参加した自国兵士のうち300人の帰還事実を認めた。タイムズはこれは今回の戦争において「初の集団反逆にな...
別窓で開く

ロシア=ウォッカは誤解!? ロシア人に聞いてわかった本場の酒飲み事情
ツアールスカヤ、サンクトペテルブルクのラドカなどロシアで人気のウオッカ | 食楽web 日本のロシア料理は本場とどれぐらい違うのか!? をロシア人にぶっちゃけてもらおうという本企画。前回の食事編では、白いビーフストロガノフや多彩なピロシキなど、あまり日本では知られていなかったロシアの食文化をお伝えし...
別窓で開く

「ノーベル平和賞」狙いで広島・長崎を訪問するな! バッハ会長らのパフォーマンスに被爆者たちが激怒
「平和の祭典」のアピールには、広島と長崎の被爆地を訪問するのが一番わかりやすいというわけか——。東京五輪・パラリンピックのために来日するIOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長が広島訪問を希望している。コーツ副会長も長崎訪問を計画しているという。被爆者たちからは「パフォーマンスのために私たちを利...
別窓で開く


<前へ1次へ>