本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ひとりでも大満足!丸の内のディナー3選
◆ひとりでも大満足!丸の内エリアのディナー3選|本場仕込みのロシア料理店やパッタイ専門店もグローバル業態のレストランがあつまる丸の内エリア。今回は、丸の内でディナーをひとりでも気軽に楽しめるディナーを3店舗ピックアップ。...
別窓で開く

ロシア・ピアニズムの王道を堪能する 〜エリソ・ヴィルサラーゼ ピアノ・リサイタル〜
リヒテルやギレリスなど、多くの優れたピアニストを輩出してきたロシアの優れたピアノ教育“ロシア・ピアニズム”の正当な後継者と讃えられるエリソ・ヴィルサラーゼのコンサートが目前だ(2022年11月26日:すみだトリフォニーホール)。彼女自身、名ピアニストにして名教師であることは、ヴィルサラーゼに師事する...
別窓で開く

GPファイナルの3枠を争うNHK杯女子フィギュア。坂本花織が最有力で渡辺倫果、住吉りをんは食い込めるか
4戦中3戦で日本勢が優勝 今季はロシア勢の国際大会出場停止で、競技としては少し寂しい状況になっている女子フィギュアスケート。そのなかで日本勢とグランプリ(GP)ファイナル進出(上位6選手が出場)を争う勢力になるかと思われていた韓国勢がやや不振。これまでのGPシリーズ4大会で日本選手の優勝者が3人(坂...
別窓で開く

大野和士が新国立劇場《ボリス・ゴドゥノフ》を語る ──人間の内面を巧みに描く、天才ムソルグスキーの大傑作
11月15日(火) に初日を迎える新国立劇場のムソルグスキーのオペラ《ボリス・ゴドゥノフ》新演出初演。直前の稽古の合間を縫って、公演を指揮する大野和士芸術監督に話を聞くことができた。「ムソルグスキー畢生の大作。私はムソルグスキーは不世出の大天才と言っていいと思っています。それはたとえばショスタコーヴ...
別窓で開く

民主党善戦の要因となった「チケットスプリッタ—」「チケットスキッパー」の存在 米中間選挙
東京大学先端科学技術研究センター特任講師の井形彬が11月11日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。11月8日に投票が行われ、開票作業が続く米中間選挙について解説した。就任式で宣誓後、手を振るバイデン米新大統領=2021年1月20日、ワシントンの連邦議会議事堂(ロイター=共同)...
別窓で開く

石油連動GDPで波に乗ったプーチンが仕掛けるハイブリッドな戦い
今年の2月から始まった、ロシアによるウクライナ侵攻。市民にも大きな被害を及ぼしており、一刻も早い解決が望まれるが、多くのメディアが“ロシアは軍事的な劣勢に陥っている”と伝えている。刻一刻と変わっていく戦況であるが、なぜこんなにも世界中から非難を浴びながらも、プーチン大統領はウクライナ侵攻へと進んでい...
別窓で開く

ナポリの”新星”クヴァラツヘリア、プレミア強豪2クラブから関心か…今季ここまで8G10A
ナポリに所属するジョージア代表FWフヴィチャ・クヴァラツヘリアに対し、プレミアリーグの強豪2クラブが関心を寄せているようだ。2日、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。 現在21歳のクヴァラツヘリアはディナモ・トビリシ(ジョージア)の下部組織出身。...
別窓で開く

〈ロシアの苦境〉「動員は失敗する」徴兵逃れで指詰め、飛び降り、乱闘…プーチンの戦争の断末魔
〈ロシアの苦境〉核使用を要求するカディロフ首長はプーチン退陣ならロシア連邦を崩壊させる男 から続く 今年2月24日に始まったロシアによるウクライナ侵攻。開戦当初は、ロシアが短期間に勝利すると見られていたが、ウクライナは首都キーウを防衛し、ロシアは東部など一部地域の占領にとどまった。そして、9月に...
別窓で開く

DV容疑で起訴の元世界16位バシラシビリに無罪判決!「元妻による虚偽の告発は耐えがたいものでした」<SMASH>
現地10月21日、元妻へのDV(家庭内暴力)容疑で起訴されていた男子テニス元世界ランク16位のニコロズ・バシラシビリ(現93位)の裁判が母国ジョージアの首都トビリシ市で行なわれ、同選手の無罪が確定。評決後、バシラシビリは「公正な判決が下された」と喜びを語った。...
別窓で開く

ウクライナ現地レポ「カミカゼドローンはバイクのエンジン音のようだった」
ウクライナの首都はどこかと聞かれれば、「キエフ」と答える人も多いのではないか。キエフという発音はロシア語のため、「キーフ」というウクライナ語の発音に訂正されたという話を、どこかで読んだことのある人もいるかもしれない。よく似た話で、かつて「グルジア」と呼ばれていた国が「ジョージア」と国名を変えた例があ...
別窓で開く