本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「48時間以内に占領する」つもりだったが…ロシアが「小国のウクライナ」に苦戦する3つの軍事的理由
 2022年2月24日に開戦したロシア・ウクライナ戦争。当初はロシアよりも相対的に小国のウクライナが苦戦すると思いきや、今も善戦を続けている。 その理由を、同問題に詳しいロシア軍事の研究者の小泉悠氏の著書『 ウクライナ戦争 』より一部抜粋してお届けする。...
別窓で開く

ウクライナ情勢はさらに泥沼化へ プーチンはさらに窮地に追いやられる
昨年2月24日以降、国際政治は新たなプロローグを迎えることになった。ウクライナ侵攻以降、米国を主導に欧米諸国は一斉にロシアへの制裁措置を発動し、ウクライナへの軍事支援を強化するようになった。■昨年犯したプーチンの大失敗ウラジーミル・プーチン大統領は当初、首都キーウを軍事的に掌握し、ゼレンスキー政権を...
別窓で開く

石油連動GDPで波に乗ったプーチンが仕掛けるハイブリッドな戦い
今年の2月から始まった、ロシアによるウクライナ侵攻。市民にも大きな被害を及ぼしており、一刻も早い解決が望まれるが、多くのメディアが“ロシアは軍事的な劣勢に陥っている”と伝えている。刻一刻と変わっていく戦況であるが、なぜこんなにも世界中から非難を浴びながらも、プーチン大統領はウクライナ侵攻へと進んでい...
別窓で開く

ついにロシア国民が見限った!錯乱プーチンを引きずり下ろし後継者を用意する
 長引くロシアのウクライナ侵攻だが、プーチン大統領が限界にまで追い込まれているとの見方が広がっている。 9月21日に発表された「部分的動員」にロシア国内で非難の声が噴出し、ジョージアやフィンランドの国境付近はロシアから脱出する人々の車で大渋滞。さらに各地の徴兵事務所には火炎瓶が投げ込まれるなど、暴動...
別窓で開く

“住民投票によるウクライナ4州支配” その裏にあるロシアの「ジョージアでの成功体験」
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が9月29日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。住民投票により賛成多数を得たと主張し、ロシアへの併合を申請した親ロシア派支配のウクライナ4州について解説した。...
別窓で開く

ロシア動員令、「わが子に命を」抗議デモ国内39都市で めざまし8が伝えた異変の背景
司会の谷原章介が「ロシアのプーチン大統領が一部の国民の動員を発表したことを受け、国内に混乱が続いています」と切り出した。続けて、田中良幸リポーターが「隣国のジョージアとの国境付近では車の長い行列ができるなど、国外脱出の動きが広がっています」と伝えた。また召集令状を受け取った男性がバス乗り場で家族との...
別窓で開く

北海道で土地を爆買いしている中国人が北部には手を出さない理由
北海道で土地を爆買いしている中国人が、なぜか北部の土地には手を出していない。それは「ロシア軍が北海道に侵攻する可能性があるからだ」——まことしやかに囁かれる怖い話がある。中国そして中国人の裏のウラまで知り尽くした石平氏と、米国の政治学者エルドリッヂ氏が精魂を込めて語り合った「日本のための防衛論」。...
別窓で開く

「マクドナルド撤退」が物語るロシア社会の「変化」
防衛省防衛研究所防衛政策研究室長の高橋杉雄氏が6月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢の今後について解説した。...
別窓で開く

「カオスのような世界」…戦場カメラマンが見た「ウクライナ地獄の戦場」の実態
 ロシアがウクライナに侵攻を開始して、はや3か月以上。西側メディアからはロシア軍の苦戦が伝えられるが、プーチン大統領はウクライナ東部のドンバス地方の制圧を目指し、攻勢を強めている。 一方、ゼレンスキー大統領は「領土を(ロシアの)侵攻前の状態にする」と徹底抗戦を表明。西側諸国から武器提供を受けたウクラ...
別窓で開く

スウェーデンとフィンランドの「NATO加盟申請」はロシアの「オウンゴール」
経済アナリストのジョセフ・クラフトが5月17日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。スウェーデンとフィンランドのNATO加盟申請について解説した。...
別窓で開く


<前へ12次へ>