本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



100周年の2030年W杯、南米4カ国の共同招致が始動! 第1回の開催地ウルグアイなど
ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイ、チリの4カ国が、2030年に行われるFIFAワールドカップの共同招致活動を正式に立ち上げた。7日にアルゼンチンサッカー協会(AFA)の本部で発表会が行われた。 2030年のW杯は、1930年に開催された第1回ウルグアイ大会から100年の節目となる記念大会。...
別窓で開く

 【タンジェ(モロッコ)時事】サッカーのクラブ世界一を争うクラブ・ワールドカップ(W杯)は7日、モロッコのタンジェで準決勝1試合が行われ、アジア代表のアルヒラル(サウジアラビア)が南米代表のフラメンゴ(ブラジル)に3—2で競り勝ち、初の決勝進出を果たした。 アルヒラルは、欧州代表のレアル・マドリード...
別窓で開く

アル・ヒラルがクラブW杯決勝進出! 前半に退場者を出した南米王者フラメンゴを撃破
FIFAクラブワールドカップモロッコ2022・準決勝が7日に行われ、フラメンゴ(南米)とアル・ヒラル(アジア)が対戦した。 2月1日に開幕を迎えたクラブW杯では、“南米王者”のフラメンゴが登場。フラメンゴはコパ・リベルタドーレス2022の決勝戦でアトレチコ・パラナエンセとの“ブラジル勢対決”を制し、...
別窓で開く

レアル、クラブW杯の遠征メンバー発表! 負傷のクルトワ、ベンゼマは含まれず
レアル・マドリードが6日、モロッコで開催されているFIFAクラブワールドカップ2022の遠征メンバーを発表した。 モロッコに向かったのは全部で22選手。ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールやクロアチア代表MFルカ・モドリッチなどが入った一方で、負傷しているベルギー代表GKティボー・クルトワや元...
別窓で開く

クルトワが股関節の負傷でクラブW杯を欠場へ…CLリヴァプール戦の復帰に照準?
レアル・マドリードのベルギー代表GKティボー・クルトワは、マジョルカ戦前のウォーミングアップで股関節を負傷し、戦線離脱を強いられるようだ。5日、スペイン紙『マルカ』が報じている。 敵地でのマジョルカ戦に先発入りする予定だったクルトワだったが、試合直前のウォーミングアップ中に股関節を痛めた模様。...
別窓で開く

ベトナム代表監督に就任濃厚のトルシエ氏、現地メディアが日本での実績を称賛!!「日出る国のサッカーに多くのものを残した」
かつて日本代表監督を務め、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)で史上初のベスト16進出を果たしたフィリップ・トルシエ氏が、ベトナム代表監督就任が決定的と報じられている。トルシエ氏は、2002年のW杯終了とともに日本代表監督の座を離れると、その後はカタールやモロッコでも代表チームを率い、フランスや中...
別窓で開く

この先も“呪縛”は決して解けない…鎌田同僚の仏FW、W杯決勝での痛恨ミスを語る「喉に刺さっている。一生残るだろう」
 フランス代表FWランダル・コロ・ミュアニが、カタール・ワールドカップ決勝での“呪縛”について語った。英紙『Mirror』が2月3日付けで伝えている。 鎌田大地や長谷部誠と共にフランクフルトでプレーする24歳は、当初はW杯の登録メンバーから漏れ、同クラブが実施したジャパンツア...
別窓で開く

アル・アハリがシアトルを撃破、レアルとの準決勝へ…アル・ヒラルは南米王者と激突/クラブW杯2回戦
FIFAクラブワールドカップ2022の2回戦が4日に行われた。 1回戦でオークランド・シティ(ニュージーランド)を下したアフリカ王者のアル・アハリ(エジプト)は、アメリカ勢初のクラブW杯出場を果たしたシアトル・サウンダーズと対戦。前半からチャンスを作ったのは、元ウルグアイ代表MFニコラス・ロデイロら...
別窓で開く

 サッカーのクラブ世界一を争うクラブ・ワールドカップ(W杯)は4日、モロッコのラバトなどで準々決勝の2試合が行われ、アジア代表のアルヒラル(サウジアラビア)はアフリカ王者のウィダド・カサブランカ(モロッコ)と対戦し、1—1からのPK戦を5—3で制して4強入りした。アフリカ準優勝のアルアハリ(エジプト...
別窓で開く

ケガ人続出のレアル・マドリードに追い討ち…ベンゼマ&ミリトンがバレンシア戦で負傷交代
ラ・リーガ第17節延期分が2日に行われ、レアル・マドリードがバレンシアを2−0で下した。同試合において、レアル・マドリードに新たな負傷者が発生してしまった。 試合はスコアレスで折り返した後半、52分にスペイン代表MFマルコ・アセンシオの豪快なミドルシュートでレアル・マドリードが先制に成功。...
別窓で開く


[ ワールドカップ モロッコ ] の関連キーワード

ウルグアイ マドリード バレンシア シアトル ベトナム