本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



■「ゴミ拾い」賛否はいいが、漂う「日本の衰退」 世界よ、これが日本のゴミ拾いだ——。そんな誇らしい気持ちになっている方がたくさんいらっしゃるのではないか。 サッカー・ワールドカップでさまざまな国の人々が、「彼らはとても美しい」「本当にリスペクトができるよ」などと日本人を称賛しているからだ。そんな「日...
別窓で開く

武井壮、W杯日本サポのゴミ拾い批判を疑問視 「全然良いと思っている」
28日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、武井壮がネット上で議論が巻き起こっている日本サポーターによるゴミ拾いについて語った。■日本サポのゴミ拾いに一部から批判「FIFAワールドカップカタール2022」を観戦した日本サポーターが試合後ゴミ拾いを行ったニュースを取り上げたこの日の放送。...
別窓で開く

武井壮 W杯ごみ拾い活動批判に異議 舛添氏の「業者が失業」に「そんな社会じゃないから、もう」
 タレント武井壮(49)が28日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月〜金曜後8・30)に生出演し、サッカーFIFAワールドカップ(W杯)の試合会場での日本サポーターのゴミ拾い活動を巡る賛否の声に私見を語った。 サポーターらが試合後、スタジアム内のゴミを自主的に拾う行為が取り上げられ、多くの称賛...
別窓で開く

日本サポーターのごみ拾い、中国ネットで「称賛」が一転「批判」に
サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会での日本サポーターのごみ拾いをめぐり、中国のネット上では称賛から一転、批判の声が高まっている。中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のスポーツブロガーは26日、海外メディアが日本のサポーターに「なぜごみを拾うのか」と尋ねる動画を転載した。...
別窓で開く

日本サポーターのごみ拾い「奴隷根性」論争に、中国ネット民の反応は…
中国メディアの観察者網は26日、日本のサポーターの試合後のごみ拾いをめぐって、日本国内で論争が巻き起こっていると報じた。記事は、サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会が行われる中、日本のサポーターによるごみ拾いが各国で称賛を浴びているという報道に対して、前東京都知事の舛添要一氏が「世界が評価し...
別窓で開く

日本のSNSは荒れ模様、W杯サポーター清掃に「他人の職奪うな」の投稿で—香港メディア
香港メディアの香港01は25日付で、日本のSNSでは、カタールで開催中の2022 FIFAワールドカップに関連して、日本のSNSでは議論が発生していると紹介する記事を発表した。試合終了後に日本人サポーターが会場を清掃することについて「誇らしい」などとする投稿が相次ぐ中で、大王製紙前会長の井川意高氏が...
別窓で開く

舛添要一氏、大王製紙元会長も…W杯日本サポーターのゴミ拾い批判に「発想がネガティブ」と薄い共感
11月23日(現地時間)、サッカーW杯のカタール大会で強豪・ドイツに逆転勝利を収めた日本代表。劇的な試合に日本中が沸くなか、自主的に会場の清掃を行った日本サポーターにも注目が集まっている。FIFAワールドカップの公式Twitterアカウントは24日、整理整頓された日本代表のロッカールームの写真を添え...
別窓で開く

「ゴミ拾い褒められて喜ぶ奴隷根性」 W杯日本代表&サポの清掃、大王製紙元会長がブチギレ批判「気持ち悪い」
大王製紙元会長の井川意高氏が、サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会で日本代表チームが更衣室を清掃したことや、日本サポーターがゴミ拾いをしたことをめぐり、怒りを爆発させている。2022年11月24日から25日にかけ、「こういうの気持ち悪いからやめて欲しい」「ゴミ拾い褒められて喜ぶ奴隷根性」など...
別窓で開く

奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘
(現地で応援する日本人サポーター(C)JMPA) 優勝候補のドイツを日本が2−1で破る歴史的な大会となったサッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会で、試合後、日本サポーターが観覧席でゴミ拾いしたことをめぐり、SNSなどで“場外乱闘”が起きている。...
別窓で開く

W杯日本の“クリーン活動”に「ただの自己満足」バカラで大金溶かした大王製紙元会長が私見
 ギャンブルによる巨額借り入れ事件で逮捕、刑期を終えて出所した大王製紙の元会長で、現在は実業家として活動する井川意高氏が24日、自身のツイッターを更新した。 23日のFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会の1次リーグE組で、日本は優勝4度を誇るドイツに2—1で逆転勝ち。...
別窓で開く


<前へ1次へ>