本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



重視するポイントで選ぶ3万円クラスの完全ワイヤレスイヤホン<音質編>
オンライン会議や動画視聴、ゲームなど、いまや使用シーンは音楽だけにとどまらない完全ワイヤレスイヤホン。とはいえ、やはりまだまだ音楽を聴くために使うことがメインという人も多いのでは。音楽を軸にイヤホンを選ぶ際、ポイントとなるのが音質です。...
別窓で開く

重視するポイント選ぶ3万円クラスの完全ワイヤレスイヤホン<機能編>
高価格帯(3万円以上)と低価格帯(5000円以下)の二極化が顕著な昨今の完全ワイヤレスイヤホン市場。いまやイヤホンは、音楽を聴くためのデバイスとしてだけでなく、オンライン会議や動画視聴、ゲームなど、使用シーンは広がり続けています。また新規参入ブランドも増加し、何を基準にどう選べばいいのか難しい状況で...
別窓で開く

付加価値で選ぶワイヤレスイヤホン7選【令和の新殿堂入り傑作モノ】
【令和の新殿堂入り傑作モノ】毎年メーカーから続々とニューモデルが登場し、ノイズキャンセリングや音質の性能面でも成熟しつつあるように見えるワイヤレスイヤホン。そこで、次なるトレンドとなりうる新たなキーワードを識者が大予測!*  *  *AV評論家の折原一也さんは、現在イヤホンの機能で特に注目しているの...
別窓で開く

Boseの新作「QC Earbuds II」の最強ノイキャンは人の声にも効く!外音取り込みも超優秀!
<イヤホンレビュー>Boseの新作完全ワイヤレスイヤホン「Bose QuietComfort Earbuds II」(以下「QC Earbuds II」) が9月29日より日本国内で発売となります。価格は3万6300円。ノイズキャンセル技術を世界で初めて世に送り出したBoseは、完全ワイヤレスイヤホ...
別窓で開く

より静かに、より高音質に、より小さく!Boseのフラッグシップイヤホンが大きく進化!
イヤホン、ヘッドホンのノイズキャンセリング技術を牽引するBose(ボーズ)から、“世界最高のノイズキャンセリング”を誇る完全ワイヤレスイヤホンの最新モデル「Bose QuietComfort Earbuds II」(3万6300円)が登場!前モデルからのサイズダウンや装着感の向上に加えて、ユーザーそ...
別窓で開く

ソニー「WF-1000XM4」のノイキャン×ハイレゾ高音質はもうスゴ過ぎでしょ
【イヤホンレビュー】今やすっかり身近になった完全ワイヤレスイヤホンに2021年の超本命モデルが登場します! ソニーが6月25日に市場想定価格3万3000円前後で発売する「WF-1000XM4」は、重要キーワードである“ノイズキャンセル”だけでなく、完全ワイヤレスイヤホンとして業界初のハイレゾワイヤレ...
別窓で開く

家でのリスニング体験を高める高機能オーディオ機器6選【GP AWARD 2020】
【特集】GP AWARD 2020昨年からのワイヤレスイヤホン需要が継続する一方で、ステイホームの時間を充実させてくれるスピーカーやサウンドバーも人気。家の中におけるリスニング体験の質を改めて考えさせる高性能モデルに注目が集まっている。 ■NC機能や高性能マイクがステイホーム時間を充実にし...
別窓で開く

ノイズを打ち消すではなく重ねる!? Bose「Sleepbuds II」を装着して眠ってみた
【イヤホンレビュー】普段は完全ワイヤレスイヤホンなどオーディオ機器を実機レビューしているこの連載にとっても気になる存在なのがBose「Sleepbuds II(スリープバズ2)」。見た目はイヤホン風ですが、製品コンセプトは“ノイズマスキング 睡眠用イヤープラグ”。イヤープラグは日本語に訳すと“耳栓”...
別窓で開く

イヤホン専門店オススメ!新作ノイキャンイヤホン&ヘッドホンベスト5【冬こそ安くて良いモノ】
【特集】冬こそ安くて良いモノ日本最大級のイヤホン&ヘッドホンの品揃えを誇り、全モデルが試聴可能なe☆イヤホン秋葉原店のエキスパートに、ベストセレクトを聞いた。 ■注目は性能の向上が著しい"外音取り込み機能”イヤホンとヘッドホンは、今やBluetooth接続のワイヤレスタイプが主流になってき...
別窓で開く

1万3750円でマイルドノイキャン&高音質!AVIOT「TE-D01m」は超高コスパモデルだ!
【イヤホンレビュー】日本人に合わせたサウンドチューニング“Japan Tuned”によって、完全ワイヤレスイヤホンの人気ブランド入りしたAVIOT。11月中旬には、ついに同社初となるノイズキャンセル対応完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01m」を1万3750円発売します。...
別窓で開く


<前へ12次へ>