本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



オーストラリア代表、アーノルド監督が2026年W杯まで契約延長
オーストラリアサッカー協会は30日、グラハム・アーノルド監督と再契約締結を発表した。2026年のFIFAワールドカップまで指揮を執ることになる。 現在59歳のアーノルド監督は、現役時代にシャルルロワ(ベルギー)やサンフレッチェ広島などでプレー。現役引退後、オーストラリア代表のアシスタントコーチとして...
別窓で開く

2022年12月初め、中国の習近平主席がサウジアラビアのリヤドに降り立った。その歓迎ぶりが、数カ月前に降り立ったアメリカ大統領のバイデンに比べ格段上のものであったことに、世界中は驚いたはずだ。それは、何もサウジアラビアが中国にとりわけご執心だという意味からではない。最近、アルゼンチンが優勝したサッカ...
別窓で開く

スターの共演は怒涛の撃ち合いに!…C・ロナウドはデビュー戦で2発も、メッシ先制弾のPSGに軍配
19日、パリ・サンジェルマン(PSG)とアル・ナスルとアル・ヒラルの連合チーム(リヤド・シーズンチーム)が親善試合を行った。 サウジアラビアに遠征したスター軍団のPSGは、リオネル・メッシやネイマール、キリアン・エンバペ、セルヒオ・ラモスなどスター選手たちが先発メンバーに勢揃い。...
別窓で開く

海外でも「ハッピーチャイニーズニューイヤー」イベントで旧正月ムード
中国の春節(旧正月)を前に、タイ、サウジアラビア、アルゼンチンなど多くの国で「ハッピーチャイニーズニューイヤー」イベントが開催されています。タイの首都バンコクにあるチャイナタウンでは中国の提灯などが多く飾られていて、春節ムードが演出され、地元の住民や観光客を惹きつけています。...
別窓で開く

2年連続のスーペルコッパ制覇…インテルのインザーギ監督「完璧な試合ができた」
スーペルコッパ・イタリアーナが18日に行われ、インテルがミランを3−0で下した。試合後、インテルのクラブ公式HPがシモーネ・インザーギ監督のコメントを伝えている。 昨季のコッパ・イタリアを制したインテルとセリエA王者のミランが、サウジアラビアの首都リヤドで"ミラノ・ダービー”に臨んだ。...
別窓で開く

アルゼンチン代表の悪行をFIFAも批判。その「攻撃的な振る舞い」こそ強さの源泉でもある
 国際サッカー連盟(FIFA)は1月13日、カタールW杯の決勝で、アルゼンチン代表に「攻撃的な振る舞い」などがあったとして、処分の手続きを開始したと発表した。<強豪国を見習う> 日本サッカーはまだまだ、現在のスタンスは崩すべきではないだろう。たとえ強豪国ではないにしても、目を引く戦いをする国から何か...
別窓で開く

”変人”が新監督に?…カタールW杯でGS敗退のメキシコ代表、ビエルサ氏の招へいを画策か
メキシコ代表の新監督候補に、マルセロ・ビエルサ氏の名前が挙がっているようだ。17日、スペイン紙『アス』が伝えている。 8大会連続のグループステージ突破、そして過去最高成績(ベスト8)を超える結果を目指しFIFAワールドカップカタール2022に臨んだメキシコ代表。しかし、初戦でポーランド代表とスコアレ...
別窓で開く

世界信頼度調査、韓国企業とメディアは28カ国中最下位…日本は驚きの結果に
韓国国民の企業とマスコミに対する信頼度が全世界28カ国のうち、最下位を記録するなど、不信感が目立った。日本はどうだろうか?16日(現地時間)、国際コンサルティング企業のエデルマンは、昨年11月1〜28日間にオンラインを通じて28カ国合計3万2000人を対象に実施したアンケート調査の結果、市民たちの信...
別窓で開く

サウジ名門がメッシ獲得へ386億円オファー!C・ロナウドと再競演なら「2030年W杯開催に有利」と米経済誌が見解
サッカー界に話題を提供し続けるサウジアラビアの強豪クラブが、驚愕のマネーゲームを新たにぶち上げた。 ポルトガル代表クリスチアーノ・ロナウドの獲得で世界的な知名度を一気に引き上げたサウジアラビアの強豪アル・ナスル。...
別窓で開く

FIFA年間アウォードの各候補者が発表…ファンアワードには日本も候補入り
国際サッカー連盟(FIFA)は12日、ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2022のノミネート者を発表した。 2022年の同賞は、2021年8月8日から2022年12月18日(女子は2021年8月7日から2022年7月31日)までの期間を対象にクラブと代表チームで活躍した選手と監督を表彰する。...
別窓で開く