本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ベルギーの主将で”10番”…アザールが代表引退を表明「次世代に継承する準備が整った」
ベルギー代表FWエデン・アザール(レアル・マドリード/スペイン)が7日、同国代表を引退することを表明した。自身の公式Instaggram(@hazardeden_10)を通して発表している 現在行われているFIFAワールドカップカタール2022で、ベルギー代表はまさかのグループステージ敗退。...
別窓で開く

骨折した85歳の末期がん患者が雨の中7時間も外で救急車を待つはめに
英ウェールズのデンビーシャー州に住む85歳のキース・ロイエルズさんが、雨の降る庭先でビニールシートをかけて横になっている写真が衝撃と共に拡散されている。The Telegraphによると、キースさんは5日に自宅で芝刈りをしている最中に転んで腰の骨を折ってしまった。...
別窓で開く

キャサリン妃、ラブラドール犬との2ショットがかわいい ボストンでの写真を披露
3日間にわたるアメリカ外遊から帰国した英ウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃。夫妻がインスタグラムを更新し、同国で撮影された写真を公開した。 ウィリアム皇太子とキャサリン妃は、「ボストンありがとう!」とキャプションを添えて、7枚の写真を公開。...
別窓で開く

平均11分以上のロスタイム=コリーナ氏「もっと見たい」—W杯サッカー
 【ドーハ時事】カタール大会はロスタイムの長さが話題だ。象徴的なのが1次リーグB組初戦のイングランド—イラン。合計8ゴールが記録されたこの試合は、負傷したイランのGKの治療に長い時間を要したこともあり、前後半合計で29分のロスタイムが加えられた。...
別窓で開く

ウィリアム皇太子夫妻、「アースショット賞」授賞式での親密な姿も 米国訪問のレアショットを公開
ウィリアム皇太子夫妻が3日間にわたる米ボストン訪問を終えたことを記念し、現地で撮影したレアショットを公開した。一連の写真は「アースショット賞」授賞式での夫妻の親密な姿や、キャサリン皇太子妃がラブラドール犬を撫でる場面など貴重な瞬間を捉えたものだ。写真を見た米国の王室ファンからは「2人を愛してる!」「...
別窓で開く

PK戦で惨敗を喫した森保ジャパン。元イングランド代表FWは「練習をしたことがないようだ」と酷評【W杯】
「PK練習をしたことがないようだ」 現地時間12月5日に行なわれた決勝トーナメント1回戦のクロアチアにPKの末に敗北した日本に対して、元イングランド代表は手厳しく評したのだ。 前田大然のゴールで先制した森保ジャパンだが、延長を含む120分では1対1の同点。PK戦へともつれ込むと日本は、南野拓実、三笘...
別窓で開く

4人中3人が失敗…英レジェンドが日本のPKをバッサリ「誰も思うように蹴れていない」「練習をしたことがないように見えた」【W杯】
 現地時間12月5日、カタール・ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦で、FIFAランキング24位の日本は、同12位のクロアチアと対戦。43分に前田大然、55分にイバン・ペリシッチと、互いに1点ずつ奪って以降は膠着状態が続いたなか、最後に両者の明暗を分けたのはPKの力量だったようだ。...
別窓で開く

イングランド 56年ぶり頂点へ8強入り エースのケーンお待たせ1号
 ◇FIFAワールドカップカタール大会決勝T1回戦 イングランド3—0セネガル(2022年12月5日 アルバイト競技場) 地元開催の66年大会以来56年ぶりの優勝を目指すイングランドは前回得点王ハリー・ケーン(29)の今大会初得点などでセネガルを3—0で退けた。イングランドは10日の準々決勝でフラン...
別窓で開く

堂安律が放ったスペイン戦の同点シュート、GLのスピードランキング2位
 FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会で、強豪国を次々に破って決勝トーナメントに進んだ日本代表。今大会絶好調の堂安が放ったスペイン戦の強烈なミドルシュートが、グループリーグ(GL)のスピードランキング2位に——。 国際サッカー連盟(FIFA)が、GLで得点となったシュートのスピードベスト10を...
別窓で開く

ドイツ代表、敗退の舞台裏にあった“混乱”。日本戦前日には主力が対立「チームの大半は抗議をよく思ってなかった」【W杯】
ショッキングなグループステージ敗退の裏でチームは揺れていた。目下、開催中のカタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表と同じグループEに属したドイツ代表である。 下馬評は高かった。ハンジ・フリック監督の下でインテンシティーの高いサッカーを志向したチームは攻守にタレントも揃えた。ゆえに8年ぶりの世界制覇...
別窓で開く