本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシアのお家芸「偽旗作戦」の謎…チェチェン紛争でも“でっち上げ”疑惑が浮上
(決して懲りない(ロシアのプーチン大統領)/(C)ロイター)【ウラジーミル・プーチンとは何者か】#61 相手の攻撃をでっち上げて、一方的に反撃する──。これがウクライナ侵攻で盛んにいわれた「偽旗作戦」の簡単な説明だろう。大義名分がないなら、つくってしまう。日本が南満州鉄道の線路を爆破して「中国の仕業...
別窓で開く

ロシア戦を断固拒否し、ウクライナの支援を続けるポーランドサッカー協会の矜持
ウクライナに対するロシア軍の侵攻が始まると、隣国ポーランドは即座に国境を開放。一時は414万人もの避難民を受け入れた。国内の至る所に設置されている救援センターでは、無条件で即日、個人ナンバーが取得でき、行政サービスを受けられるなど、今も献身的な支援を行なっている。大国による侵略を絶対に許さない。...
別窓で開く

ウクライナであまり聞かない「海軍」の実力は? まともな軍艦ないのに“艦隊再編”報道の実際
ロシア軍によるウクライナ侵攻から5か月。善戦するウクライナの陸上部隊とは対照的に、同国海軍の名前はほぼ聞きません。ウクライナの海軍力についてひも解きます。ウクライナにはまともな戦闘艦がない! 2022年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻。...
別窓で開く

プーチン大統領に「ウクライナ軽視」を教えた“歴史の先生”補佐官【ウラジーミル・プーチンとは何者か】
(ウラジーミル・メジンスキー補佐官は、「ロシア人には特別なDNAがある」と発言(C)ロイター)【ウラジーミル・プーチンとは何者か】#60 ロシア人は米国にあこがれつつ、文化や歴史では自分たちが上だと信じる「コンプレックス」を抱いている。確かに、文学や音楽で名をはせた大国。しかし、歴史観がゆがんでいた...
別窓で開く

ヘンリク・ラーション氏の息子ヨーダン、シャルケに加入決定…背番号「7」
日本代表DF吉田麻也が所属するシャルケは5日、スウェーデン代表FWヨーダン・ラーションの加入を発表した。 6月末にスパルタク・モスクワとの契約を解除していたため、移籍金の発生しないフリートランスファーとなる。2025年夏までの3年契約を結び、背番号「7」を着用する。...
別窓で開く

核兵器使用をほのめかすロシアが「新START条約」見直しにまんざらでもない その「複雑な理由」
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が8月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。広島の原爆慰霊碑に献花し、ウクライナでの核兵器の使用を否定したロシアのガルージン駐日大使について解説した。...
別窓で開く

プーチン大統領はロシア国内では依然として高い支持率を誇っている。なぜロシア国民はプーチン大統領が好きなのか。テレビ東京の豊島晋作記者は「プーチン氏のプロパガンダがうまいだけではない。ロシア国民の多くは『強権的な独裁者のほうが、自由よりマシ』と考えているのだろう」という——。※本稿は、豊島晋作『ウクラ...
別窓で開く

ドンバスにシリア…過去の紛争を足し算した進化なき「ロシアの戦い方」【ウラジーミル・プーチンとは何者か】
(多くの人が4歳女児の死を悼んだ(C)Maxym Marusenko/NurPhoto/共同通信イメージズ)【ウラジーミル・プーチンとは何者か】#59 ウクライナでのロシアの戦い方を簡単に言えば、2014年の東部ドンバス地方の紛争と、15年のシリア軍事介入を「足し算」したようなものだ。...
別窓で開く

水増し戦果を報告…「お茶の間の顔」コナシェンコフ報道官に論功行賞【ウラジーミル・プーチンとは何者か】
(イーゴリ・コナシェンコフ報道官(C)ロイター)【ウラジーミル・プーチンとは何者か】#58 プーチン大統領はウクライナ侵攻に際し、苦戦にあえいだ司令官を次々と更迭したとされる。一部の将官に勲章を与えて昇進させており、分かりやすい「論功行賞」もあった。功労者として光が当たった一人は、国防省報道官。...
別窓で開く

ふてぶてしいラブロフ外相 在任18年でもプーチン大統領の最側近ではない【ウラジーミル・プーチンとは何者か】
(日本では有名人(ロシアのラブロフ外相)/(C)タス=共同)【ウラジーミル・プーチンとは何者か】#57 2004年に就任したロシアのラブロフ外相。在任期間の長さに「本人は早く辞めたがっている」とうわさが絶えないが、きっと辞めさせてもらえないのだろう。外交の世界で長らくプーチン大統領の代弁者として君臨...
別窓で開く