本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



唯一の核軍縮の枠組み「新START」査察の一時停止を米に通告 ロシア外務省
ロシア外務省はアメリカとの唯一の核軍縮の枠組みに基づく査察活動を一時的に停止すると発表しました。ロシア外務省は8日、アメリカとロシアの新戦略兵器削減条約=「新START」に基づく査察活動について一時的に停止することをアメリカに通告したと発表しました。...
別窓で開く

ザポリージャ原発に3日連続で攻撃 ロシア・ウクライナ双方が“相手からの攻撃”と主張
ウクライナ南部ザポリージャの原発に3日連続で攻撃がありました。ロシア・ウクライナ双方が相手からの攻撃だと主張しています。ウクライナ国営の原発運営企業によりますと、7日午後、ザポリージャ原発にロシア軍による砲撃があり、職員が重傷を負いました。...
別窓で開く

「可能性は10%…それでも今こそ核軍縮を前進へ」NPT再検討会議 スラウビネン議長単独インタビュー ロング版
ロシアによる軍事侵攻と核の威嚇、米中の対立、そして北朝鮮の核開発など…様々な課題があるなか、8月1日に始まったNPT再検討会議。8日からは「核軍縮」、「核不拡散」、「原子力の平和利用」の3つの主要委員会に分かれて議論が本格化します。難航が予想される会議のかじ取り役を担うスラウビネン議長が単独インタビ...
別窓で開く

ロシア軍の死傷者は「7〜8万人」 米国防総省が推計示す 戦車や装甲車は3000〜4000台失う
アメリカ国防総省は、ウクライナへの侵攻を続けるロシア軍の死傷者が7万人から8万人にのぼるとの推計を明らかにしました。アメリカ カール国防次官「ロシア軍はこの半年足らずの間で7〜8万人の死傷者を出したとみていい」アメリカのカール国防次官はこのような見方を示したうえで、ロシア軍が失った戦車や装甲車につい...
別窓で開く

「トップガン」大ヒットの裏で歴史的な兵員不足に直面する米軍 最大の原因は“ファーストフード”か
「トップガン マーヴェリック」の国内興行収入が大ヒットの目安とされる100億円を突破した。洋画では2019年以来3年ぶりとなる。世界各国でも大ヒットしており、興行収入は10億ドルを超えた。 トップガンは米軍のエリートパイロット養成校を舞台とするアクション映画だ。1986年に公開された前作同様、主役は...
別窓で開く

「もういっぺん、広島・長崎の惨状を再現するんか」被爆から77年 核をめぐる私たちの原点と歩むべき道【報道特集】
唯一の被爆国でありながら、戦後日本はアメリカの核戦略に組み込まれ、自らも核を求めた時代があった。再び核の脅威に直面するいま、私たちの原点は何だったのかを考える。■原爆投下を命じた大統領の孫が語る “核の脅威”20年近く、被爆者やその家族と向き合ってきた男性がアメリカにいる。クリフトン・トルーマン・ダ...
別窓で開く

中国の台湾周辺演習 加藤浩次「緊張状態はどのくらい続くのか」
4日(2022年8月)から7日まで、台湾を取り囲むように設けられた6カ所の演習区域で連日続けられた中国の軍事演習。緊張が高まる中で台湾市民は事態をどう考えているのか。8日の「スッキリ」では市民を取材するとともに、今後日本のとるべき方策について専門家に話を聞いた。軍事演習のきっかけは、8月2日のナンシ...
別窓で開く

広島「原爆の日」式典荒らす恒例デモに批判殺到…「安倍は殺されて当然」の過激主張も
8月6日、広島に原爆が投下されて77年目の「原爆の日」を迎えた。同日、広島市の平和記念公園で開かれた平和記念式典には、被爆者や遺族をはじめ岸田文雄首相(65)や海外の代表者ら約2800人が参列した。だが、原爆で亡くなった人々に鎮魂を捧げる日に、すぐ近くで行われたデモの“過激な内容”が物議を醸している...
別窓で開く

前回のコラム「日経平均株価は『超重要ゾーン』を突破できるか」では、本年3月の「日経平均9連騰ゾーン」である高値2万8149円こそが「買い」に重きを置く投資家が真に喜ぶときだとした。「天井打ち」で今後は下落?それとも上昇する?しかし、先週末5日の日経平均株価の引け値は2万8175円と、超重要ゾーンを超...
別窓で開く

2月24日から始まったロシアによるウクライナへの軍事侵攻を受け、アメリカ軍は今後の軍事行動においても、砲撃に加えて、サイバー戦、電子戦、情報戦を組み合わせたハイブリッド戦が仕掛けられてくることを想定し、総合対応力強化のために演習や組織編成を進めている。本稿では、そうした取り組みを概観したうえで、日本...
別窓で開く


[ ウクライナ アメリカ ] の関連キーワード

トップガン ウクライナ 国防総省 npt 外務省
ロシア