本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新型日産エクストレイルは、もしかして国産ミドルサイズSUVの総合力ではNo.1?(小沢コージ)
(外観は箱っぽさを取り戻した(写真)小沢コージ)小沢コージ【クルマは乗らなきゃ語れない】 日産エクストレイル (車両価格:3,198,800/税込み〜) ◇  ◇  ◇ 9年ぶり一新の日産エクストレイルが侮れない。2000年に初代登場、今回で4代目となる定番ミッドサイズSUVだが、コイツが再び国内マ...
別窓で開く

第2世代「e-POWER」「VC(可変圧縮比)ターボ」、そして「e-4ORCE」。これら3つの新技術を1つのモデルに集約し、日産として世界で初めて世に送り出したのが、4世代目となる新型「エクストレイル」だ。しかも、この仕様は日本がグローバルでもっとも先に発売される。発売にともない、埼玉県内の山間部を...
別窓で開く

高い操縦安定性で走りが楽しい日産「エクストレイル」は上質なライフスタイルカー
日産自動車が、新型エクストレイルを2022年7月25日に発売しました。「会心の出来」と日産の開発陣がいう今回の4代目は、電気モーターで車輪を駆動します。バッテリーに給電するためのエンジンもパワフル。そして4輪駆動モデルには、雪上など摩擦の低い路面でも、また、峠道などタイトコーナーでも高い操縦安定性を...
別窓で開く

2022年7月に登場した4世代目となる新型「エクストレイル」。初代〜2代目を彷彿とさせるスリークなデザインとなっているが、大きく変わったのはガソリンモデルを廃止し、「e-POWER」と呼ばれる日産自慢のハイブリッドシステムのみのラインナップとなったことだろう。パワートレーンは、高出力モーターによる滑...
別窓で開く

日産のミッドサイズSUVである「エクストレイル」がフルモデルチェンジを行い、第4世代となった新型モデルが2022年7月25日に発売された。先代の登場から9年ぶりとなるフルモデルチェンジだ。最新エクストレイルの特徴は、全グレードがハイブリッドの「e-POWER」となったこと。発電用のエンジンには、世界...
別窓で開く

LEXUSの人気SUVのRXってどんな車?RXの魅力やリセールバリュー・ライバル5車も解説!
− LEXUS RXの魅力とは −トヨタ自動車の高級車ブランド「LEXUS」にラインナップされているSUVのRXを街中で見かけて興味があるという方もいらっしゃることでしょう。ところでRXはどれくらいの車格で、いくらで購入できるのか、比較検討する上でライバル車は何になるのか疑問に思うこともあるかと思い...
別窓で開く

日産の人気SUVが9年ぶりのフルチェン! 4代目・エクストレイルが高級化したワケ
7月25日に発売された日産の4代目エクストレイル。9年ぶりのフルチェンで初代以来のコンセプトである「タフギア」を宿しながらも高級感を特盛り。発売から約2週間で1万2000台を超える受注を獲得したという! そんな新型の実力は? モータージャーナリストの竹花寿実(たけはな・としみ)氏が日産のテストコース...
別窓で開く

新型エクストレイルで納得、日産が弱点を承知で「e-POWER」を推す理由 燃費面でのマイナスを補って余りあるその走行性能とBEVとの共用化
(井元康一郎:自動車ジャーナリスト)“ゴーンショック”を境に苦境に陥っていた日産自動車が今年に入って攻勢に出ている。1月に中型SUVのBEV(バッテリー電気自動車)「アリア」、6月に軽自動車のBEV「サクラ」、そして7月25日には中型SUVの第4世代「エクストレイル」を発売。...
別窓で開く

どうなる? 日本車伝統のビッグネーム(後編)
「報道部畑中デスクの独り言」(第299回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、日産自動車の「新型エクストレイル」について—新型エクストレイルを発表する星野朝子副社長2022年7月15日、トヨタ自動車から発表された「新型クラウン」は、定番のセダンの他、「クロスオーバー」「...
別窓で開く

全車ハイブリッドのe-POWERで帰ってきた“四角い”エクストレイル
四角いエクストレイルが帰ってきた!やっぱりエクストレイルはこうじゃないと!8年半ぶりのフルモデルチェンジで新型へとスイッチしたエクストレイルを見て、そう感じた人も多いのではないでしょうか。何を隠そう、筆者自身もそのひとり。新型エクストレイルは4世代目となりますが、「遊びに使えるタフギア」をキャッチフ...
別窓で開く


[ エクストレイル ] の関連キーワード

power lexus bev

<前へ12345次へ>