本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



森保一監督続投! 過去4年間の日本代表戦績一覧 勝率69.8%は歴代最高
日本サッカー協会(JFA)は28日、森保一監督の続投を発表した。 森保監督はサンフレッチェ広島の監督などを経て、FIFAワールドカップロシア2018終了後からA代表を率いている。4年間で63試合を指揮し、41勝8分14敗で日本代表歴代トップの勝率69.8パーセントを誇っている。 FIFAワールドカッ...
別窓で開く

「日本は素晴らしかった」森保ジャパンは5位の高評価! 伊大手紙がW杯出場32か国の採点を発表、ドイツは屈辱の最低点
 目標としていた史上初のベスト8進出を果たすことはできなかった。だが、日本がカタール・ワールドカップで確かな評価を得たことは変わらない。 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は12月20日、大会に出場した全32チームの採点を発表した。日本は7点で5番目の評価となっている。...
別窓で開く

ドイツ&スペイン撃破、三笘の1ミリ、ゴミ拾い…海外メディアが「W杯の忘れられない瞬間」に選出!「日本のファンはすべての人の心を掴んだ」
 カタール・ワールドカップも残すところあとわずかとなった。12月18日の決勝戦に大きな注目が集まる一方で、大会を振り返り始める人々もいる。 今大会の特徴のひとつが、アジア勢の躍進だ。日本、韓国、オーストラリアと、史上初めて3チームが決勝トーナメントに進出した。また、グループステージではサウジアラビア...
別窓で開く

4年前のロシアW杯とは何が違う? ベテラン川島永嗣が明かす森保ジャパン“強さの秘密”「誰がヒーローになってもおかしくない」
 グループステージでドイツ、スペインを打ち破り、首位通過でベスト16に進出した日本代表。しかし、2002年日韓W杯、2010年南アフリカW杯、2018年ロシアW杯と過去3大会で“ベスト16の壁”を突破できなかった。今回、4度目でクリアできるのだろうか。...
別窓で開く

「48チーム制でドラマと興奮はなくなる」有名紙記者がW杯新フォーマットを猛批判!「E組の非常に緊迫した展開こそ醍醐味」
 有名紙記者が、全貌の見えない新フォーマット、ひいてはその発案者FIFA(国際サッカー連盟)を猛批判している。 連日熱戦が繰り広げられているカタール・ワールドカップ(W杯)。今大会のグループステージでの特徴として言えるのが、番狂わせだ。サウジアラビアがアルゼンチンを、韓国がポルトガルを破り、カメルー...
別窓で開く

「日本は簡単な相手とは言えない」米データ社が算出した悲願の8強進出の確率は26%!? 敵将が警戒する日本の長所は——【W杯】
現地12月5日、森保一監督率いる日本代表は決勝トーナメント1回戦でクロアチア代表と相まみえる。負けたら終わりの一発勝負で、彼らは2018年W杯準優勝国を相手に悲願のベスト8進出を目指す。 決戦間近に迫った現地時間12月3日に米データサイト『Opta Analyst』のパトリック・リッジ記者はクロアチ...
別窓で開く

スペイン撃破を呼んだ選手へのぶれない信頼 劣勢でも森保監督は笑顔だった
【連載】サッカー・カタールW杯 森保ジャパン勝負の1年決勝トーナメントに進むためには、勝たないといけない。運命のスペイン戦(現地時間2022年12月1日)は前半11分、相手に先制された。データ的にも圧倒されているなか、36分にカメラがベンチにいる森保一監督を映した。0-1にもかかわらず、笑顔あふれる...
別窓で開く

コスタリカ戦で評価ガタ落ちの日本… GL2節終了後の国別パワーランキング。「弱点はほとんどない」と1位に推されたのは?【W杯】
カタール・ワールドカップ(W杯)は現地時間11月29日よりグループリーグの最終節に突入したが、各国メディアは2節終了時点での各チームのパワーランキングを発表している。...
別窓で開く

日本代表は死の組突破なるか? カタールW杯開幕を前に米大手放送局が全試合結果を予想! 優勝国はどこに?
今年4月にカタール・ワールドカップのグループステージ組み合わせが決定して以降、各国のメディアは、どの国が黄金のトロフィーを手にするかを予想してきた。...
別窓で開く

ワールドカップ出場チームの“愛称”を一挙紹介! 我らが「SAMURAI BLUE」が挑むのは…<グループE〜H>
11月20日に開幕するワールドカップ・カタール大会に出場する全チームのニックネームを紹介しよう。前回のグループA〜Dに続き、今回はグループE〜Hまでの残り16チームを見ていこう。■グループE▼スペイン代表愛称=ラ・ロハ赤を基調としたユニフォームのため、スペイン語で「赤色」を意味する愛称が付けられてい...
別窓で開く


<前へ12次へ>