本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



まとまり欠いたセルビア=ピクシー、1勝もできず—W杯サッカー
 勝たないと決勝トーナメントに進出できなかったセルビア。スイスに競り負け、ストイコビッチ監督は「選手はベストを尽くしてよく戦ってくれた」とねぎらった。 追い掛ける展開となった後半に攻撃は尻すぼみ。前半に一時逆転した勢いは失われた。中盤でパスが引っ掛かりゴール前に入れない。 うまくいかないいら立ちから...
別窓で開く

2.W杯サッカー・談話(時事通信) 2022年12月03日10時10分
 ◇責める理由はない ウルグアイ・アロンソ監督 われわれは2点を奪った後もゴールを目指した。3点目を決めるチャンスはたくさんあったが、残念ながら決められなかった。ベストを尽くした選手たちを責める理由はない。 ◇未来は明るい ガーナ・アッド監督 PKを失敗したことがない人間などいない。相手GKを祝福し...
別窓で開く

セルビアのピクシー監督W杯初勝利お預け 前半ATで逆転、後半早々に3点目も…痛恨ドロー
 ◇FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグG組 セルビア3ー3カメルーン(2022年11月28日 アルジャヌーブ競技場) セルビアは28日、カメルーンに3—3で引き分け、ストイコビッチ監督はW杯初勝利とはならなかった。 ストイコビッチ監督のW杯初陣となった初戦ブラジルは0—2で敗戦。...
別窓で開く

【カタールW杯|G組展望】優勝候補のブラジルも苦戦するか。セルビアのセットプレー、スイスの完成度、カメルーンの多様性に注目
 11月20日に幕を開けるカタール・ワールドカップ。4年に一度の大舞台では、どんな戦いが繰り広げられるか。本稿ではグループごとに出場国の横顔を紹介し、決勝トーナメント進出に向けた争いを展望する。今回はグループGだ。——◆——◆——■ブラジル(22大会連続22回目の出場) 6度目の優勝を狙うための準備...
別窓で開く

【喜熨斗勝史の欧州戦記|第18回】「キノ、 守備は任せるよ」セルビア代表ストイコビッチ監督からの信頼に応え、ネーションズリーグでリーグA初昇格!
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。第18回は、9月に行な...
別窓で開く

福西崇史がJリーグで対峙して衝撃を受けた『攻撃的なポジションの外国人選手』4選「最初に浮かぶのは『浪速の黒豹』」
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

【喜熨斗勝史の欧州戦記|第13回】W杯の抽選結果をセルビアはどう見た? 同じ第3ポッドでも日本とは決定的な違いがある
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。第13回は、カタール・...
別窓で開く


<前へ1次へ>