本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ジョエルを1対1で守れる選手はいない」支配的なプレーでナゲッツを粉砕したエンビードに敵将もお手上げ「彼をガードするのはチャレンジ」<DUNKSHOOT>
現地時間1月28日(日本時間29日、日付は以下同)に行なわれたデンバー・ナゲッツとフィラデルフィア・セブンティシクサーズによる一戦は、ふたつの見どころがあった。東西強豪チームの激突、そして“最強ビッグマンはどちらなのか?”という点だ。 ナゲッツを率いるのは、直近2シーズン連続...
別窓で開く

「なぜスリーを打とうとするんだ?」名手オラジュワンがエンビードに苦言。ヨキッチには「すごく効率的」と称賛<DUNKSHOOT>
現地時間1月18日、米誌『Sports Illustrated』でNBAで“失われたアート”として、ポストプレーが取り上げられた。そのなかでフィーチャーされていたのが、元ヒューストン・ロケッツのアキーム・オラジュワンだ。...
別窓で開く

英紙が「W杯の活躍で飛躍が見込まれる選手」を32か国から一人ずつ選出!日本代表から選ばれたのは、堂安や三笘ではなく…
 ワールドカップでのパフォーマンスは、次のキャリアにつながる可能性がある。 英紙『Daily Mail』は12月29日、カタール・ワールドカップに出場した全32チームから、大会での出来を踏まえて飛躍が見込まれる選手をひとりずつ選出した。日本代表からは、切り札として躍動した堂安律や三笘薫を抑え、デュッ...
別窓で開く

森保一監督続投! 過去4年間の日本代表戦績一覧 勝率69.8%は歴代最高
日本サッカー協会(JFA)は28日、森保一監督の続投を発表した。 森保監督はサンフレッチェ広島の監督などを経て、FIFAワールドカップロシア2018終了後からA代表を率いている。4年間で63試合を指揮し、41勝8分14敗で日本代表歴代トップの勝率69.8パーセントを誇っている。 FIFAワールドカッ...
別窓で開く

ベスト8から先は“違った領域”。セルビア代表コーチとして臨んだカタールW杯で込み上げた偽りなき本音【喜熨斗勝史の欧州戦記】
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。今回はセルビア代表コー...
別窓で開く

「文句なしだろ!」リシャルリソンのバイシクル弾が“大会ベストゴール”決定で賛否大論争!「これでいいのかFIFAよ!」【W杯】
 現地12月23日、FIFA(国際サッカー連盟)がカタール・ワールドカップの大会ベストゴールを発表。グループステージのセルビア戦で、ブラジル代表FWリシャルリソンが決めた鮮やかなバイシクル弾が選出された。 FIFA公式ホームページは史上最多172ゴールの中から10ゴールをノミネート。24時間に渡って...
別窓で開く

カメルーンの”守護神”オナナ、26歳で代表引退を決断「どんなに美しい物語にも終わりがある」
カメルーン代表GKアンドレ・オナナ(インテル/イタリア)が23日に自身の公式Twitter(@AndreyOnana)を更新。FIFAワールドカップカタール2022を最後に代表から引退することを明かした。 現在26歳のオナナは2016年9月6日に行われたガボン代表との国際親善試合でカメルーン代表デビ...
別窓で開く

「日本は素晴らしかった」森保ジャパンは5位の高評価! 伊大手紙がW杯出場32か国の採点を発表、ドイツは屈辱の最低点
 目標としていた史上初のベスト8進出を果たすことはできなかった。だが、日本がカタール・ワールドカップで確かな評価を得たことは変わらない。 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は12月20日、大会に出場した全32チームの採点を発表した。日本は7点で5番目の評価となっている。...
別窓で開く

今季からMVPの名称が“マイケル・ジョーダン・トロフィー”に。現在の有力候補はリーグトップ2の大黒柱!<DUNKSHOOT>
NBAの2022−23シーズンは、全30チームが30試合前後を消化。現地時間12月19日を終えた時点で、イースタン・カンファレンスではミルウォーキー・バックスが22勝8敗(勝率73.3%)が首位&リーグトップに立ち、ウエスタン・カンファレンスではメンフィス・グリズリーズが19勝10敗(勝率65.5%...
別窓で開く

「モリヤスの伝説が生まれた」英メディアが“W杯ベストマッチランキング”で日本対ドイツを5位に選出!1位に輝いたのは?【W杯】
 これほど世界を熱狂させたファイナルはなかなかないだろう。 12月18日に行われたカタール・ワールドカップ決勝、アルゼンチン対フランスの一戦は、3-3で120分間を終え、PK戦の末にアルゼンチンが36年ぶりとなる3回目の戴冠を果たした。...
別窓で開く