本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2022年5月、世界でもっとも売れたスマホはサムスン電子となり、アップルを超えた。韓国の家電やエンタメが世界で評価され、日本は対照的に失速しているのはなぜか。国際ニュース週刊誌『ニューズウィーク日本版』は「その背景には、日本の半分以下という人口の違いがあったのではないか」と解説する——。(第2回/全...
別窓で開く

新ジャンル航空機「LSA」やっと日本で許可… 国産ダメ!? 航空行政が周回遅れな“理事国”日本の実態
欧米で急成長を続ける軽量スポーツ機ジャンルの「LSA」。日本でもようやく飛べるようになりましたが、それでもアメリカやカナダ、ヨーロッパなどと比べると圧倒的に遅れているそう。どこが問題なのか探ります。主要国のなかで唯一LSAが普及していない日本 1990年代のバブル崩壊後、いまでも縮小が続く日本の小型...
別窓で開く

こんにちはみなさん、明けましておめでとうございます。2023年も当コラムをよろしくお願いします。さて、新年のメッセージといえば年賀状ですが、最近では「あけおめLINE」で済ませてしまう、という人も少なくないようです。やはり親しい人へのメッセージには絵文字を使いたいですね。絵文字には門松もありますし、...
別窓で開く

Adoついに顔出しを決意か…歌番組で受けた批判「だったら断れよ」
(C)Voyagerix / Shutterstock〝絵〟で『NHK紅白歌合戦』に出場するという異例の禁じ手を使った歌手のAdoが、ついに〝素顔解禁〟に踏み切るという。「Adoはこれまで一度も公の場やメディアで顔を晒しておらず、インタビューやMVも全てイラスト。...
別窓で開く

地球誕生から何十億年もの間、この星はあまりにも過酷だった。激しく波立つ海、火山の噴火、大気の絶えまない変化。生命はあらゆる困難に直面しながら絶滅と進化を繰り返した。「地球の誕生」から「サピエンスの絶滅、生命の絶滅」まで全歴史を一冊に凝縮した『超圧縮 地球生物全史』(王立協会科学図書賞[royal s...
別窓で開く

「全身麻酔を行い、医療器具で子宮の入口を拡張させ、子宮内膜を掻き取る」……なぜ日本ではリスクの高い中絶方法が選好されたのか
 日本の中絶を巡る法は独特である。刑法には100年以上前に定められた堕胎罪が今も残り、戦後の1948年に制定された優生保護法(1996年に障がい者差別的な条項を削除して母体保護法に改正)で、レイプによる妊娠の場合、また、翌年には経済的理由における中絶は違法とみなされなくなった。背景には、人口急増に伴...
別窓で開く

SUV人気が続いた2022年、新型プリウスが登場する2023年【クルマゆく年くる年】
ガソリン価格の高騰や半導体不足による生産の遅れなど、クルマを取り巻く状況は決して良いとは言えなかった2022年でしたが、クルマ自体は魅力的なモデルが数多く登場しました。そしてそれは2023年も変わりません。「プリウス」を筆頭に多くのニューモデル投入が予定されています。...
別窓で開く

「ボコボコにされました」「ロジックが通用しない」生物ハンターが南米で出会った《最凶生物》の正体
炎症が10日以上続く「スケベ虫」とはいったい…? 生物ハンターを苦しめた《ヤバい生き物BEST3》 から続く「すごくベタですけど、いちばん危険な生き物は……」 世界をめぐる生物ハンターの平坂寛(ひらさか・ひろし)さんインタビュー第2弾。これまで多くの有毒動物と対峙した彼だが、37年間の人生で最も...
別窓で開く

『silent』に注目すべき理由とは? 無限まやかしが“ドラマ”のトレンドを考察
お笑いコンビ「XXCLUB」の大島育宙と脚本家・高野水登による考察系ユニット・無限まやかし。彼らに“ドラマ”のトレンドを大予測してもらいました。ストロングポイントのある、個性豊かなドラマが残っていく。大島育宙:2022年は「火曜のTBSのラブストーリーは絶対見る」「深夜ドラマは欠かさない」みたいに、...
別窓で開く

「日高屋はフルメイクで行くところ」「ストロング系の水割りはコスパがいい」毎月7000円の小遣いでやりくりする“彼女の飲酒道”
「第一印象は変な匂い」「女性を描くのは苦手」…それでも“こづかい万歳の妻”が漫画家・吉本浩二(49)の才能と人柄にベタ惚れした理由 から続く 飲酒エッセイ界隈に期待の新星が現れた!? こづかい生活ドキュメンタリー漫画『 定額制夫の「こづかい万歳」〜月額2万千円の金欠ライフ〜 』で特に読者の人気を...
別窓で開く


[ ガラパゴス ] の関連キーワード

silent suv lsa ado

<前へ123456789次へ>