本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



札幌ドームとの19年があったから…私たちがともにした楽しさ、苦しさ、素敵な日々
 北海道の夏はあっという間だ。お盆が過ぎれば、たとえ気温が上がったとしても、風は軽くなり、空がぐんと高くなる。その時期くらいだっただろうか。「札幌ドームの試合はあと残り何試合です」と番組でカウントダウンをするようになった。いつからと決めていたわけでもなく、誰かに言われたわけでもなく、自然と自分の口か...
別窓で開く

元人気プロレスラーで、政治家として参院議員を計2期務めたアントニオ猪木(本名・猪木寛至)さんが1日、亡くなりました。話題の書『そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。』の著者ムーギー・キム氏は、40年来のプロレスファンで、2013年には「東洋経済オンライン」でロングインタビューを実施。そこで猪...
別窓で開く

警察庁が敢えて入国させたテロ組織「ヒズボラ」メンバーの危ない行動記録 元公安警察官の証言
 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、日本にやって来...
別窓で開く

大地に包まれて人は愛し、憎み、悲しむ
ステージに広がる、スペインの乾いた大地。それが、20世紀初めに活躍したスペインの詩人・劇作家、フェデリコ・ガルシーア・ロルカがこの『血の婚礼』で描いた悲劇の舞台だ。レオナルド(木村達成)と彼の昔の恋人である“花嫁”(早見あかり)、そして“花婿”(須賀健太)が大地を駆け、はいずり、抱き合い、殴り合い、...
別窓で開く

スペインを舞台にした愛の悲劇『血の婚礼』開幕 木村達成、早見あかり、安蘭けいらのコメント到着
杉原邦生による演出、木村達成、須賀健太、早見あかり、安蘭けいらが出演する舞台『血の婚礼』が、9月15日に東京・Bunkamuraシアターコクーンで初日を迎えた。スペインの伝説的劇作家、フェデリコ・ガルシーア・ロルカによる最高傑作とも謳われる官能的な愛の悲劇『血の婚礼』。...
別窓で開く

演出家・杉原邦生、ギアチェンジして挑む『血の婚礼』で世界が広がっていく感覚
スペインの劇作家、フェデリコ・ガルシーア・ロルカの傑作悲劇『血の婚礼』を、杉原邦生が演出。実力派の俳優たちとオリジナル音楽の生演奏を加え、現代へと甦らせる。そこで稽古中の杉原に、作品の面白みや俳優陣の魅力、さらに自らの演劇観について、たっぷりと語ってもらった。...
別窓で開く

あの幸せな日々が甦る…北海道日本ハム初代ユニフォームにジーンときた夜
 今回、僕が書きたいのは「ファイターズ・クラシック」のことだ。9月6、7日のオリックス戦を皮切りに、17、18、19日のロッテ戦、20日のソフトバンク戦まで、都合ホームゲーム6試合で展開される復刻ユニフォーム企画。企画概要はありふれたものだ。選手がオールドユニフォームを着て試合をする。...
別窓で開く

台湾、「中国ドローン」に初の実弾射撃…高まる軍事的緊張
中国のドローンに対する台湾軍による初の警告射撃につづき、米政治家の度重なる台湾訪問により、台湾海峡をとりまく緊張は最高潮に達している。31日、台湾の国営メディア“中央通信 (CNA)”などによると、米共和党のダグ・デューシーアリゾナ州知事は3日間の日程で30日夜に台湾を訪れた。...
別窓で開く

【イベントレポート】木村達成、須賀健太、早見あかり、安蘭けい、杉原邦生による『血の婚礼』トークイベント開催
9月15日よりシアターコクーンにて開幕を迎える『血の婚礼』。スペインの伝説的な劇作家、フェデリコ・ガルシーア・ロルカによって1932年に執筆されたこの物語は、ひとりの女をめぐってふたりの男が命がけで戦う悲劇。8月10日、キャストの木村達成、須賀健太、早見あかり、安蘭けいと演出家の杉原邦生が揃い、トー...
別窓で開く

マンションの管理組合には、管理会社から修繕工事に関するさまざまな見積もりが提出されるが、「マンションの工事はすべて管理会社に頼むべきだ」と考えている理事も少なくない。そこで今回は、「何でも管理会社の言うとおりにしなければならない」という思い込みをなくし、管理組合の主導で修繕工事を行うためのポイントを...
別窓で開く



<前へ12345678次へ>