本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「1番・二塁山田哲人、2番・DH大谷翔平…」「栗山監督は裏の裏の裏をかく戦術家」 松坂大輔・斎藤佑樹の“WBCオーダー予想”
 1998年の甲子園で春夏連覇し「平成の怪物」と呼ばれた松坂大輔さん。そして2006年夏の甲子園決勝で駒大苫小牧と熱戦を繰り広げ、「ハンカチ王子」として一世を風靡した斎藤佑樹さん。文藝春秋創立100周年を記念して、2022年11月、 2人がYouTubeで対談 をしました。...
別窓で開く

エンゼルス・トラウトが警戒「大谷は厄介」 WBC米主将が闘志全開「戦えたらうれしい」
 連覇&ガチンコ宣言を盟友にぶつけた。3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で米国代表の主将を務めるエンゼルスのマイク・トラウト外野手(31)が20日(日本時間21日)、オンライン会見し、「ベストフレンドの一人」という同僚の大谷との対決を待ち望んだ。 対戦の可能性があるのは米フロリダ州マ...
別窓で開く

「日本が優勝する可能性はグッと高まった」WBCでの大谷翔平に海外メディアも熱視線! 注目のメジャー選手ランキングを掲載
開幕まで残り2か月を切っている第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。各国から代表メンバーが続々と発表され、徐々に熱気が高まりつつある同大会だが、その中で、とりわけ強い存在感を放つ男がいる。投打にわたる異次元のパフォーマンスで米球界を沸かせてきた大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)だ。...
別窓で開く

かつての2連覇には“イチロー”の活躍が…WBC世界一奪回、大谷翔平の力が「どうしても必要」な理由
 プロ野球にとり2022年は入場制限を撤廃し、ようやく本格的にコロナ禍からの出口に向かって動き出した年だった。 ところが2年間のブランクは大きく、結局12球団合計の観客動員は2107万1180人止まりに終わっている。右肩上がりに史上最高を記録した19年の2653万6962人からは、20%以上も観客数...
別窓で開く

プロ野球に新時代!? 侍ジャパン「WBC」優勝なら悲願の“日米ワールドシリーズ”実現か
(画像)Cast Of Thousands/Shutterstock野球ファンにお年玉的なビッグニュースが飛び込んできた。米球界が公式戦での日本プロ野球とメジャーリーグの交流戦の検討に入ったというのだ。...
別窓で開く

史上最強の"侍ジャパン"がいよいよ出陣! WBC優勝へのキーマンは誰だ!?
大谷(左)とダルビッシュ(右)の参戦表明は大きな話題に。共にNPB時代は日本ハムに所属しており、同チームで指揮を執っていた栗山英樹代表監督との縁もあって参戦となった3月開催のWBCで3度目の世界一を目指す"侍ジャパン"は大谷翔平らメジャー組と国内トップ選手が夢の融合を果たす。...
別窓で開く

「なんで呼んでいるのか」「まず驚き」城彰二が森保JのW杯メンバー26人に意見! 疑問に感じた選出とは?【2022総集編】
 今年も残すところあと2週間を切った。本稿では、2022年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、元日本代表の城彰二氏が、カタール・ワールドカップに挑む森保ジャパンのメンバー26人に意見した記事を再掲する。...
別窓で開く

【4年後の日本代表“理想イレブン”】鎌田はボランチがベスト。相棒はポテンシャルが随一の藤田。“左SB”相馬も面白い
 日本代表はカタール・ワールドカップで2大会連続のベスト16敗退に終わった。ここから再び、4年後の大舞台に向けて熾烈なメンバー争いが繰り広げられていくが、次のW杯までにA代表へ定着しそうな選手は誰か。国内外のサッカーに精通する河治良幸氏に、2026年W杯に臨む日本代表の“理想のイレブン&...
別窓で開く

「遠藤は唯一無二の存在になれる」元日本代表MFがカタールW杯を戦った日本代表全26選手を5段階評価!「ただひとりの“S”は…」
 日本代表のカタールでの戦いは、ベスト8を前に幕を閉じた。 アジア勢として初めて2大会連続の決勝トーナメント進出を果たす快挙を成し遂げたが、ラウンド16でクロアチアにPK戦の末に敗れ、悲願の“世界8強入り”はふたたび4年後に持ち越しとなった。...
別窓で開く

【森保ジャパンW杯通信簿】最高評価の「S」に輝いたのは?奮闘したCBや軸を担ったボランチら全26選手を査定
 カタール・ワールドカップで4試合を戦った森保ジャパン。数々の激闘を繰り広げた各選手はどんなパフォーマンスを見せたのか。ここでは26選手全員を5段階(S、AA、A、B、C※未出場の選手は「ー」)で評価した。...
別窓で開く


[ シュミット ジャパン ] の関連キーワード

エンゼルス カタール ジャパン wbc イチロ