本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米国がWBCに例年以上の豪華メンバー揃えた裏側 大谷vsトラウト直接対決にMLBがはじくソロバン
(大谷とトラウトの対戦は世界中が注目しているとか(C)共同通信社) 野球の本場である米国が3月開幕のWBC連覇に向けて抜かりがない。 エンゼルス・大谷翔平(28)の同僚トラウト外野手(31)を筆頭にベッツ外野手(30=ドジャース)、ゴールドシュミット一塁手(35=カージナルス)のMVP受賞経験者ら、...
別窓で開く

「1番・二塁山田哲人、2番・DH大谷翔平…」「栗山監督は裏の裏の裏をかく戦術家」 松坂大輔・斎藤佑樹の“WBCオーダー予想”
 1998年の甲子園で春夏連覇し「平成の怪物」と呼ばれた松坂大輔さん。そして2006年夏の甲子園決勝で駒大苫小牧と熱戦を繰り広げ、「ハンカチ王子」として一世を風靡した斎藤佑樹さん。文藝春秋創立100周年を記念して、2022年11月、 2人がYouTubeで対談 をしました。...
別窓で開く

エンゼルス・トラウトが警戒「大谷は厄介」 WBC米主将が闘志全開「戦えたらうれしい」
 連覇&ガチンコ宣言を盟友にぶつけた。3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で米国代表の主将を務めるエンゼルスのマイク・トラウト外野手(31)が20日(日本時間21日)、オンライン会見し、「ベストフレンドの一人」という同僚の大谷との対決を待ち望んだ。 対戦の可能性があるのは米フロリダ州マ...
別窓で開く

WBC米国代表のデローサ監督はプロ監督経験ゼロ、オールスター選出ゼロ、いかにスター軍団を率いるか
 スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」のケン・ローゼンタール記者が、3月開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で米国代表を率いるマーク・デローサ監督(47)について20日(日本時間21日)詳しく報じている。 同監督はプロのチームを率いたことは一度もないが、コーチ陣にはケン・グリフィーJ...
別窓で開く

「日本が優勝する可能性はグッと高まった」WBCでの大谷翔平に海外メディアも熱視線! 注目のメジャー選手ランキングを掲載
開幕まで残り2か月を切っている第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。各国から代表メンバーが続々と発表され、徐々に熱気が高まりつつある同大会だが、その中で、とりわけ強い存在感を放つ男がいる。投打にわたる異次元のパフォーマンスで米球界を沸かせてきた大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)だ。...
別窓で開く

かつての2連覇には“イチロー”の活躍が…WBC世界一奪回、大谷翔平の力が「どうしても必要」な理由
 プロ野球にとり2022年は入場制限を撤廃し、ようやく本格的にコロナ禍からの出口に向かって動き出した年だった。 ところが2年間のブランクは大きく、結局12球団合計の観客動員は2107万1180人止まりに終わっている。右肩上がりに史上最高を記録した19年の2653万6962人からは、20%以上も観客数...
別窓で開く

プロ野球に新時代!? 侍ジャパン「WBC」優勝なら悲願の“日米ワールドシリーズ”実現か
(画像)Cast Of Thousands/Shutterstock野球ファンにお年玉的なビッグニュースが飛び込んできた。米球界が公式戦での日本プロ野球とメジャーリーグの交流戦の検討に入ったというのだ。...
別窓で開く

史上最強の"侍ジャパン"がいよいよ出陣! WBC優勝へのキーマンは誰だ!?
大谷(左)とダルビッシュ(右)の参戦表明は大きな話題に。共にNPB時代は日本ハムに所属しており、同チームで指揮を執っていた栗山英樹代表監督との縁もあって参戦となった3月開催のWBCで3度目の世界一を目指す"侍ジャパン"は大谷翔平らメジャー組と国内トップ選手が夢の融合を果たす。...
別窓で開く

J-ROD、ソト、ゲレーロJr.の若手トリオにサイ・ヤング右腕…WBCドミニカ共和国代表最強メンバーはアメリカ以上?<SLUGGER>
現地11月20日、ドミニカ共和国野球連盟が第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ向けた50人の代表予備リストを発表した。現役のメジャーリーガー輩出数ではアメリカに次ぐ規模を誇り、しかもWBCへの熱意も高いとあって、そこで今回はその中から「最強メンバー」を編成してみよう。 まず、打線は以...
別窓で開く

大谷翔平「すごくいいシーズンだった」2年連続リーグMVP逃すも来季へ決意「また候補に残れるよう頑張る」
全米野球記者協会(BBWAA)が選出するメジャー・リーグの最優秀選手(MVP)が現地時間11月17日(日本時間18日)に発表された。アメリカン・リーグはアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)、ナショナル・リーグはポール・ゴールドシュミット(セントルイス・カーディナルス)がともに初受賞。...
別窓で開く


<前へ12次へ>