本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大ヒット中、ダイハツ「ムーヴ キャンバス」の侮れない「可愛さ」の秘密 売れ行きは目標の4倍、一体どこが「唯一無二」なのか
(桃田 健史:自動車ジャーナリスト) ダイハツが2022年7月5日に発売した新型「ムーヴ キャンバス」が発売1カ月で、月販目標台数6500台の4倍となる約2万6000台を受注した。 こうした人気について、ムーヴ キャンバスの存在をよく知っている人はあまり驚かないだろう。なにせムーヴ キャンバスは数あ...
別窓で開く

トヨタで一番コンパクトなSUV「ライズ」 人気の理由は?燃費や価格が秘訣に
− トヨタライズの特徴とは −トヨタのSUVは、本格オフローダーのランドクルーザーを頂点に、ハリヤー、RAV4、カローラクロスなど、様々な種類のSUVをラインナップしています。その中でもライズは、トヨタブランドのSUVの中で一番コンパクトなデザインを採用したSUVとして知られています。...
別窓で開く

【ハスラー・タフト・ekクロス】注目の軽クロスオーバーSUV3台を徹底解説!
− ハスラー・タフト・ekクロス、それぞれの車の特徴とは −乗用車の車体をベースに、本格的なオフロード車風のスタイリングを施したクロスオーバーSUVが世界的に人気です。日本でも軽自動車のクロスオーバーSUVが注目されており、2021年の軽自動車新車販売ランキングのベスト15に、クロスオーバーSUVの...
別窓で開く

いま軽自動車が激アツ!Outdoor Best Matching Car 5選【趣味な男の欲しいモノと秘密基地】
【趣味な男の欲しいモノと秘密基地】アウトドアに最適なクルマというと、まずSUVが思い浮かぶが、現在のそれはどちらかというと街中想定のものが多く、車高がやや高いことで乗り降りしやすい、荷物が載せやすいといった理由から選んでいる人も少なくない。では広くてガツガツ使えて、狭い道や山奥にも平気で入れるクルマ...
別窓で開く

小さいからこそ工夫が満載!注目を集める最新軽キャンパー7選
昨今のアウトドアブーム、そしてバンライフブームの中で、20〜30代の若いキャンピングカーオーナーが増えています。彼らの多くが選んでいるのが軽キャンパー。InstagramやYouTubeを見ていると、ウッドを貼った車内にネイティブ柄やエスニック柄のラグやブランケットでデコレーションしてオリジナル感を...
別窓で開く

ジムニーの燃費は?ほかの軽自動車・4WDオフロード車と比較!
昨今、スズキ・ジムニーの人気が高まってきています。コロナ禍を背景に三密が回避できるレジャーとしてキャンプが普及するなどし、4WDオフロードかつ軽自動車という特徴がユーザーに刺さっているようですね。今回は4WDオフロードでありながら軽自動車であるジムニーの燃費について他の軽自動車や4WDオフロード車と...
別窓で開く

スズキ「ワゴンRスマイル」はちょうどいい全高とスライドドアで新ジャンルを築くか
スズキから、今や鉄板の装備であるリアスライドドアを備えながら、1695mmというちょうどいい全高を採用したブランニューモデル「ワゴンRスマイル」が登場した。スライドドアを備えた車高の高い“スーパーハイトワゴン”が昨今の軽自動車のトレンドだが、車高がそれより約10cm低いワゴンRスマイルは、どんな美点...
別窓で開く

「カーキ」が付いたカラーがあるクルマを大捜索!
突然ですが、クイズをひとつ。上の3色のうち、“カーキ色”はどれでしょう。正解は左。真ん中はオリーブドラブ、右はオリーブグリーンになります。※いずれの色名もJIS慣用色名で、JISで定めた「物体色の色名」に書かれた色相、明度、彩度をもとにRGBに置き換えた色になります。...
別窓で開く

広さと使い勝手は驚異的!スズキ新型「ソリオ」は街での普段使いに好相性
ボディサイズはできるだけ小さい方がいいけれど、居住スペースは広くて実用的な方がいいし、乗り降りもラクな方がいいーー。日常のアシとして、そんなクルマを求める人は少なくないだろう。スズキの新型「ソリオ」は、まさにそんな人の暮らしに寄り添うコンパクトカーだ。今回はその魅力を検証する。...
別窓で開く

めでたさ抜群!アマビエのデザインもある「万福トミカ」
2020年は波乱の年でした。2021年は良い年になりますようにと願いを込めて、タカラトミーからダイキャスト製ミニカーであるトミカの新商品「万福(まんぷく)トミカ」(700円/税別)が発売されます。福を呼び込むめでたいモチーフを取り入れた、くじ形式(ブラインドパッケージ)となっています。...
別窓で開く


<前へ12次へ>