本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トヨタで一番コンパクトなSUV「ライズ」 人気の理由は?燃費や価格が秘訣に
− トヨタライズの特徴とは −トヨタのSUVは、本格オフローダーのランドクルーザーを頂点に、ハリヤー、RAV4、カローラクロスなど、様々な種類のSUVをラインナップしています。その中でもライズは、トヨタブランドのSUVの中で一番コンパクトなデザインを採用したSUVとして知られています。...
別窓で開く

警察庁が高齢者向け「サポカー限定免許」の対象車を発表 トヨタGR86やランドクルーザーも、選択の幅広く
警察庁が高齢者向けに2022年5月13日から導入する「安全運転サポート車(サポカー)」限定免許で運転できる国内8メーカーの対象車種を初めて公表した。自動ブレーキやアクセルとブレーキの踏み間違い対策などがあるサポカーの中から、今回はトヨタ自動車、日産自動車、ホンダなど国内乗用8メーカーの125車種が対...
別窓で開く

ジムニーの燃費は?ほかの軽自動車・4WDオフロード車と比較!
昨今、スズキ・ジムニーの人気が高まってきています。コロナ禍を背景に三密が回避できるレジャーとしてキャンプが普及するなどし、4WDオフロードかつ軽自動車という特徴がユーザーに刺さっているようですね。今回は4WDオフロードでありながら軽自動車であるジムニーの燃費について他の軽自動車や4WDオフロード車と...
別窓で開く

「なんちゃってSUV」なぜ主流に? タフだったちょっと昔の車たち その揺らがぬ価値
新型も発表されたトヨタ「ランドクルーザー」のような、「クロカン」とも呼ばれる本格派の四駆SUVは、かつて人気を博しました。なぜ、一般的な乗用車ライクの「なんちゃってSUV」に取って代わられたのでしょうか。消えていったランクルと同構造のタフなクルマたち トヨタから2021年6月10日(木)、新型「ラン...
別窓で開く

SUVはなぜスペアタイヤを背負っていたの? 今や少数派 あの位置であったワケ
かつてのRV/SUVといえば、車体の背面にスペアタイヤを備えているスタイルが一般的でした。クルマの変化とともに消えていきましたが、そもそもなぜ、あの位置だったのでしょうか。本格派の証? 消えていく背面スペアタイヤ 2021年現在、自動車業界では長らくSUV人気が続いています。...
別窓で開く

「カーキ」が付いたカラーがあるクルマを大捜索!
突然ですが、クイズをひとつ。上の3色のうち、“カーキ色”はどれでしょう。正解は左。真ん中はオリーブドラブ、右はオリーブグリーンになります。※いずれの色名もJIS慣用色名で、JISで定めた「物体色の色名」に書かれた色相、明度、彩度をもとにRGBに置き換えた色になります。...
別窓で開く

アイデア商品で整理整頓!最新車内収納グッズ22選
クルマを使っていると、さまざまな物が増えて純正のポケットだけでは足りなくなる。そんなときはアフターマーケットの収納グッズを活用して整理整頓。最新グッズは機能性が高く、とても便利なんです!■ドリンクホルダー編1. ドリンク2本と小物を同時収納!セイワ「コンパクトツインカップホルダー(WA65)」(実勢...
別窓で開く

コンパクトSUVには各メーカーから様々な車種が販売されている。いずれも実用性などに特徴はあるが、悪路走破性に限れば「ヤリスクロス」のポテンシャルは目を見張るものがある。クルマを購入したら家族や友人とのアウトドアレジャーをはじめ、ソロキャンプにも挑戦してみたいと思っている人もいるだろう。...
別窓で開く

いま見るとむしろ新鮮!最近じわりと人気の四角い国産車 7選
「最近のクルマはどれも丸くなりすぎ。自分は四角いクルマに乗りたいのに選択肢がない」クルマの購入を考えている人からこんな声を聞くことがあります。確かに今は、燃費や高速走行時の安定性を良くするために、さまざまな空力処理が施された流線型のクルマが多くなっています。そしてプレス技術の進化とともに、複雑な面を...
別窓で開く

激戦区のコンパクトSUV市場で販売絶好調。トヨタの新SUV「ライズ」はマジで買いなのか?
ライズの人気がスゴい。その理由とは? さらに激戦区となったコンパクトSUV市場には魅力的なクルマがズラリ。ライバルとの優劣は? ライズは本当に買うべきクルマなのか? カーライフ・ジャーナリスト・渡辺陽一郎が濃厚解説する。■OEM車で史上初の新車販売トップ!——コンパクトSUVのライズの販売が好調です...
別窓で開く


<前へ12次へ>