本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。世界史を背骨に日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した『哲学と宗教全史』が「ビジネス書大賞2020」特別賞(ビジネス教養部門)を受賞。発売3...
別窓で開く

ボーイング787、1年3か月ぶりに納入再開へ アメリカン航空むけの機体が“復活初号機”に
日本企業にとっても“朗報”です…。日本企業が製造に多く参画 アメリカの航空機メーカー、ボーイング社が2022年8月10日、同社の主力複通路旅客機「787」の納入を約1年3か月ぶりに再開したと発表しました。納入再開初号機は、アメリカン航空むけの787-8「N880BJ」です。...
別窓で開く

「空飛ぶスバル」FA-200が初飛行した日「大衆飛行機」の夢乗せて-1965.8.12
57年前の8月12日、富士重工業の民間向け小型プロペラ機「FA-200」が初飛行しました。スバル、空を飛ぶ 1965(昭和40)年の8月12日。富士重工業の民間向け小型プロペラ機「FA-200」が初飛行しました。「スバル」として自動車を生産する富士重工業。飛行機でも大衆向け製品を普及させようと開発し...
別窓で開く

 自動車大手7社の2022年4〜6月期連結決算が10日に出そろい、本業のもうけを示す営業利益はトヨタ自動車など3社が減益だった。マツダは同期としては2年ぶりの営業赤字に転落した。中国・上海でのロックダウン(都市封鎖)や長引く半導体不足で部品調達が滞り、減産に追い込まれたことが響いた。 トヨタのほかに...
別窓で開く

50回目の開催に日本勢では唯一の参加! なぜスバルはニュル24時間レースに挑み続けるのか?
"世界一過酷なコースで行なわれる自動車レース"として有名なのが、ドイツの「ニュルブルクリンク24時間レース」だ。今年は新型コロナによる人数制限がなくなり、23万人もの観客が押し寄せたという。現地に飛んだモータージャーナリストの竹花寿実(たけはな・としみ)氏が、日本勢で唯一の参加となったスバルを密着し...
別窓で開く

これぞ「ディープ新小岩」 東京で指折りの“ガチ外国食堂”がすごすぎた
 海外旅行にだんだんと行けるようになりました。とはいえ円安だし燃油サーチャージが高いし、コロナ対策の手続きで日本に予定通りに帰れないリスクもある。なかなか海外旅行への腰が上がりにくい状況にあります。 海外に行けない代わりに、僕は日本の在住外国人をターゲットにした“ガチな異国飯屋”(=外国料理屋)に行...
別窓で開く

日本の自動車メーカーの7月の販売台数が再び大幅下落—中国メディア
2022年8月6日、中国の自動車関連メディア・易車に、日本の自動車メーカーの売り上げが7月も不調だったとする記事が掲載された。記事は、日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表したデータで、7月の日本国内の新車販売台数が34万9335台で前年同期比7.4%減少し、13カ月連続で前年同期比...
別窓で開く

六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」【私の秘蔵写真】
(9歳の大鶴義丹(右)と(提供写真))【私の秘蔵写真】 六平直政さん(俳優・68歳) コワモテにドラ声、迫力満点の俳優・六平直政さん。超個性的なバイプレーヤーとして、最近では映画「太陽とボレロ」などで活躍している。そんな六平さんの俳優活動の原点は舞台。劇作家・唐十郎率いる劇団「状況劇場」だった。...
別窓で開く

往年の「MAZDA SPEED」とは、何が違うのか。本社直轄の、いわゆるワークスチーム活動なのか。2022年になって表舞台に出てきた「MAZDA SPIRIT RACING」について、マツダユーザーも含めて、世間では理解されていない部分が多いように感じる。なぜならば、その背景には100年を超えるマツ...
別窓で開く

トヨタに迫る3つの試練とは?...東洋経済「独走トヨタ」、ダイヤモンド「激変!大学」、エコノミスト「世界経済総予測」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。...
別窓で開く