本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



往年の「MAZDA SPEED」とは、何が違うのか。本社直轄の、いわゆるワークスチーム活動なのか。2022年になって表舞台に出てきた「MAZDA SPIRIT RACING」について、マツダユーザーも含めて、世間では理解されていない部分が多いように感じる。なぜならば、その背景には100年を超えるマツ...
別窓で開く

トヨタに迫る3つの試練とは?...東洋経済「独走トヨタ」、ダイヤモンド「激変!大学」、エコノミスト「世界経済総予測」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。...
別窓で開く

「米国人はかつてのように日本車を信頼していない」韓国メディアの指摘に、ネット「斜陽は当然」
2022年7月22日、韓国・オートヘラルドは「米市場調査会社J.D.パワーによる今年の自動車商品魅力度(Automotive Performance, Execution and Layout、APEAL)調査で、現代自動車グループが価値ある成果を収めた一方、日本のメーカーは軒並み低評価となった」と...
別窓で開く

第2世代e-POWER搭載に4WDの追加!日産「キックス」のマイチェンはアップグレード感増し増しでした
いま、日本のSUVマーケットでもっとも人気となっているジャンル。それがコンパクトSUVセグメントです。トヨタの「ヤリスクロス」をはじめ、同じくトヨタの「カローラクロス」、ホンダ「ヴェゼル」、そしてスバル「XV」など人気モデルが勢ぞろい。魅力はなんといっても運転しやすい車体サイズとその割に広い荷室、さ...
別窓で開く

韓国ヒョンデのビックリEV攻勢と気になる事故と…現地で直撃した!(小沢コージ)
(釜山モーターショーで「アイオニック6」が初出し(写真)小沢コージ)【小沢コージ クルマは乗らなきゃ語れない】 賛否両論が続くEVシフト。確かに今年のニッポンは「EVの年」でトヨタ&スバルの兄弟EVを始め日産アリアや日産&三菱の軽EVも発売済み。だだし新車攻勢は凄くても台数が出そうなのは軽ぐらい。...
別窓で開く

「背の低いSUV」なぜ増える? “らしさ”薄れていくSUV 狙いは何なのか
トヨタの新型クラウンは、SUVを主体とした4つの車型で発表されました。こうした「背の低いSUV」が増えているのはなぜでしょうか。SUVはいま、SUVらしくなくなっているといえそうです。全高1700mm台→1600mm台→「それ以下」が増加中 SUVの人気は留まるところを知らないようです。...
別窓で開く

日産「アリア」とトヨタ「bZ4X」/スバル「ソルテラ」は、日本の自動車メーカーが新規に開発し、今年発売した電気自動車(BEV)というだけでなく、DセグメントのSUVであることも共通している。フロントにモーターを横置きした前輪駆動(FF)と、リアにもモーターを搭載したAWDが用意され、バッテリーを前後...
別窓で開く

EV(電気自動車)普及元年といわれる2022年、話題の中心は四輪車で、二輪車のEV化についてのニュースは少ない。だが、実は二輪大手4社は共同で交換式バッテリー事業を進めている。その流れは、小型バイクだけでなく、中大型にも来るのか?(ジャーナリスト 桃田健史)■18カ月の実証実験が完了利用者はおおむね...
別窓で開く

スマホ社会の「弱点」直撃!つながらない人続出! KDDI大規模通信障害が教えた「困った時はお隣さんに電話を借りに行こう」
2022年7月2日から発生している携帯電話大手KDDI(au)の大規模な通信障害は、3日後の7月4日午後になっても音声通話がつながりにくい状態が続いており、完全復旧に至っていない。KDDIでは、通信障害で最大約3915万回線が影響を受けたと発表した。電気事業法では通話が1時間以上止まり、3万人以上が...
別窓で開く

東京から静岡まで長距離ドライブで体感! トヨタとスバルの新型EVの「違い」
5月12日に国内で発売されたトヨタの新型EV「bZ4X」と、その兄弟車であるスバルの「ソルテラ」。両社合同の報道陣向け試乗会が開催された。ニッポン待望の2台をモータージャーナリストの竹花寿実(たけはな・としみ)氏がロングドライブ! 先行する欧州のライバル車などと比較しながら濃厚解説してくれた!!* ...
別窓で開く


[ スバル トヨタ ] の関連キーワード

kddi suv スバル トヨタ マツダ