本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「米国人はかつてのように日本車を信頼していない」韓国メディアの指摘に、ネット「斜陽は当然」
2022年7月22日、韓国・オートヘラルドは「米市場調査会社J.D.パワーによる今年の自動車商品魅力度(Automotive Performance, Execution and Layout、APEAL)調査で、現代自動車グループが価値ある成果を収めた一方、日本のメーカーは軒並み低評価となった」と...
別窓で開く

第2世代e-POWER搭載に4WDの追加!日産「キックス」のマイチェンはアップグレード感増し増しでした
いま、日本のSUVマーケットでもっとも人気となっているジャンル。それがコンパクトSUVセグメントです。トヨタの「ヤリスクロス」をはじめ、同じくトヨタの「カローラクロス」、ホンダ「ヴェゼル」、そしてスバル「XV」など人気モデルが勢ぞろい。魅力はなんといっても運転しやすい車体サイズとその割に広い荷室、さ...
別窓で開く

「背の低いSUV」なぜ増える? “らしさ”薄れていくSUV 狙いは何なのか
トヨタの新型クラウンは、SUVを主体とした4つの車型で発表されました。こうした「背の低いSUV」が増えているのはなぜでしょうか。SUVはいま、SUVらしくなくなっているといえそうです。全高1700mm台→1600mm台→「それ以下」が増加中 SUVの人気は留まるところを知らないようです。...
別窓で開く

日産「アリア」とトヨタ「bZ4X」/スバル「ソルテラ」は、日本の自動車メーカーが新規に開発し、今年発売した電気自動車(BEV)というだけでなく、DセグメントのSUVであることも共通している。フロントにモーターを横置きした前輪駆動(FF)と、リアにもモーターを搭載したAWDが用意され、バッテリーを前後...
別窓で開く

快進社創立(1911年7月1日)
 「快進社(かいしんしゃ)」は橋本増治郎が1911年7月1日に創立した日本初の国産自動車メーカー「快進社自働車工場」です。 「快進社自働車工場」は大正3年(1914年)3月20日から7月31日に東京府が主催して上野で開催された東京大正博覧会でエンジンを含む純国産自動車を出品しました。...
別窓で開く

車中泊愛好者からの注目度が高かった!ホンダ モビリオスパイク【遊べる絶版車図鑑】
【遊べる絶版車図鑑⑥】1990年代に沸き起こったミニバンブーム。大勢で移動し、荷物もたくさん積める便利なミニバンは、バブル景気崩壊で人々の節約マインドが大きくなる中、「1台で何でもできるクルマ」として受け入れられました。また、1990年代前半まで主流だったキャブオーバーやセミキャブオーバータイプから...
別窓で開く

トミーテック新製品 「エスハチ」「R33 GT-R」など国産車が登場 「ローレル」は西部警察仕様も
初代「インプレッサ」のスポーツワゴン WRX STi バージョンVIも製品化!西部警察仕様は前期型「ローレル HT」 トミーテックは、2022年10月と11月予定で1/64スケールミニチュアカーの「トミカリミテッドヴィンテージ NEO」から国産車モデルを発売します。 10月に発売を予定しているのは「...
別窓で開く

30車種以上で泊まったライターが選ぶ車中泊向きのクルマ10選
近年、旅のスタイルのひとつとして、またキャンプのようなアウトドアアクティビティとして地位を確立しつつある車中泊。最近は、クルマを買い換える際に車中泊ができるかどうかを選択の基準にするユーザーも増えているようです。では、どんな車種が車中泊しやすいのか? これまで取材やプライベートで30台以上の車種で車...
別窓で開く

第1回全国自動車競走大会の開催(1936年6月7日)
 1936年6月7日、日本初の本格的な自動車レース「第1回全国自動車競走大会」が日本自動車競走倶楽部により開催されました。この大会はかつて神奈川県川崎市中原区の多摩川河川敷に存在した多摩川スピードウェイ(オリンピアスピードウェイ)で開催されました。...
別窓で開く

2022年は「EV元年」! だが、運転経験者2割以下、保有率わずか1%...普及に課題 まずは乗ってみよう
日本で電気自動車(EV)を運転したことがある人は、ドライバー全体の17%と2割に満たず、このうち約3割はレンタカーの運転だったことが、駐車場やレンタカーを運営する「パーク24」のアンケート調査でわかった。2022年5月12日、トヨタ自動車の「bZ4X」、スバルの「ソルテラ」、日産自動車の「アリア」(...
別窓で開く


[ スバル ホンダ ] の関連キーワード

エスハチ ローレル トミー テック ホンダ
suv

<前へ123456789次へ>