本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



スバルの「新型ヘリコプター」、官公庁が相次ぎ採用...ビジネスとして成功するか?
SUBARU(スバル)が米国のベル・ヘリコプター社と共同開発した新型ヘリコプター「SUBARU BELL(スバル・ベル) 412EPX」が日本の官公庁に相次ぎ採用されている。■1995年の「205B-2」以来となる民間ヘリ共同開発・生産スバルは2022年6月17日、国土交通省中部地方整備局から同機を...
別窓で開く

これぞ令和の陸自ヘリ 待望の新型「UH-2」スバルから引渡し UH-1から格段進化 フレア撒けます
陸上自衛隊が待ち望んだ最新ヘリコプターUH-2の量産型が納入されました。現用のUH-1Jとパッと見よく似ていますが、中身は別モノとも。外観からはわかりにくい性能向上の一端を見ていきます。見た目似てても全くの別機UH-2 2022年6月30日(木)、栃木県のSUBARU(スバル)宇都宮製作所において、...
別窓で開く

回転翼4枚 エンジン2基が特徴 スバル新型ヘリ「UH-2」量産初号機を陸上自衛隊に納入
計画では150機調達予定とか。陸自待望の新多用途ヘリコプター SUBARUは2022年6月30日、航空宇宙カンパニー宇都宮製作所(栃木県宇都宮市)において、新多用途ヘリコプターUH-2の量産初号機を陸上自衛隊に納入したと発表しました。...
別窓で開く

導入先増えてます 自衛隊&警察に続き海上保安庁もスバル最新ヘリ「ベル412EPX」発注
巡視船搭載用か、はたまた陸上基地向けか。現用ベル412EPとの高い互換性はメリット大 SUBARU(スバル)は2022年6月21日、海上保安庁から新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を受注したと発表しました。この機体は、海上における治安の確保や海難救助、海上災害対策などに従事し、...
別窓で開く

スバル 自衛隊向け新型ヘリ「UH-2」量産初号機の初飛行を実施 民間型はすでに運用中
陸自待望の新多用途ヘリです。民間型ベル412EPXはすでに岩手県警に配備済み SUBARUは2022年5月20日、同社が製造する陸上自衛隊向けの新多用途ヘリコプター、UH-2量産初号機の初飛行を実施したと発表しました。 UH-2の量産初号機が初飛行したのは、前日の5月19日午前中で、SUBARUのテ...
別窓で開く

最高傑作だと思う「異世界アニメ」ランキング
文明や生物の種類、魔法の有無など、現実社会とは異なる異世界へ転生や移動する「異世界アニメ」は、特に昨今では人気のジャンルの一つとなっています。そこで今回は、最高傑作だと思う異世界アニメはどの作品なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。...
別窓で開く

日本飛行機 米海兵隊が運用するMV-22「オスプレイ」の整備機体を初受託
日飛のほかにスバルでも整備可能です。厚木基地に隣接する事業所でメンテナンス実施 アメリカ海軍航空システム・コマンド(NAVAIR)は2022年2月15日(火)、重整備が必要なMV-22B「オスプレイ」の最初の機体を、日本飛行機(横浜市金沢区)に引き渡したと発表しました。...
別窓で開く

築城基地第8飛行隊所属の戦闘機「F-2」を作れる!完成すれば全長約64.5cm!
デアゴスティーニから、一部地域で先行試験販売され話題を集めていた、週刊『航空自衛隊 F-2戦闘機をつくる』(創刊号399円/第2号以降1790円)が創刊。毎号(全100号)パーツを集めて作るダイキャスト製モデルのF-2戦闘機は、1/24スケール、全長約64.5cmという大迫力のサイズ。...
別窓で開く

スバル 新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を初納入 陸自UH-2と共通
スバルはベル412EPXの整備用に新工場を建てました。ベル412シリーズ最新型の民間初号機は警察庁へ SUBARU(スバル)は2021年5月20日(木)、新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」の量産初号機を警察庁へ納入したと発表しました。...
別窓で開く

これも「スバル車」!? 世界唯一 スバルの水平対向エンジン搭載の「大砲」 一体どう使うのか
自動車の界隈では根強いファンも多いスバルの水平対向エンジン。そのエンジンを搭載した大砲が陸上自衛隊にあります。世界でも唯一のスバル製エンジン搭載の大砲とはどのようなものでしょう。陸上自衛隊で最も調達数の多い大砲 世界には大小合わせて400社以上の自動車メーカーがあるといわれています。...
別窓で開く


<前へ12次へ>