本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ワケありサンタが悪人を“徹底的に殺る”『バイオレント・ナイト』デヴィッド・ハーバー主演 ? 87ノース制作
『バイオレント・ナイト』© 2022 Universal Studios. All Rights Reserved.観る映画を選ぶ際、どの俳優が出ているか? 監督は誰か? というのは大きな判断材料ですが、どの会社が作っているか? というのも大きなポイントになる時があります。...
別窓で開く

ハリソン・フォード、『インディ・ジョーンズ』で共演キー・ホイ・クァンのオスカー候補入りにコメント「すばらしい俳優」
『インディ・ジョーンズ』で共演した元子役キー・ホイ・クワンのオスカー候補入りを受け、ハリソン・フォードが「今も昔も良い俳優」と述べ、彼のノミネートを喜んだ。 『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』で見事アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたキー・ホイ・クァン。...
別窓で開く

テーマは信長の“弱さ”。大友啓史監督が語る映画『レジェンド&バタフライ』
木村拓哉、綾瀬はるかが出演する超大作映画『レジェンド&バタフライ』が公開されている。本作は誰もが知る武将・織田信長とその妻・濃姫の物語を描いた作品で、大河ドラマ『龍馬伝』や『るろうに剣心』シリーズの大友啓史が監督を務めた。信長はこれまで数々の小説や映画、ドラマに登場し、時に勇ましく、時に冷酷な人物と...
別窓で開く

第95回アカデミー賞ノミネート作品発表 『フェイブルマンズ』『イニシェリン島の精霊』『エブエブ』『トップガン マーヴェリック』ほか【3月12日開催】
『イニシェリン島の精霊』©2022 20th Century Studios. All Rights Reserved./『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』©︎ 2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Res...
別窓で開く

アカデミー賞ノミネート発表! 『エブエブ』が最多10部門11ノミネート 『トップガン マーヴェリック』も6部門で候補に
現地時間1月24日、第95回アカデミー賞のノミネーションが発表された。最多ノミネートを獲得したのは『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』で10部門11ノミネートを獲得。昨年大ヒットを記録した『トップガン マーヴェリック』は作品賞など6部門で候補入りを果たし、受賞すればプロデューサーの...
別窓で開く

アカデミー賞ノミネート発表 トム・クルーズ、主演男優賞候補漏れる 「エブエブ」最多10部門
米アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーが24日、第95回アカデミー賞の各候補を発表し、女優ミシェル・ヨー(60)主演の「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」が最多となる10部門で11ノミネートを果たした。同作は作品賞や監督賞、脚本賞のほか、ヨーの主演女優賞、ジェイミー・リー・...
別窓で開く

『第95回アカデミー賞』ノミネーション発表 最多は『エブエブ』10部門11ノミネート
映画賞の最高峰『第95回アカデミー賞』のノミネーションが現地時間24日に発表された。作品賞の候補は、以下の10作品『西部戦線異状なし』『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』『イニシェリン島の精霊』『エルヴィス』『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』『フェイブルマンズ』『TAR/ター』...
別窓で開く

“知名度”抜群、2023年見逃せない超大作映画3選『タイタニック』『インディ・ジョーンズ』『ミッションイン・ポッシブル』
昨年、大ヒットしたトム・クルーズ主演の映画『トップガン  マーヴェリック』。それを上回るヒットとなっている公開中の映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』。昨年は、『ゴーストバスターズ/アフターライフ』があり、『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』もヒットした。これらに共通するのは、80年代、...
別窓で開く

英国アカデミー賞ノミネート発表 最多は『西部戦線異状なし』 外国語映画として歴代最多タイ
英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)が主催する英国アカデミー賞のノミネーションが発表された。ドイツ映画『西部戦線異状なし』が最多の14部門にノミネートされ、『グリーン・デスティニー』(2000)と並び、外国語作品として史上最多の快挙となった。 現地時間1月19日に英国アカデミー賞(BAFTA)...
別窓で開く

インド映画の“変化の時代”を描いた『エンドロールのつづき』パン・ナリン監督インタビュー
『エンドロールのつづき』ALL RIGHTS RESERVED ©2022. CHHELLO SHOW LLPインド版『ニュー・シネマ・パラダイス』の呼び声も高い、パン・ナリン監督作『エンドロールのつづき』。大ヒット映画『RRR』を抑えて、アカデミー国際長編映画賞のインド代表に選出された注...
別窓で開く