本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



町田、仙台退団のGKストイシッチ加入を発表「J1昇格を目指します」
FC町田ゼルビアは9日、ベガルタ仙台からセルビア人GKストイシッチの完全移籍加入を発表した。 現在25歳のストイシッチは身長202センチメートルのGKで、FK BASKベオグラード(セルビア)やポルティモネンセU−23(ポルトガル)を経て、2021年に仙台に加入。...
別窓で開く

UEFA選出、2023年注目の若手40人! カイセドやガルナチョら
欧州サッカー連盟(UEFA)は1日、2023年に注目すべき40人の若手選手を紹介した。 2023年1月1日時点で21歳以下の選手を対象に、ヨーロッパサッカー界を席巻する可能性を秘めた選手が選出された。...
別窓で開く

英紙が「W杯の活躍で飛躍が見込まれる選手」を32か国から一人ずつ選出!日本代表から選ばれたのは、堂安や三笘ではなく…
 ワールドカップでのパフォーマンスは、次のキャリアにつながる可能性がある。 英紙『Daily Mail』は12月29日、カタール・ワールドカップに出場した全32チームから、大会での出来を踏まえて飛躍が見込まれる選手をひとりずつ選出した。日本代表からは、切り札として躍動した堂安律や三笘薫を抑え、デュッ...
別窓で開く

鎌田大地、IFFHSの「最優秀プレーメーカー」にアジア人で唯一選出! 移籍市場では“有力候補”ドルトムント移籍が白紙に!?
昨季、フランクフルトにとって42年ぶりの欧州タイトルとなるヨーロッパリーグ制覇に大貢献した鎌田大地は、今季はボランチとして新境地を切り拓くとともに、持ち前の得点力に磨きがかかり、15節終了時点でチーム最多の7得点(ブンデスリーガ得点ランキング7位タイ)をマーク。チームの躍進(現在4位)の原動力となっ...
別窓で開く

ベスト8から先は“違った領域”。セルビア代表コーチとして臨んだカタールW杯で込み上げた偽りなき本音【喜熨斗勝史の欧州戦記】
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。今回はセルビア代表コー...
別窓で開く

【消えた逸材】「メッシとロナウドに匹敵する才能」と評された天才アタッカーの凋落。キャリアよりも大金を…
ラザル・マルコビッチ(FW/元セルビア代表)■生年月日/1994年3月2日■身長・体重/175センチ・65キロ 2011年夏、セルビアU−19代表のゾラン・マリッチ監督は思い悩んでいた。18〜19歳の有能なストライカーが見当たらなかったからだ。...
別窓で開く

W杯後初のFIFAランクが発表! 日本はアジアトップの20位、モロッコは11位に浮上…1位はブラジルがキープ
国際サッカー連盟(FIFA)は22日、最新のFIFAランキングを発表した。 FIFAワールドカップカタール2022でドイツやスペインを撃破し、世界に大きな衝撃を与えた日本は前回から順位を4つ上げて、アジア最上位となる20位に君臨。なお、前回までアジア最上位に付けていたイランは24位に順位を下げている...
別窓で開く

「日本は素晴らしかった」森保ジャパンは5位の高評価! 伊大手紙がW杯出場32か国の採点を発表、ドイツは屈辱の最低点
 目標としていた史上初のベスト8進出を果たすことはできなかった。だが、日本がカタール・ワールドカップで確かな評価を得たことは変わらない。 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は12月20日、大会に出場した全32チームの採点を発表した。日本は7点で5番目の評価となっている。...
別窓で開く

「モリヤスの伝説が生まれた」英メディアが“W杯ベストマッチランキング”で日本対ドイツを5位に選出!1位に輝いたのは?【W杯】
 これほど世界を熱狂させたファイナルはなかなかないだろう。 12月18日に行われたカタール・ワールドカップ決勝、アルゼンチン対フランスの一戦は、3-3で120分間を終え、PK戦の末にアルゼンチンが36年ぶりとなる3回目の戴冠を果たした。...
別窓で開く

サッカーW杯カタール大会、日本は9位=中国ネット「3度目の9位?」「中国は…」
サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会に出場した全32チームの試合結果(PK戦は引き分け扱い)に基づくランキングで日本が9位に入ったことが中国でも注目されている。中国スポーツメディアの直播?(zhibo8)や虎撲(hupu)が18日に行われた決勝戦後に報じたもので、ランキングは次の通り。...
別窓で開く